2004年より前の更新記録


◆ 2003年12月21日
「資料集」に、「教皇イノセント三世による、複数の妻をもつことについての教え」、「リトル・ペブルと自然的正義 − 1984年のマーリ司教の声明に対する反論」、「聖シャーベル・マクルーフ − ミサ聖祭の聖人」をUP。

◆ 2003年12月14日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.598をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.169を公開。「資料集」に、「リトル・ペブルからの手紙 − ニューエラ・使徒たち・ブリンセスたちに関しての神の子供たちへの公式声明」、「リトル・ペブルからの特別な手紙 − 幻視者が誤りに陥る原因について(前半)」、「預言の成就に関するリトル・ペブルの特別な手紙」をUP。

◆ 2003年12月6日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.031をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.168を公開。

◆ 2003年11月29日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.621をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.167を公開。

◆ 2003年11月23日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.025、026をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.166を公開。

◆ 2003年11月15日
メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.165を公開。トップページにサイト内検索機能を付与。

◆ 2003年11月8日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.014、021をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.164を公開。

◆ 2003年11月1日
「聖シャーベル修道会」の i モード版ホームページが立ち上がりました。メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.007、010、011をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.163を公開。

◆ 2003年10月25日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.004、005をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.162を公開。

◆ 2003年10月18日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.333をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.161を公開。「資料集」に、 「裁くべきか裁かざるべきか」 − リトル・ペブルの擁護 − をUP。

◆ 2003年10月12日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.535をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.159〜160を公開。リンク集にThe End Times (スペイン語)、Prophetic Voices (オランダ語、英語)、Our Lady's Warrior's (英語) を追加。

◆ 2003年10月5日
聖シャーベル修道会に関する各種資料を掲載する「資料集」に、 サウス・コースト・レジスター紙 編集者へのリトル・ペブルの書簡 、 ピエール・マルティン・ゴ・ディン・トク大司教 − 「トク・ライン」 、 インガム司教の「教令」(2002年6月16日)に対するリトル・ペブルの回答および第三の上告 、 「最後の教皇」第三巻第四章 − 新しい千年期と聖シャーベル修道会 (後半) − をUP。

◆ 2003年9月28日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.529をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.158を公開。

◆ 2003年9月21日
聖シャーベル修道会に関する各種資料を掲載する「資料集」に、「最後の教皇」第三巻第四章 − 新しい千年期と聖シャーベル修道会 (前半) −をUP。

◆ 2003年9月20日
メッセージライブラリーリトル・ペブルからの手紙LPL961113をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.157を公開。

◆ 2003年9月13日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.525をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.156を公開。

◆ 2003年9月6日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.524をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.155を公開。

◆ 2003年8月30日
メッセージライブラリーリトル・ペブルからの手紙LPL960222をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.154を公開。

◆ 2003年8月23日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.504をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.151〜153を公開。

◆ 2003年8月16日
「最近のイラク情勢に関する公式声明 − 2003年8月2日」をUP。

◆ 2003年8月10日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.503をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.150を公開。

◆ 2003年8月2日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.502をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.149を公開。

◆ 2003年7月26日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.499をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.148を公開。

◆ 2003年7月19日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.485をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.146〜147を公開。

◆ 2003年7月13日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.490をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.145を公開。

◆ 2003年7月10日
箱舟の聖母社から 「153本の聖ヨゼフの百合」 「153本のマリアさまのバラ」 「聖シャーベル修道会の会則会憲」 「メッセージ集」を発行。

◆ 2003年7月6日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.481をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.144を公開。

◆ 2003年6月29日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.480をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.143を公開。

◆ 2003年6月21日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.478をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.142を公開。

◆ 2003年6月14日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.477をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.141を公開。

◆ 2003年6月8日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.476をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.140を公開。

◆ 2003年5月31日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.617をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.137〜139を公開。

◆ 2003年5月24日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.619をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.135〜136を公開。

◆ 2003年5月17日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.618をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.133〜134を公開。

◆ 2003年5月10日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.475をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.132を公開。

◆ 2003年5月3日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.473、474をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.128〜131を公開。

◆ 2003年4月29日
報道機関への公式声明「オーストラリアと全世界の人々へ」をUP。

◆ 2003年4月27日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.472、リトル・ペブルからの手紙LPL950411、他の幻視者(海外)イエロー・リリーをUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.125〜127を公開。

◆ 2003年4月19日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.470、471をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.122〜124を公開。

◆ 2003年4月12日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.468、469、616をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.119〜121を公開。

◆ 2003年4月6日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.467をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.117、118を公開。

◆ 2003年3月30日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.465をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.116を公開。

◆ 2003年3月23日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.569をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.115を公開。

◆ 2003年3月16日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.615をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.111〜114を公開。

◆ 2003年3月8日
メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.109〜110を公開。

◆ 2003年3月1日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.614、リトル・エンジェルナイトに与えられたメッセージをUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.105〜108を公開。

◆ 2003年2月22日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.510、516をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.101〜104を公開。

◆ 2003年2月15日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.443、リトル・エンジェルナイトに与えられたメッセージをUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.098〜100を公開。

◆ 2003年2月9日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.518、リトル・ペブルからの手紙LPL030204をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.097を公開。

◆ 2003年1月16日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.509をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.094〜096を公開。

◆ 2002年12月29日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.570〜574をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.089〜093を公開。

◆ 2002年12月21日
 12月16日に発表された報道機関に対する公式声明をUP。メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.575をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.088を公開。

◆ 2002年12月15日
 メッセージライブラリー海外の幻視者:リトル・アロウ・オブ・ゴッドに与えられたメッセージをUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.086、087を公開。

◆ 2002年12月7日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.613をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.081〜085を公開。

◆ 2002年11月30日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルからの手紙をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.078〜080を公開。

◆ 2002年11月24日
 メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.076、077を公開。

◆ 2002年11月16日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.611をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.074、075を公開。

◆ 2002年10月27日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.612をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.072、073を公開。

◆ 2002年10月20日
 メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.071を公開。

◆ 2002年10月13日
 メッセージライブラリー他の幻視者(海外)をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.069、070を公開。

◆ 2002年10月7日
 「箱舟の聖母」郵送版の発行を開始。

◆ 2002年9月8日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.067、068を無料公開しました。

◆ 2002年9月1日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.066、2001年9月14日号外を無料公開しました。

◆ 2002年8月24日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.609をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.064、065を無料公開。

