箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

韓国人キリシタン

「シストとカタリナ夫妻殉教者」の物語



【 シストとカタリナ夫妻殉教者と聖母マリア 】

 西暦1624年9月4日、日本の秋田県(当時は出羽の国、羽後の国、久保田藩、秋田藩などと呼ばれていた)で、韓国人のキリシタン、シストとカタリナというご夫妻が、他の日本人キリシタン14人とともに、その信仰を堅固し、斬首されました。殉教です。(内2名の日本人キリシタンは、獄死しています)シストとカタリナさんは、おそらく、豊臣秀吉の朝鮮半島侵略のとき、日本に連れてこられた多くの韓国人の中の二人だと思います。当時日本に連れてこられた人は、陶工の技術を持った人、精錬の技術者、学者などだそうです。そして日本の各大名のもとに戦利品として受け渡され、日本各地で働いていたようです。シストとカタリナ夫妻は、推測ですが、島根県の石見銀山、佐渡島、そして、現在の秋田県の院内銀山で坑夫(金属の精錬の技術者)として働いていたと思われます。
 また韓国にキリスト教が伝来したのは1700年の後半のことですから、彼らは日本でキリスト教の洗礼を受けたと思われます。そして日本国内でキリシタンの迫害が強まるにつれて、奥州の出羽のたどり着いたようです。当時は、日本の東北地方の諸国、諸藩は、キリシタンに関して寛容だったようです。日本にいたキリシタンは西国方面から東国そして、奥州へと、その迫害を逃れて北へ北へと移動しました。そこで出羽秋田では鉱山が各地にあり、藩の経営には重要な経済の柱でした、そこで働く人は、他の藩で罪を犯し国外追放になった者や、浪人、キリシタンであるがゆえに逃避せざるをえなかった人々が多くを占めてしました。
 三代将軍、徳川家光の時代、とても激しいキリシタンの迫害が始まりました。当時の秋田藩主である佐竹義宣公は、江戸で百人を超えるキリシタンの大殉教の知らせを聞き、幕府には逆らえないと判断を下し、今までキリシタンには寛容であった秋田藩もいよいよ、キリシタンの取り締まりの強化に踏み切ることになりました。
 シストとカタリナ夫妻は、院内銀山から約4Km離れた、寺沢とうい村に生活していました。ある日のこと、村にあった仏教の僧侶が、役人にキリシタンがいると密告し、シストとカタリナ夫妻を含む16人は、役人に捕まり、牢屋に入れられました。この事があった翌日、密告した僧侶のお寺は、村の人々に焼き払われ、その僧侶は逃走し、そのほかのお寺も、焼き払われたそうです。今の寺沢には、寺と言う地名ですが、一軒も寺はありません。寺沢村に生活していた人々は、連帯意識が強かったことがこの逸話で分かります。おそらく殉教したキリシタンの人々以外にも、多くのキリシタンが生活していたことでしょう、またそうでない人々も、宗教を超えた相互扶助のいきづいた村だったことでしょう。
 シストとカタリナ夫妻を含む16人は投獄され、数ヶ月獄中生活を送っていました。その時、とても不思議な出来事がありました。腰元の格好をしたとても美しい女性が、捕まったキリシタン16人のもとに頻回に訪れ、彼らを慰めに来てくれていたそうです。彼女にどちらからいらっしゃったのですかと質問すると、「私は城から参りました」と述べたそうですが、その女性を知る人は、お城の中でもお城の外でも、誰もいなかったということです。この女性は聖母マリア様です。記録に残る聖母出現としては、日本では初めてのことです。
 韓国に、キリスト経が伝来したのは1784年で、韓国での初めての殉教者は1800年に入ってからです。シストとカタリナ夫妻殉教者は、それを遡るところ、177年も前に異国の地で信仰を守り通し、殉教しています。この話は韓国と日本両国にとって、とても素晴らしいことであり、大きな出来事です。また彼らの人生は、とてもドラマチックでもあり、殉教前に聖母の出現を受けています。これは本当に珍しいことです。そして、韓国のキリスト教会史上の大発見でもあります。シストとカタリナ夫妻殉教者は、韓国と日本両国において、英雄的存在であるといっても過言ではありません。


(写真 左上) 韓国人の「シストとカタリナ夫妻殉教者」と、
14人の日本人殉教者を祭った「北向き観音」。彼らが殉教した秋田市の方向を向いている。

(写真 右上) 地元の方々が建ててくださった殉教記念碑。

(左図)  「寺沢(Terasawa)」(秋田県湯沢市)の位置。



[HOME]
 [戻る]
(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」設立の
促進と援助のための事務所
Office for promoting and assisting the establishment of Communities
of the Order of Saint Charbel in Japan.