【 秋 田 】

「償いの日のプログラム(毎月13日)」


 マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償いのプログラムを行います。

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいただくことをお勧めいたします。
     ※ 当修道会の場所までの地図、また、近隣の宿泊場所等の情報は、下記、ご参照ください。



第1回 「寺沢の殉教者たち」をたたえる荘厳ミサ

 今、秋田県湯沢市では「秋田の聖母の第2出現」が起こっています。今から400年ほど前、江戸幕府初期、将軍徳川家光の治世の頃のことです。この地 秋田県湯沢市の雄勝地区「寺沢」で、奇跡を行なっていたキリシタン信者ヨハネ馬井六左衛門をはじめ14人の日本人と朝鮮半島出身の「シストとカタリナ」夫妻の合計16人たちが殉教しました。彼らは日本人、韓国人として初めて聖母マリア様のご出現を受けた人々でもあります。
 聖母マリア様は、「寺沢の殉教公園」近辺に「寺沢の殉教者たち」をたたえる大聖堂、リトル・ペブルに捧げられた男子同宿院、女子同宿院を建てることをお望みです。
また、聖母マリア様は、フランスの大巡礼地ルルドのように、「寺沢の殉教公園」に奇跡的な「癒しの泉」が湧くようになることを約束なさっています。近い将来、ルルドと同じく、何十万、何百万人もの巡礼者が訪れるようになることでしょう。どうか、皆さんの先祖をたたえるこの事業にご協力をお願いします。この事業にご協力してくださる方は名乗りをあげてください。ご連絡をお待ちしております。


第1回「寺沢の殉教者たち」をたたえる荘厳ミサ

 日時: 2006年9月4日
      午後3時〜5時30分
 場所: 秋田県湯沢市
     雄勝寺沢地区「観音公園」内
     キリシタン殉教碑にて


代表: ジャン・マリー杉浦 洋 神父
( Father Jean-Marie of the Risen Son of God )

連絡先:
   〒012-0106
   湯沢市三梨町字清水小屋14
   リトル・ペブルの「清水小屋」共同体

  電話・FAX: 0183-42-2762
  E-mail: charbeljapan@nifty.ne.jp
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/



鄭 秀雄(チョン スウン)監督、
 「プログラム(テレビ番組)をつくることを考えましょう!」

【写真左】 世界的に有名な 鄭 秀雄(チョン スウン)監督。韓国におけるテレビ
  ドキュメンタリーの第一人者で、 ソウル五輪開閉会式の映像総監督を務め
  た。韓国大統領賞を受賞したほか、2006年、日本放送番組センターと日本
  放送人の会が主催する第8回「放送人の世界名作品・名監督」に選ばれ
  た。延世大学校映像大学院兼任教授、東アジア・テレビ制作者フォーラム
  組織委員会委員長、作品多数。
【写真右】 ミシェル・マリー・フランソワ奥田力。今回の修道会側の「寺沢」
  映像化プロジェクト担当者。秋田県横手高校出身でジャン・マリー神父の
  8年後輩。彼自身、マリア様のビジョナリスト(ご出現を視覚的に見る人)
  でもある。
( 2006年7月23日、東京・神楽坂にて撮影 )

 世界的に有名なドキュメンタリー番組をいくつも製作している鄭 秀雄(チョン スウン)監督に2006年7月23日お会いしました。監督は、秋田「寺沢」の韓国人殉教者「シストとカタリナ夫妻」について、とても興味を示し、番組を作りたいとおっしゃってくださいました。監督はご自身、現地に足を運んで「寺沢」「院内銀山」etcを取材・撮影することを希望しておられます。ご自身を「文化のマッサージ屋さん」とおっしゃる監督は、日本・韓国・中国を駆けまわって、草の根レベルの国際文化交流のために尽力されています。



イエズス様:(2006年7月29日)
「 泉が寺沢で湧いて、多くの病を抱えた人が癒されていく。
男性はもちろん、女性も子供も、年を取った人々も癒される 」

フランスのルルドの大聖堂と巡礼者。1858年、聖母マリア様は少女ベルナデッタにご出現され、「奇跡の泉」をお与えになりました。瀕死の重病人が瞬間的に癒されるなど、数え切れないほど多くの奇跡がおこり、今でも、肉体と心の癒しを求めて年間500万人の人々が世界中から巡礼に訪れています。