◆ 2002年8月18日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.062、063を無料公開。

◆ 2002年7月21日
 「大警告」に関して、「重要な公式声明 − 巨大な激変は近い…」をUP。教会調査に関して、リトル・ペブルからの手紙「聖なるローマ・カトリック使徒教会の教父たちへのアピール」をUP。

◆ 2002年7月14日
 「大警告」に関して、報道機関への公式声明「オーストラリアとニュージーランドに向けて」をUP。

◆ 2002年7月7日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.608をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.061を無料公開。

◆ 2002年6月30日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.576をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.060を無料公開。聖シャーベル修道会の共同体への指針について、リトル・ペブルからの手紙981124をUP。

◆ 2002年6月23日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.577をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.059を無料公開。

◆ 2002年6月16日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.056〜058を無料公開。

◆ 2002年6月9日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.578、579をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.053〜055を無料公開。

◆ 2002年6月2日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.051、052を無料公開。

◆ 2002年5月26日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.607をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.050を無料公開。

◆ 2002年5月19日
 日本での聖シャーベル修道会の共同体新設事業について、リトル・ペブルからの手紙020514をUP。

◆ 2002年5月12日
 日本での聖シャーベル修道会の共同体新設事業の開始に伴い、5月13日より下記の住所・名称に変更。
   〒540-0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

◆ 2002年5月5日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.048、049を無料公開。

◆ 2002年4月28日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.046、047を無料公開。

◆ 2002年4月21日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.606をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.042〜045を無料公開。

◆ 2002年4月14日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.580をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.040、041を無料公開。

◆ 2002年4月7日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.039を無料公開。

◆ 2002年3月31日
 メッセージライブラリー他の幻視者(海外)・フランツ・カイラーをUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.038を無料公開。

◆ 2002年3月24日
 メッセージライブラリー他の幻視者(海外)・フランツ・カイラーをUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.037を無料公開。

◆ 2002年3月17日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.581をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.034、035、036を無料公開。

◆ 2002年3月9日
 メッセージライブラリー他の幻視者(海外)・フランツ・カイラーをUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.033を無料公開。

◆ 2002年3月3日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.605をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.031、032を無料公開。

◆ 2002年2月23日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.030を無料公開。

◆ 2002年2月16日
 メッセージライブラリー他の幻視者(海外)・フランツ・カイラーをUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.029を無料公開。

◆ 2002年2月10日
 メッセージライブラリー他の幻視者(海外)・フランツ・カイラーをUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.028を無料公開。

◆ 2002年2月2日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.604をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.027を無料公開。

◆ 2002年1月26日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.026を無料公開。

◆ 2002年1月20日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.603をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.024、No.025を無料公開。

◆ 2002年1月13日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.582をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.023を無料公開。

◆ 2002年1月5日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.583をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.022を無料公開。

◆ 2001年12月30日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.584をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.021を無料公開。

◆ 2001年12月23日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.020を無料公開。リンク集に4つのオーストラリアの聖シャーベル修道会共同体とグレン・ディーン氏のホームページを追加。

◆ 2001年12月16日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.586をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.019を無料公開。

◆ 2001年12月9日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.588をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.018を無料公開。

◆ 2001年12月2日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.589をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.017を無料公開。

◆ 2001年11月25日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.590をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.016を無料公開。

◆ 2001年11月18日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.591をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.015を無料公開。

◆ 2001年11月11日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.592をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.014を無料公開。

◆ 2001年11月4日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.602をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.013を無料公開。

◆ 2001年10月28日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.593をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.012を無料公開。

◆ 2001年10月21日
 報道機関への公式声明「アメリカ同時多発テロ事件について − リトル・ペブルからブッシュ大統領へのEメール」(1)(2)(3)をUP。

◆ 2001年10月20日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.011を無料公開。

◆ 2001年10月14日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.594をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.010を無料公開。

◆ 2001年10月7日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.009を無料公開。

◆ 2001年9月30日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.008を無料公開。

◆ 2001年9月22日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.007を無料公開。

◆ 2001年9月16日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.006を無料公開。

◆ 2001年9月14日
 アメリカ同時多発テロ事件に関して、メッセージライブラリー、リトル・ペブルNo.610を緊急にUP。

◆ 2001年9月9日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.005を無料公開。

◆ 2001年9月2日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.004を無料公開。

◆ 2001年8月30日
 リトル・ペブルから報道機関への公式声明「火星の2つの衛星は軌道を去ってしまった?」をリリース。

◆ 2001年8月26日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.003を無料公開。

◆ 2001年8月19日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.001、No.002を無料公開。

◆ 2001年8月16日
 メッセージライブラリー、リトル・ペブルNo.600を追加更新。

◆ 2001年4月22日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年4月19日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年4月17日
 メッセージライブラリー、リトル・ペブルNo.414を追加更新。

◆ 2001年4月6日
 メッセージライブラリー、リトル・ペブルNo.294を追加更新。

◆ 2001年3月18日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年3月15日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年3月13日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年3月11日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年3月9日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(海外)・リトル・ブラザーを追加。

◆ 2001年3月6日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年3月2日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年2月28日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を新設。

◆ 2001年2月28日
 ロザリオとスカプラリオ −マリア様の戦士への呼びかけ−をアップ。

◆ 2001年2月2日
 メッセージライブラリー(リトル・ペブル)に、No.395,397,398,399,404,405を追加。

◆ 2001年1月28日
 メッセージライブラリー(リトル・ペブル)に、No.001,002,301A,332,336,337,354,360,364,365を追加。

◆ 2001年1月24日
 日本語版 真理の同盟メーリングリスト(JAOTML)を開設。

◆ 2001年1月10日
 メッセージライブラリー(リトル・ペブル)に、No.101〜105を追加。

◆ 2001年1月5日
 メッセージライブラリー(リトル・ペブル)に、No.235〜238を追加。

◆ 2000年12月8日
 カトリック教会による調査を更新しました。これは聖シャーベル修道会の公式ホームページ Website of THE LITTLE PEBBLE のEcclesiastical Investigation of Little Pebbleを翻訳したものです。

◆ 2000年12月8日
 メッセージライブラリー(他の幻視者)に、リトル・アーロンに与えられたメッセージを掲載。

◆ 2000年10月13日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」の見本を更新。(2000年10月13日号No.20)

◆ 2000年8月30日
 艱難の時の準秘蹟「フードリスト」(無料)を配布開始。

◆ 2000年8月6日
 一般大衆、報道機関への公式声明、「出来事の予定 - 2000年〜2004年 -」(オーストラリア・ナウラ:8月3日発表)をリリース。

◆ 2000年7月26日
 7月22日の公式声明に、「リトル・ペブルからの追加情報」(オーストラリア・ナウラ:7月24日発表)を追加。

◆ 2000年7月24日
 一般大衆、報道機関への公式声明、「緊急事態の計画 - ちりの雲 - 76Pコホーテク彗星のフォボスと火星への衝突の結果」(オーストラリア・ナウラ:7月22日発表)をリリース。

◆ 2000年7月21日
 火星と彗星76P衝突についてメッセージNo.601を掲載。地球に衝突する3つの破片のうち、一つがスヴァ(フィジーの首都)の北東1,000海里(訳注:1,850キロ。日本の南東方向約5,000キロ)の太平洋を直撃する。


◆ 2000年7月16日
 聖職位階、および報道機関への公式声明、「教会の牧者たちへ - 76Pコホーテク彗星」(オーストラリア・ナウラ:7月15日発表)をリリース。


◆ 2000年7月15日
 リトル・ペブルのミッションについて、詳細な神学的説明をしているメッセージNo.512を掲載。「リトル・ペブル」「聖シャーベル修道会」を理解するうえで、「会則・会憲」とあわせて重要な文書です。

◆ 2000年7月5日
 メッセージ・ライブラリーを開設。火星と彗星76P衝突の件に関して、「彗星・太陽系に関するメッセージ集」を掲載。

◆ 2000年7月1日
 報道機関への公式声明、「ファチマ第3の秘密 - リトル・ペブルより光の子らへ」(オーストラリア・ナウラ:6月29日発表)をリリース。

◆ 2000年6月29日
 今回の「火星と彗星76P衝突」に関する聖母のメッセージ、No.599(2000年6月11日)と、過去に、彗星に関しての記述があるNo.437(1994年5月18日)を、メッセージライブラリーに追加。


◆ 2000年6月25日
 報道機関への公式声明、「火星と彗星76P衝突 緊急最新情報」(オーストラリア・ナウラ:6月24日発表)をリリース。

◆ 2000年6月14日
 報道機関への公式声明、「2000年6月9日、火星と彗星76P衝突の件」(オーストラリア・ナウラ:6月10日発表)をリリース。

◆ 2000年5月31日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」創刊号を発行。毎週1回発行(年間40回程度)、年間購読料3,000円。 サンプルとして創刊号の抜粋を掲載。今後、「リトル・ペブル」「聖シャーベル修道会」…etcの最新メッセージ・詳細情報は、基本的に、メールマガジンに掲載していきます。

◆ 2000年5月13日
 「重要なお知らせと文書」に、「聖シャーベル修道会」「リトル・ペブル」に対するカトリック教会による調査の動向を掲載。

◆ 2000年5月13日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」の創刊準備号(サンプル)を公開。

◆ 2000年5月13日
 「報道機関に対する公式声明」として、「2000年5月5日の惑星直列 起こりうることへの警告」(ナウラ:3月7日発表)を掲載。

◆ 2000年4月29日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」(5/31創刊号)の予約受付開始。

◆ 2000年4月29日
 リトル・ペブルに与えられた聖母マリアのメッセージ(故スタインバック神父様発行)のうち、一部を公開。

◆ 2000年4月20日
 「会則・会憲」の配布(有料)を開始。

◆ 2000年3月31日
 聖シャーベル修道会「会則・会憲」(1996年1月版)の日本語訳(私訳)を公開



◆ 2004年3月26日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.67、72をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.183を公開。

◆ 2004年3月13日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.43、53をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.181を公開。

◆ 2004年3月10日
報道機関に対する公式声明「イラクにおける大量破壊兵器の隠し場所の地図 − 2004年2月24日」をUP。

◆ 2004年3月6日
メッセージライブラリー他の幻視者(海外)エンジェル・ローズに与えられたメッセージをUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.180を公開。

◆ 2004年2月29日
メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.179を公開。

◆ 2004年2月21日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.40をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.178を公開。

◆ 2004年2月14日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.38をUPしました。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.177を公開。「資料集」に、「よくある質問」、「参考図書」追加分をUP。

◆ 2004年2月7日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.624をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.176を公開。

◆ 2004年1月31日
「最後の教皇」出版プロジェクトをUP。

◆ 2004年1月30日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.36をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.175を公開。

◆ 2004年1月24日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.622をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.174を公開。

◆ 2004年1月17日
マリア様の戦士への呼びかけのコーナーをリニューアル。メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.34をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.173を公開。「資料集」に、「短い平和の支配…その前とその後」、「黙示録の第六の封印 − 大警告」、「参考図書」をUP。

◆ 2004年1月10日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.623をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.172を公開。

◆ 2004年1月5日
箱舟の聖母社のコーナーを設けました。箱舟の聖母社は、日本における聖シャーベル修道会の出版部門です。

◆ 2004年1月3日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.620をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.170、171を公開。

◆ 2003年12月21日
「資料集」に、「教皇イノセント三世による、複数の妻をもつことについての教え」、「リトル・ペブルと自然的正義 − 1984年のマーリ司教の声明に対する反論」、「聖シャーベル・マクルーフ − ミサ聖祭の聖人」をUP。

◆ 2003年12月14日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.598をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.169を公開。「資料集」に、「リトル・ペブルからの手紙 − ニューエラ・使徒たち・ブリンセスたちに関しての神の子供たちへの公式声明」、「リトル・ペブルからの特別な手紙 − 幻視者が誤りに陥る原因について(前半)」、「預言の成就に関するリトル・ペブルの特別な手紙」をUP。

◆ 2003年12月6日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.031をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.168を公開。

◆ 2003年11月29日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.621をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.167を公開。

◆ 2003年11月23日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.025、026をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.166を公開。

◆ 2003年11月15日
メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.165を公開。トップページにサイト内検索機能を付与。

◆ 2003年11月8日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.014、021をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.164を公開。

◆ 2003年11月1日
「聖シャーベル修道会」の i モード版ホームページが立ち上がりました。メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.007、010、011をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.163を公開。

◆ 2003年10月25日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.004、005をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.162を公開。

◆ 2003年10月18日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.333をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.161を公開。「資料集」に、 「裁くべきか裁かざるべきか」 − リトル・ペブルの擁護 − をUP。

◆ 2003年10月12日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.535をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.159〜160を公開。リンク集にThe End Times (スペイン語)、Prophetic Voices (オランダ語、英語)、Our Lady's Warrior's (英語) を追加。