【 「 寺 沢 の 殉 教 者 た ち 」
  日本人と韓国人で初めてマリア様のご出現を受けた人々 】


 今から400年ほど前、江戸幕府初期、将軍徳川家光の治世の頃のことです。この秋田県雄勝地区の「寺沢」で、奇跡を行なっていたキリシタン信者ヨハネ馬井六左衛門をはじめ14人の日本人と朝鮮半島出身の「シストとカタリナ」夫妻の合計16人たちが、幕府の禁教令によって捕縛されました。おそらく、この「寺沢」の地で投獄されていたものと思われます。2人の日本人が牢内で殉教しています。そして、残った14人は、1624年9月4日、今の秋田市の久保田城下で斬首され、殉教しています。事の次第は、当時の外国人宣教師たちによって、ローマに逐一報告されていました。

【写真左】1632年発刊の「日本年報1625〜1627年」内表紙と、この中で報告されている【写真右】
「寺沢の殉教者について(1625年)」の記述。(天理大学図書館蔵)

 当時のイエズス会の宣教師がローマに送った報告書「日本年報1625〜1627年」をもとにして書かれた、16世紀末から17世紀中頃までの貴重な資料として知られるレオン・パジェスの「日本切支丹宗門史」には、秋田県雄勝寺沢の殉教者について次のように記述されています。

「……仙北の寺沢のキリシタン14人とは、ヨハネ・ウマイ・ロクザエモン(馬井六左衛門)、彼は初めルイスと呼ばれ、宮(ミヤ)の生まれで、もとイエズス会の同宿であった。(彼は牢内で奇跡を行いながら、謙遜の心からこれを隠していたのであった)。彼の妻マグダレナ、パウロ・シロビョーエ(四郎兵衛)、宣教師の宿主、ヨアキム・テラザワ・トビョーエ(寺沢藤兵衛)、朝鮮人シスト・カザエモン(加左衛門)、彼の妻で朝鮮人のカタリナ、トマス・マンゴヂューロ(孫十郎)、ヨアキム・ファヤシ・タロエモン(林太郎右衛門)、彼の妻マリヤ、マチヤス・テラザワ・タロエモン(寺沢太郎右衛門)、ルイス・ヤサブロ(彌三郎)、マテオ・ゲンゴロ(源五郎)、彼の母アンナ、10歳のヨアキム・カブヤゾ・ワカサ(Cabouyazo 若狭)、彼らの伴侶の中二人、もう一人のヨアキムと、ヨアキム・オーミ(近江)の寡婦エリザベタという一婦人は、7月13日と8月21日に、牢内で、惨めに死んだのであった。……牢内で、実に美しいある婦人は、しばしば囚徒たちを訪問して助けていた。どこから来たのかと聞かれると、彼女は「妾は、城から参りました」と答えた。しかし、城でも、その他の場所でも、誰も、そんなことを話すのは、かつて聞いたことのないことであった。……」
「日本キリシタン宗門史(上)」(1637〜1639年、レオン・パジェス編、岩波文庫)


 彼らは当時の幕府の迫害を逃れ、日本全国から集まってきた人々でした。また「テラザワ」という苗字からもわかるように、皆さんのご先祖様でもある人々なのです。
ローマ・カトリック使徒教会において「殉教者」とは、どのような人々なのでしょうか? 実は「殉教者」とは、約2000年前に十字架上で私たちのために命を捧げてくださった主イエズス・キリスト様の模範にならい、信仰を証しし、自分たちを迫害し殺そうとする人々さえも「ゆるし、愛し」、全ての人々の永遠の幸福のために命を捧げた、偉大な英雄たちのことなのです。




【 秋田の聖母の第2出現 】

 皆さんは、秋田市湯沢台の「涙を流す聖母」のお話しをご存知でしょうか? 日本国内ではこの「ご出現」のことはほとんど知られていませんが、世界では日本と言えば「AKITA(秋田)」とすぐ返事が返ってくるほどよく知られております。キリスト信者でない人々の間でも、日本地図を描かせると、東北地方の代表都市は「仙台」「新潟」ではなく、必ず「AKITA(秋田)」と描くほどです。
 
今、湯沢市の「リトル・ペブル同宿会」において、この秋田市湯沢台のご出現に続く、「秋田の聖母の第2出現」(下記参照)が起こっています。2005年からマリー・マドレーヌ杉浦律子に、イエズス様、マリア様、ヨゼフ様、そして「寺沢」の殉教者たちがご出現され、天からのメッセージをお与えになっておられます。
 この中で、聖母マリア様は、「寺沢の殉教公園」近辺に寺沢の殉教者たちをたたえる大聖堂、男子同宿院、女子同宿院を建てることをお望みです。また、
聖母マリア様は、フランスの大巡礼地ルルドのように、「寺沢の殉教公園」に奇跡的な「癒しの泉」が湧くようになることを約束なさっています。近い将来、ルルドと同じく、何十万、何百万人もの巡礼者が訪れるようになることでしょう。