◆ 2003年10月5日
聖シャーベル修道会に関する各種資料を掲載する「資料集」に、 サウス・コースト・レジスター紙 編集者へのリトル・ペブルの書簡 、 ピエール・マルティン・ゴ・ディン・トク大司教 − 「トク・ライン」 、 インガム司教の「教令」(2002年6月16日)に対するリトル・ペブルの回答および第三の上告 、 「最後の教皇」第三巻第四章 − 新しい千年期と聖シャーベル修道会 (後半) − をUP。

◆ 2003年9月28日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.529をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.158を公開。

◆ 2003年9月21日
聖シャーベル修道会に関する各種資料を掲載する「資料集」に、「最後の教皇」第三巻第四章 − 新しい千年期と聖シャーベル修道会 (前半) −をUP。

◆ 2003年9月20日
メッセージライブラリーリトル・ペブルからの手紙LPL961113をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.157を公開。

◆ 2003年9月13日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.525をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.156を公開。

◆ 2003年9月6日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.524をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.155を公開。

◆ 2003年8月30日
メッセージライブラリーリトル・ペブルからの手紙LPL960222をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.154を公開。

◆ 2003年8月23日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.504をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.151〜153を公開。

◆ 2003年8月16日
「最近のイラク情勢に関する公式声明 − 2003年8月2日」をUP。

◆ 2003年8月10日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.503をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.150を公開。

◆ 2003年8月2日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.502をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.149を公開。

◆ 2003年7月26日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.499をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.148を公開。

◆ 2003年7月19日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.485をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.146〜147を公開。

◆ 2003年7月13日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.490をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.145を公開。

◆ 2003年7月10日
箱舟の聖母社から 「153本の聖ヨゼフの百合」 「153本のマリアさまのバラ」 「聖シャーベル修道会の会則会憲」 「メッセージ集」を発行。

◆ 2003年7月6日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.481をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.144を公開。

◆ 2003年6月29日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.480をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.143を公開。

◆ 2003年6月21日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.478をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.142を公開。

◆ 2003年6月14日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.477をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.141を公開。

◆ 2003年6月8日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.476をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.140を公開。

◆ 2003年5月31日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.617をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.137〜139を公開。

◆ 2003年5月24日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.619をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.135〜136を公開。

◆ 2003年5月17日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.618をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.133〜134を公開。

◆ 2003年5月10日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.475をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.132を公開。

◆ 2003年5月3日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.473、474をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.128〜131を公開。

◆ 2003年4月29日
報道機関への公式声明「オーストラリアと全世界の人々へ」をUP。

◆ 2003年4月27日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.472、リトル・ペブルからの手紙LPL950411、他の幻視者(海外)イエロー・リリーをUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.125〜127を公開。

◆ 2003年4月19日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.470、471をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.122〜124を公開。

◆ 2003年4月12日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.468、469、616をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.119〜121を公開。

◆ 2003年4月6日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.467をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.117、118を公開。

◆ 2003年3月30日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.465をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.116を公開。

◆ 2003年3月23日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.569をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.115を公開。

◆ 2003年3月16日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.615をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.111〜114を公開。

◆ 2003年3月8日
メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.109〜110を公開。

◆ 2003年3月1日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.614、リトル・エンジェルナイトに与えられたメッセージをUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.105〜108を公開。

◆ 2003年2月22日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.510、516をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.101〜104を公開。

◆ 2003年2月15日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.443、リトル・エンジェルナイトに与えられたメッセージをUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.098〜100を公開。

◆ 2003年2月9日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.518、リトル・ペブルからの手紙LPL030204をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.097を公開。

◆ 2003年1月16日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.509をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.094〜096を公開。

◆ 2002年12月29日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.570〜574をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.089〜093を公開。

◆ 2002年12月21日
 12月16日に発表された報道機関に対する公式声明をUP。メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.575をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.088を公開。

◆ 2002年12月15日
 メッセージライブラリー海外の幻視者:リトル・アロウ・オブ・ゴッドに与えられたメッセージをUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.086、087を公開。

◆ 2002年12月7日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.613をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.081〜085を公開。

◆ 2002年11月30日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルからの手紙をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.078〜080を公開。

◆ 2002年11月24日
 メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.076、077を公開。

◆ 2002年11月16日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.611をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.074、075を公開。

◆ 2002年10月27日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.612をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.072、073を公開。

◆ 2002年10月20日
 メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.071を公開。

◆ 2002年10月13日
 メッセージライブラリー他の幻視者(海外)をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.069、070を公開。

◆ 2002年10月7日
 「箱舟の聖母」郵送版の発行を開始。

◆ 2002年9月8日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.067、068を無料公開しました。

◆ 2002年9月1日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.066、2001年9月14日号外を無料公開しました。

◆ 2002年8月24日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.609をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.064、065を無料公開。

◆ 2002年8月18日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.062、063を無料公開。

◆ 2002年7月21日
 「大警告」に関して、「重要な公式声明 − 巨大な激変は近い…」をUP。教会調査に関して、リトル・ペブルからの手紙「聖なるローマ・カトリック使徒教会の教父たちへのアピール」をUP。

◆ 2002年7月14日
 「大警告」に関して、報道機関への公式声明「オーストラリアとニュージーランドに向けて」をUP。

◆ 2002年7月7日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.608をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.061を無料公開。

◆ 2002年6月30日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.576をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.060を無料公開。聖シャーベル修道会の共同体への指針について、リトル・ペブルからの手紙981124をUP。

◆ 2002年6月23日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.577をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.059を無料公開。

◆ 2002年6月16日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.056〜058を無料公開。

◆ 2002年6月9日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.578、579をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.053〜055を無料公開。

◆ 2002年6月2日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.051、052を無料公開。

◆ 2002年5月26日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.607をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.050を無料公開。

◆ 2002年5月19日
 日本での聖シャーベル修道会の共同体新設事業について、リトル・ペブルからの手紙020514をUP。

◆ 2002年5月12日
 日本での聖シャーベル修道会の共同体新設事業の開始に伴い、5月13日より下記の住所・名称に変更。
   〒540-0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

◆ 2002年5月5日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.048、049を無料公開。

◆ 2002年4月28日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.046、047を無料公開。

◆ 2002年4月21日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.606をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.042〜045を無料公開。

◆ 2002年4月14日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.580をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.040、041を無料公開。

◆ 2002年4月7日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.039を無料公開。

◆ 2002年3月31日
 メッセージライブラリー他の幻視者(海外)・フランツ・カイラーをUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.038を無料公開。

◆ 2002年3月24日
 メッセージライブラリー他の幻視者(海外)・フランツ・カイラーをUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.037を無料公開。

◆ 2002年3月17日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.581をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.034、035、036を無料公開。

◆ 2002年3月9日
 メッセージライブラリー他の幻視者(海外)・フランツ・カイラーをUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.033を無料公開。

◆ 2002年3月3日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.605をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.031、032を無料公開。

◆ 2002年2月23日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.030を無料公開。

◆ 2002年2月16日
 メッセージライブラリー他の幻視者(海外)・フランツ・カイラーをUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.029を無料公開。

◆ 2002年2月10日
 メッセージライブラリー他の幻視者(海外)・フランツ・カイラーをUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.028を無料公開。

◆ 2002年2月2日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.604をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.027を無料公開。

◆ 2002年1月26日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.026を無料公開。

◆ 2002年1月20日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.603をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.024、No.025を無料公開。

◆ 2002年1月13日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.582をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.023を無料公開。

◆ 2002年1月5日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.583をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.022を無料公開。

◆ 2001年12月30日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.584をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.021を無料公開。

◆ 2001年12月23日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.020を無料公開。リンク集に4つのオーストラリアの聖シャーベル修道会共同体とグレン・ディーン氏のホームページを追加。

◆ 2001年12月16日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.586をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.019を無料公開。

◆ 2001年12月9日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.588をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.018を無料公開。

◆ 2001年12月2日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.589をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.017を無料公開。

◆ 2001年11月25日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.590をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.016を無料公開。

◆ 2001年11月18日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.591をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.015を無料公開。

◆ 2001年11月11日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.592をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.014を無料公開。

◆ 2001年11月4日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.602をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.013を無料公開。

◆ 2001年10月28日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.593をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.012を無料公開。

◆ 2001年10月21日
 報道機関への公式声明「アメリカ同時多発テロ事件について − リトル・ペブルからブッシュ大統領へのEメール」(1)(2)(3)をUP。

◆ 2001年10月20日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.011を無料公開。

◆ 2001年10月14日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.594をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.010を無料公開。

◆ 2001年10月7日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.009を無料公開。

◆ 2001年9月30日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.008を無料公開。

◆ 2001年9月22日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.007を無料公開。

◆ 2001年9月16日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.006を無料公開。

◆ 2001年9月14日
 アメリカ同時多発テロ事件に関して、メッセージライブラリー、リトル・ペブルNo.610を緊急にUP。

◆ 2001年9月9日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.005を無料公開。

◆ 2001年9月2日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.004を無料公開。

◆ 2001年8月30日
 リトル・ペブルから報道機関への公式声明「火星の2つの衛星は軌道を去ってしまった?」をリリース。

◆ 2001年8月26日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.003を無料公開。

◆ 2001年8月19日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.001、No.002を無料公開。

◆ 2001年8月16日
 メッセージライブラリー、リトル・ペブルNo.600を追加更新。

◆ 2001年4月22日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年4月19日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年4月17日
 メッセージライブラリー、リトル・ペブルNo.414を追加更新。

◆ 2001年4月6日
 メッセージライブラリー、リトル・ペブルNo.294を追加更新。

◆ 2001年3月18日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年3月15日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年3月13日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年3月11日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年3月9日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(海外)・リトル・ブラザーを追加。

◆ 2001年3月6日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年3月2日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年2月28日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を新設。

◆ 2001年2月28日
 ロザリオとスカプラリオ −マリア様の戦士への呼びかけ−をアップ。

◆ 2001年2月2日
 メッセージライブラリー(リトル・ペブル)に、No.395,397,398,399,404,405を追加。

◆ 2001年1月28日
 メッセージライブラリー(リトル・ペブル)に、No.001,002,301A,332,336,337,354,360,364,365を追加。

◆ 2001年1月24日
 日本語版 真理の同盟メーリングリスト(JAOTML)を開設。

◆ 2001年1月10日
 メッセージライブラリー(リトル・ペブル)に、No.101〜105を追加。

◆ 2001年1月5日
 メッセージライブラリー(リトル・ペブル)に、No.235〜238を追加。

◆ 2000年12月8日
 カトリック教会による調査を更新しました。これは聖シャーベル修道会の公式ホームページ Website of THE LITTLE PEBBLE のEcclesiastical Investigation of Little Pebbleを翻訳したものです。

◆ 2000年12月8日
 メッセージライブラリー(他の幻視者)に、リトル・アーロンに与えられたメッセージを掲載。

◆ 2000年10月13日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」の見本を更新。(2000年10月13日号No.20)

◆ 2000年8月30日
 艱難の時の準秘蹟「フードリスト」(無料)を配布開始。

◆ 2000年8月6日
 一般大衆、報道機関への公式声明、「出来事の予定 - 2000年〜2004年 -」(オーストラリア・ナウラ:8月3日発表)をリリース。

◆ 2000年7月26日
 7月22日の公式声明に、「リトル・ペブルからの追加情報」(オーストラリア・ナウラ:7月24日発表)を追加。

◆ 2000年7月24日
 一般大衆、報道機関への公式声明、「緊急事態の計画 - ちりの雲 - 76Pコホーテク彗星のフォボスと火星への衝突の結果」(オーストラリア・ナウラ:7月22日発表)をリリース。

◆ 2000年7月21日
 火星と彗星76P衝突についてメッセージNo.601を掲載。地球に衝突する3つの破片のうち、一つがスヴァ(フィジーの首都)の北東1,000海里(訳注:1,850キロ。日本の南東方向約5,000キロ)の太平洋を直撃する。


◆ 2000年7月16日
 聖職位階、および報道機関への公式声明、「教会の牧者たちへ - 76Pコホーテク彗星」(オーストラリア・ナウラ:7月15日発表)をリリース。


◆ 2000年7月15日
 リトル・ペブルのミッションについて、詳細な神学的説明をしているメッセージNo.512を掲載。「リトル・ペブル」「聖シャーベル修道会」を理解するうえで、「会則・会憲」とあわせて重要な文書です。

◆ 2000年7月5日
 メッセージ・ライブラリーを開設。火星と彗星76P衝突の件に関して、「彗星・太陽系に関するメッセージ集」を掲載。

◆ 2000年7月1日
 報道機関への公式声明、「ファチマ第3の秘密 - リトル・ペブルより光の子らへ」(オーストラリア・ナウラ:6月29日発表)をリリース。

◆ 2000年6月29日
 今回の「火星と彗星76P衝突」に関する聖母のメッセージ、No.599(2000年6月11日)と、過去に、彗星に関しての記述があるNo.437(1994年5月18日)を、メッセージライブラリーに追加。