【 なぜ「 秋 田(Akita) 」なのか?
 − 「寺沢の殉教者たち」は生きて働いている! − 】


 ローマ・カトリック使徒教会の信仰において、「死者」は、過去存在したが、今はいない人々ではありません。特に「寺沢の殉教者たち」のように偉大な聖人たちは、目には見えませんし、何も感じませんが、神様の前で私たちの永遠の幸福のために日夜取り次いでくださっており、また私たちのすぐそばにいて、私たちとともに働いてくださっています。
 約400年前から明治時代初期に至るまで、日本のカトリック信者は約40万人もの「殉教者」を出しています。人数で言えば、このうち大多数は長崎で、次に江戸(東京)……、といった順番になるでしょう。「寺沢の殉教者たち」は、歴史書にも載っていますし、地元の皆さんの宗教の枠を越えたお働きによって「殉教者」たちを顕彰する公園、記念碑まで建立していただいております。ただ残念ながら、これまでは「日本における、その他多くの殉教地のうちのひとつ」といった扱いでした。
 しかし、2005年からはじまった「秋田の聖母の第2出現」において、天の方々は「寺沢」の地に、心と肉体を癒す「奇跡の泉」を与えられ、フランスのルルド(別紙参照)のような大巡礼地になるということを約束なさっておられます。また、日本だけではなく、韓国をはじめ世界中から巡礼者がやってくるようになるとも約束なさっておられます。なぜ大勢の殉教者を出した長崎とか東京ではなく、「秋田の寺沢」なのでしょうか?
 先のレオン・パジェスの「日本切支丹宗門史」の記事をもう一度ごらんになってください。「……牢内で、実に美しいある夫人は、しばしば囚徒たちを訪問して助けていた。……」 実は、このお方は、イエズス・キリスト様のお母様である「マリア様」なのです。天国で神様に次いで2番目に偉いお方です。この「マリア様」が「女中」の姿になって、牢内で苦しんでいた「寺沢の殉教者たち」を慰め、励まし、また女中の姿で彼らに仕えておられたのです。
これは記録に残っている日本で初めてのマリア様のご出現です。また、韓国の人々にとっても初めてのマリア様のご出現の記録です。また、日本人のヨハネ馬井六左衛門は、イエズス様のように奇跡を行なっていたと記録されています。
 なぜ、今、「秋田の寺沢」なのか? 多くの事は神秘で、これから徐々に明かされていくでしょうが、歴史的事実と「秋田の聖母の第2出現」は、皆さんのご先祖様である「寺沢の殉教者たち」が、日本と全世界に大きな影響を与えていくほどの偉大な「大聖人」たちであることを示しています。
 では、以下に、「秋田の聖母の第2出現」において、今までに天が与えている驚くべきシナリオを列挙していきましょう。




秋田の聖母の第2出現 」の神秘家、ローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子 】
−「かわいい子」「ちっちゃい子」「過去にも未来にもいない最低最悪の霊魂」と呼ばれている! −

マリー・マドレーヌ杉浦律子のプロフィール:
未熟児網膜症のため生まれつき全盲。イエズス様、マリア様、ヨゼフ様、寺沢の殉教者たちからの
ローキューション(内的語らい)を受けている。
2005年から「秋田の聖母の第2出現」について
メッセージを受けており、現在も続いている。
また、目に見えない聖痕(せいこん)の痛みに
苦しんでいるが、まもなくこの傷が目に見える形であらわれ、実際に血を流すようになると
予告されている。

【 癒 し の 泉 】

聖母マリア様:(2006年5月22日、寺沢殉教公園、殉教碑の側にて
 愛する子供たち、あなたがたを祝福します。この土地を祝福します。聖母が祝別した泉を与えます。この近辺に聖堂と修道院を立ててください。聖母からのお願いです。あなたがたを祝福します。父と、子と、聖霊との御名(みな)によりて。アーメン。

主イエズス様:(2006年7月29日)
 これから多くの病気を患った人たちが一つの印によって集められていく。子供たち、前にマリアが話したように、泉が寺沢で湧いて、多くの病を抱えた人が癒されていく。男性はもちろん、女性も子供も、年を取った人々も癒される。



【 日本の皇室の改心 】

聖母マリア様:(2006年4月4日)
 皇室の事で、あなたがたの大きな苦労は天に覚えられていることを知ってください。雅子妃殿下と美智子皇后陛下は皇室に撒かれた種です。黒田清子、彼女も聖母に会っています。引き続き、彼女たちのために祈り続けてください。彼女たちは生贄として捧げられています。幼な子たちも育ち、彼女たちの教えを受けています。希望を持ってください。