◆ 2000年6月25日
 報道機関への公式声明、「火星と彗星76P衝突 緊急最新情報」(オーストラリア・ナウラ:6月24日発表)をリリース。

◆ 2000年6月14日
 報道機関への公式声明、「2000年6月9日、火星と彗星76P衝突の件」(オーストラリア・ナウラ:6月10日発表)をリリース。

◆ 2000年5月31日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」創刊号を発行。毎週1回発行(年間40回程度)、年間購読料3,000円。 サンプルとして創刊号の抜粋を掲載。今後、「リトル・ペブル」「聖シャーベル修道会」…etcの最新メッセージ・詳細情報は、基本的に、メールマガジンに掲載していきます。

◆ 2000年5月13日
 「重要なお知らせと文書」に、「聖シャーベル修道会」「リトル・ペブル」に対するカトリック教会による調査の動向を掲載。

◆ 2000年5月13日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」の創刊準備号(サンプル)を公開。

◆ 2000年5月13日
 「報道機関に対する公式声明」として、「2000年5月5日の惑星直列 起こりうることへの警告」(ナウラ:3月7日発表)を掲載。

◆ 2000年4月29日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」(5/31創刊号)の予約受付開始。

◆ 2000年4月29日
 リトル・ペブルに与えられた聖母マリアのメッセージ(故スタインバック神父様発行)のうち、一部を公開。

◆ 2000年4月20日
 「会則・会憲」の配布(有料)を開始。

◆ 2000年3月31日
 聖シャーベル修道会「会則・会憲」(1996年1月版)の日本語訳(私訳)を公開



◆ 2004年3月19日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.56、66をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.182を公開。

◆ 2004年3月13日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.43、53をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.181を公開。

◆ 2004年3月10日
報道機関に対する公式声明「イラクにおける大量破壊兵器の隠し場所の地図 − 2004年2月24日」をUP。

◆ 2004年3月6日
メッセージライブラリー他の幻視者(海外)エンジェル・ローズに与えられたメッセージをUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.180を公開。

◆ 2004年2月29日
メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.179を公開。

◆ 2004年2月21日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.40をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.178を公開。

◆ 2004年2月14日

メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.38をUPしました。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.177を公開。「資料集」に、「よくある質問」、「参考図書」追加分をUP。

◆ 2004年2月7日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.624をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.176を公開。

◆ 2004年1月31日
「最後の教皇」出版プロジェクトをUP。

◆ 2004年1月30日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.36をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.175を公開。

◆ 2004年1月24日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.622をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.174を公開。

◆ 2004年1月17日
マリア様の戦士への呼びかけのコーナーをリニューアル。メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.34をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.173を公開。「資料集」に、「短い平和の支配…その前とその後」、「黙示録の第六の封印 − 大警告」、「参考図書」をUP。

◆ 2004年1月10日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.623をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.172を公開。

◆ 2004年1月5日
箱舟の聖母社のコーナーを設けました。箱舟の聖母社は、日本における聖シャーベル修道会の出版部門です。

◆ 2004年1月3日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.620をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.170、171を公開。

◆ 2003年12月21日
「資料集」に、「教皇イノセント三世による、複数の妻をもつことについての教え」、「リトル・ペブルと自然的正義 − 1984年のマーリ司教の声明に対する反論」、「聖シャーベル・マクルーフ − ミサ聖祭の聖人」をUP。

◆ 2003年12月14日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.598をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.169を公開。「資料集」に、「リトル・ペブルからの手紙 − ニューエラ・使徒たち・ブリンセスたちに関しての神の子供たちへの公式声明」、「リトル・ペブルからの特別な手紙 − 幻視者が誤りに陥る原因について(前半)」、「預言の成就に関するリトル・ペブルの特別な手紙」をUP。

◆ 2003年12月6日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.031をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.168を公開。

◆ 2003年11月29日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.621をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.167を公開。

◆ 2003年11月23日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.025、026をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.166を公開。

◆ 2003年11月15日
メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.165を公開。トップページにサイト内検索機能を付与。

◆ 2003年11月8日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.014、021をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.164を公開。

◆ 2003年11月1日
「聖シャーベル修道会」の i モード版ホームページが立ち上がりました。メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.007、010、011をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.163を公開。

◆ 2003年10月25日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.004、005をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.162を公開。

◆ 2003年10月18日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.333をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.161を公開。「資料集」に、 「裁くべきか裁かざるべきか」 − リトル・ペブルの擁護 − をUP。

◆ 2003年10月12日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.535をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.159〜160を公開。リンク集にThe End Times (スペイン語)、Prophetic Voices (オランダ語、英語)、Our Lady's Warrior's (英語) を追加。

◆ 2003年10月5日
聖シャーベル修道会に関する各種資料を掲載する「資料集」に、 サウス・コースト・レジスター紙 編集者へのリトル・ペブルの書簡 、 ピエール・マルティン・ゴ・ディン・トク大司教 − 「トク・ライン」 、 インガム司教の「教令」(2002年6月16日)に対するリトル・ペブルの回答および第三の上告 、 「最後の教皇」第三巻第四章 − 新しい千年期と聖シャーベル修道会 (後半) − をUP。

◆ 2003年9月28日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.529をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.158を公開。

◆ 2003年9月21日
聖シャーベル修道会に関する各種資料を掲載する「資料集」に、「最後の教皇」第三巻第四章 − 新しい千年期と聖シャーベル修道会 (前半) −をUP。

◆ 2003年9月20日
メッセージライブラリーリトル・ペブルからの手紙LPL961113をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.157を公開。

◆ 2003年9月13日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.525をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.156を公開。

◆ 2003年9月6日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.524をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.155を公開。

◆ 2003年8月30日
メッセージライブラリーリトル・ペブルからの手紙LPL960222をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.154を公開。

◆ 2003年8月23日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.504をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.151〜153を公開。

◆ 2003年8月16日
「最近のイラク情勢に関する公式声明 − 2003年8月2日」をUP。

◆ 2003年8月10日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.503をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.150を公開。

◆ 2003年8月2日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.502をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.149を公開。

◆ 2003年7月26日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.499をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.148を公開。

◆ 2003年7月19日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.485をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.146〜147を公開。

◆ 2003年7月13日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.490をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.145を公開。

◆ 2003年7月10日
箱舟の聖母社から 「153本の聖ヨゼフの百合」 「153本のマリアさまのバラ」 「聖シャーベル修道会の会則会憲」 「メッセージ集」を発行。

◆ 2003年7月6日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.481をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.144を公開。

◆ 2003年6月29日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.480をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.143を公開。

◆ 2003年6月21日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.478をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.142を公開。

◆ 2003年6月14日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.477をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.141を公開。

◆ 2003年6月8日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.476をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.140を公開。

◆ 2003年5月31日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.617をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.137〜139を公開。

◆ 2003年5月24日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.619をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.135〜136を公開。

◆ 2003年5月17日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.618をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.133〜134を公開。

◆ 2003年5月10日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.475をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.132を公開。

◆ 2003年5月3日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.473、474をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.128〜131を公開。

◆ 2003年4月29日
報道機関への公式声明「オーストラリアと全世界の人々へ」をUP。

◆ 2003年4月27日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.472、リトル・ペブルからの手紙LPL950411、他の幻視者(海外)イエロー・リリーをUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.125〜127を公開。

◆ 2003年4月19日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.470、471をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.122〜124を公開。

◆ 2003年4月12日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.468、469、616をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.119〜121を公開。

◆ 2003年4月6日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.467をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.117、118を公開。

◆ 2003年3月30日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.465をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.116を公開。

◆ 2003年3月23日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.569をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.115を公開。

◆ 2003年3月16日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.615をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.111〜114を公開。

◆ 2003年3月8日
メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.109〜110を公開。

◆ 2003年3月1日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.614、リトル・エンジェルナイトに与えられたメッセージをUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.105〜108を公開。

◆ 2003年2月22日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.510、516をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.101〜104を公開。

◆ 2003年2月15日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.443、リトル・エンジェルナイトに与えられたメッセージをUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.098〜100を公開。

◆ 2003年2月9日
メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.518、リトル・ペブルからの手紙LPL030204をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.097を公開。

◆ 2003年1月16日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.509をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.094〜096を公開。

◆ 2002年12月29日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.570〜574をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.089〜093を公開。

◆ 2002年12月21日
 12月16日に発表された報道機関に対する公式声明をUP。メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.575をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.088を公開。

◆ 2002年12月15日
 メッセージライブラリー海外の幻視者:リトル・アロウ・オブ・ゴッドに与えられたメッセージをUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.086、087を公開。

◆ 2002年12月7日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.613をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.081〜085を公開。

◆ 2002年11月30日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルからの手紙をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.078〜080を公開。

◆ 2002年11月24日
 メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.076、077を公開。

◆ 2002年11月16日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.611をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.074、075を公開。

◆ 2002年10月27日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.612をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.072、073を公開。

◆ 2002年10月20日
 メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.071を公開。

◆ 2002年10月13日
 メッセージライブラリー他の幻視者(海外)をUP。メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.069、070を公開。

◆ 2002年10月7日
 「箱舟の聖母」郵送版の発行を開始。

◆ 2002年9月8日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.067、068を無料公開しました。

◆ 2002年9月1日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.066、2001年9月14日号外を無料公開しました。

◆ 2002年8月24日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.609をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.064、065を無料公開。

◆ 2002年8月18日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.062、063を無料公開。

◆ 2002年7月21日
 「大警告」に関して、「重要な公式声明 − 巨大な激変は近い…」をUP。教会調査に関して、リトル・ペブルからの手紙「聖なるローマ・カトリック使徒教会の教父たちへのアピール」をUP。

◆ 2002年7月14日
 「大警告」に関して、報道機関への公式声明「オーストラリアとニュージーランドに向けて」をUP。

◆ 2002年7月7日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.608をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.061を無料公開。

◆ 2002年6月30日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.576をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.060を無料公開。聖シャーベル修道会の共同体への指針について、リトル・ペブルからの手紙981124をUP。

◆ 2002年6月23日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.577をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.059を無料公開。

◆ 2002年6月16日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.056〜058を無料公開。

◆ 2002年6月9日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.578、579をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.053〜055を無料公開。

◆ 2002年6月2日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.051、052を無料公開。

◆ 2002年5月26日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.607をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.050を無料公開。

◆ 2002年5月19日
 日本での聖シャーベル修道会の共同体新設事業について、リトル・ペブルからの手紙020514をUP。

◆ 2002年5月12日
 日本での聖シャーベル修道会の共同体新設事業の開始に伴い、5月13日より下記の住所・名称に変更。
   〒540-0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

◆ 2002年5月5日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.048、049を無料公開。

◆ 2002年4月28日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.046、047を無料公開。

◆ 2002年4月21日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.606をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.042〜045を無料公開。

◆ 2002年4月14日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.580をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.040、041を無料公開。

◆ 2002年4月7日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.039を無料公開。

◆ 2002年3月31日
 メッセージライブラリー他の幻視者(海外)・フランツ・カイラーをUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.038を無料公開。

◆ 2002年3月24日
 メッセージライブラリー他の幻視者(海外)・フランツ・カイラーをUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.037を無料公開。

◆ 2002年3月17日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.581をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.034、035、036を無料公開。

◆ 2002年3月9日
 メッセージライブラリー他の幻視者(海外)・フランツ・カイラーをUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.033を無料公開。

◆ 2002年3月3日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.605をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.031、032を無料公開。

◆ 2002年2月23日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.030を無料公開。

◆ 2002年2月16日
 メッセージライブラリー他の幻視者(海外)・フランツ・カイラーをUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.029を無料公開。

◆ 2002年2月10日
 メッセージライブラリー他の幻視者(海外)・フランツ・カイラーをUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.028を無料公開。

◆ 2002年2月2日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.604をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.027を無料公開。

◆ 2002年1月26日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.026を無料公開。

◆ 2002年1月20日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.603をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.024、No.025を無料公開。

◆ 2002年1月13日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.582をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.023を無料公開。

◆ 2002年1月5日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.583をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.022を無料公開。

◆ 2001年12月30日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.584をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.021を無料公開。

◆ 2001年12月23日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.020を無料公開。リンク集に4つのオーストラリアの聖シャーベル修道会共同体とグレン・ディーン氏のホームページを追加。

◆ 2001年12月16日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.586をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.019を無料公開。

◆ 2001年12月9日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.588をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.018を無料公開。

◆ 2001年12月2日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.589をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.017を無料公開。

◆ 2001年11月25日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.590をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.016を無料公開。

◆ 2001年11月18日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.591をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.015を無料公開。

◆ 2001年11月11日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.592をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.014を無料公開。

◆ 2001年11月4日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.602をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.013を無料公開。

◆ 2001年10月28日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.593をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.012を無料公開。

◆ 2001年10月21日
 報道機関への公式声明「アメリカ同時多発テロ事件について − リトル・ペブルからブッシュ大統領へのEメール」(1)(2)(3)をUP。

◆ 2001年10月20日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.011を無料公開。

◆ 2001年10月14日
 メッセージライブラリーリトル・ペブルNo.594をUP。有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.010を無料公開。

◆ 2001年10月7日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.009を無料公開。

◆ 2001年9月30日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.008を無料公開。

◆ 2001年9月22日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.007を無料公開。

◆ 2001年9月16日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.006を無料公開。

◆ 2001年9月14日
 アメリカ同時多発テロ事件に関して、メッセージライブラリー、リトル・ペブルNo.610を緊急にUP。

◆ 2001年9月9日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.005を無料公開。

◆ 2001年9月2日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.004を無料公開。

◆ 2001年8月30日
 リトル・ペブルから報道機関への公式声明「火星の2つの衛星は軌道を去ってしまった?」をリリース。

◆ 2001年8月26日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.003を無料公開。

◆ 2001年8月19日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.001、No.002を無料公開。

◆ 2001年8月16日
 メッセージライブラリー、リトル・ペブルNo.600を追加更新。

◆ 2001年4月22日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年4月19日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年4月17日
 メッセージライブラリー、リトル・ペブルNo.414を追加更新。

◆ 2001年4月6日
 メッセージライブラリー、リトル・ペブルNo.294を追加更新。

◆ 2001年3月18日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年3月15日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年3月13日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年3月11日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年3月9日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(海外)・リトル・ブラザーを追加。

◆ 2001年3月6日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年3月2日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を追加更新。

◆ 2001年2月28日
 メッセージライブラリー、他の幻視者(日本)を新設。

◆ 2001年2月28日
 ロザリオとスカプラリオ −マリア様の戦士への呼びかけ−をアップ。

◆ 2001年2月2日
 メッセージライブラリー(リトル・ペブル)に、No.395,397,398,399,404,405を追加。

◆ 2001年1月28日
 メッセージライブラリー(リトル・ペブル)に、No.001,002,301A,332,336,337,354,360,364,365を追加。

◆ 2001年1月24日
 日本語版 真理の同盟メーリングリスト(JAOTML)を開設。

◆ 2001年1月10日
 メッセージライブラリー(リトル・ペブル)に、No.101〜105を追加。

◆ 2001年1月5日
 メッセージライブラリー(リトル・ペブル)に、No.235〜238を追加。

◆ 2000年12月8日
 カトリック教会による調査を更新しました。これは聖シャーベル修道会の公式ホームページ Website of THE LITTLE PEBBLE のEcclesiastical Investigation of Little Pebbleを翻訳したものです。

◆ 2000年12月8日
 メッセージライブラリー(他の幻視者)に、リトル・アーロンに与えられたメッセージを掲載。

◆ 2000年10月13日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」の見本を更新。(2000年10月13日号No.20)

◆ 2000年8月30日
 艱難の時の準秘蹟「フードリスト」(無料)を配布開始。

◆ 2000年8月6日
 一般大衆、報道機関への公式声明、「出来事の予定 - 2000年〜2004年 -」(オーストラリア・ナウラ:8月3日発表)をリリース。

◆ 2000年7月26日
 7月22日の公式声明に、「リトル・ペブルからの追加情報」(オーストラリア・ナウラ:7月24日発表)を追加。

◆ 2000年7月24日
 一般大衆、報道機関への公式声明、「緊急事態の計画 - ちりの雲 - 76Pコホーテク彗星のフォボスと火星への衝突の結果」(オーストラリア・ナウラ:7月22日発表)をリリース。

◆ 2000年7月21日
 火星と彗星76P衝突についてメッセージNo.601を掲載。地球に衝突する3つの破片のうち、一つがスヴァ(フィジーの首都)の北東1,000海里(訳注:1,850キロ。日本の南東方向約5,000キロ)の太平洋を直撃する。


◆ 2000年7月16日
 聖職位階、および報道機関への公式声明、「教会の牧者たちへ - 76Pコホーテク彗星」(オーストラリア・ナウラ:7月15日発表)をリリース。


◆ 2000年7月15日
 リトル・ペブルのミッションについて、詳細な神学的説明をしているメッセージNo.512を掲載。「リトル・ペブル」「聖シャーベル修道会」を理解するうえで、「会則・会憲」とあわせて重要な文書です。

◆ 2000年7月5日
 メッセージ・ライブラリーを開設。火星と彗星76P衝突の件に関して、「彗星・太陽系に関するメッセージ集」を掲載。

◆ 2000年7月1日
 報道機関への公式声明、「ファチマ第3の秘密 - リトル・ペブルより光の子らへ」(オーストラリア・ナウラ:6月29日発表)をリリース。

◆ 2000年6月29日
 今回の「火星と彗星76P衝突」に関する聖母のメッセージ、No.599(2000年6月11日)と、過去に、彗星に関しての記述があるNo.437(1994年5月18日)を、メッセージライブラリーに追加。


◆ 2000年6月25日
 報道機関への公式声明、「火星と彗星76P衝突 緊急最新情報」(オーストラリア・ナウラ:6月24日発表)をリリース。

◆ 2000年6月14日
 報道機関への公式声明、「2000年6月9日、火星と彗星76P衝突の件」(オーストラリア・ナウラ:6月10日発表)をリリース。

◆ 2000年5月31日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」創刊号を発行。毎週1回発行(年間40回程度)、年間購読料3,000円。 サンプルとして創刊号の抜粋を掲載。今後、「リトル・ペブル」「聖シャーベル修道会」…etcの最新メッセージ・詳細情報は、基本的に、メールマガジンに掲載していきます。

◆ 2000年5月13日
 「重要なお知らせと文書」に、「聖シャーベル修道会」「リトル・ペブル」に対するカトリック教会による調査の動向を掲載。

◆ 2000年5月13日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」の創刊準備号(サンプル)を公開。

◆ 2000年5月13日
 「報道機関に対する公式声明」として、「2000年5月5日の惑星直列 起こりうることへの警告」(ナウラ:3月7日発表)を掲載。

◆ 2000年4月29日
 有料メールマガジン「箱舟の聖母」(5/31創刊号)の予約受付開始。

◆ 2000年4月29日
 リトル・ペブルに与えられた聖母マリアのメッセージ(故スタインバック神父様発行)のうち、一部を公開。

◆ 2000年4月20日
 「会則・会憲」の配布(有料)を開始。

◆ 2000年3月31日
 聖シャーベル修道会「会則・会憲」(1996年1月版)の日本語訳(私訳)を公開



[HOME]