聖母マリア様:(2006年4月5日)
 あなた方を多くの事業のために用います。神が望まれる事に従ってください。神が語られる言葉は真実で絶対に変わることはありません。天皇陛下に神が望まれている事を、直接天皇陛下に告げます。天皇陛下は直接神の印を見ます。神は日本を愛しています。しかし、日本は唯一真の神を知らず、神として崇めることができない民です。多くの罪を犯し続けており、ソドムとゴモラのような国で、当時のソドムとゴモラと同じ時に存在していたならとうに滅びていました。神はあわれみ深いお方です。子ども達、一人として滅ぼしたくないのです。でも、頑なに拒むなら、神は裁きを下さずにいられないのです。子ども達、神のあわれみを侮らないで下さい。



【 日本と韓国の救いがすでに始まった 】

韓国人の殉教者カタリナ:(2006年6月8日)
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あなたを愛しています。韓国の救いのために、愛を持って行動してくれたことに対して、私たち韓国の全ての殉教者は喜んでいます。韓国の人たちを、私たちは愛しているので、これから未信者が立ち上がります。未信者の行動によって、カトリックの人たちは改心することになります。最初に、カトリックの信者に恵みが注がれ、メッセージを貰いました。でも、冷めてしまいました。権力に負けてしまいました。でも、未信者の中で、これから起される人は、『真理とは何か』を探し求めています。まっすぐに行動してきます。神は、純粋な心で神を探し求めて愛する人に、真理を明らかになさいます。
 私たちが日本で牢獄に入れられて、苦しんだとき、神は私たちを捨てず、慰めてくださいました。私たち韓国の全ての殉教者は、あなたたちを本当に愛しています。引き続き、同胞の救いのために祈ってください。
 本当に感謝しています。マリア様が豊かにあなたがたを祝福してくださいますように、いつも私たちは祈っています。司祭の祝福を、日本と、韓国の人にお願いします。


韓国人の殉教者シストとカタリナ夫妻:(2006年5月31日)
 愛する子供たち、シストとカタリナがあなたがたのために救いを願って神に取り次いでいます。日本に私たちがつれていかれて、秋田の地で殺されて殉教したのは全く真実です。愛する韓国の人たちに私たちはいつも愛を注いでいます。あなたがたを愛しています。あなたがたの熱心でまっすぐに真理を求める心をどうかもう1度奮い起こしてください。周りを見てはいけません。
 イエズスと、聖母マリアの贖いによって、人類は救われ、罪が許されます。そして、神が兄弟たちの中に送った預言者、そして、最後の教皇として世の終わりまで治めることになっているリトル・ペブルに仕えてください。あなたがたを愛しています。




【 「最後の教皇 リトル・ペブル」と、大聖堂、男子同宿院、女子同宿院 】

 マリア様は「寺沢の殉教者たち」に捧げられた「大聖堂」、「リトル・ペブル」に捧げられた男子同宿院、女子同宿院を、寺沢近辺に建立することを望んでおられます。

1985年4月19日、前教皇ヨハネ・パウロ2世
の私的謁見にあずかるリトル・ペブル
ローマ・カトリック使徒教会「最後の教皇」
になると預言されているリトル・ペブル

聖母マリア様:(2006年4月19日)
 リトル・ペブルがまことに教皇として選ばれたということをはっきりと示すために、あなたがたに対し、彼の真実性を一つの印を持って示します。
 寺沢に聖堂が立ちます。修道院が立てられます。多くの巡礼者が送られてきます。あなたがたは最後の戦いを戦っています。勇敢であってください。神が全ての事をなさいます。


イエズス様:(2006年5月13日)
 愛する子供たち、あなたがたを祝福する。多くの事業が待っている。リトル・ペブルのことを勇敢に語りなさい。イエズスがあなたがたを励まし、強め、進んで道を歩ませる。リトル・ペブルの勝利が近いので、あなたがたは天に信頼して、与えられたものをもって進みなさい。決してリトル・ペブルの名を隠してはならない。彼は天が定めた教皇であるから、世界中の子供たちが彼のもとに集められる必要がある。恐れないで、勇敢に行きなさい。神はまもなくリトル・ペブルに約束を果たす。愛する子供たち、いつもそばにイエズスがいるので、恐れてはならない。
 あなたがたはリトル・ペブルのために勇敢に立ち上がって進んでほしい。多くの天使、聖人たちが、あなたがたと一緒に戦うので、恐れてはならない。


聖母マリア様:
 愛するリトル・ペブルにお話しします。あなたに与えた神の計画は成就されます。あなたはあなたに忠実に仕えた人たちを見ることになります。あなたの苦しみは全て大きな報いを得るでしょう。勇敢に立ち向かったあなたに対して、聖母は喜んでいます。どうか引き続き子供たちのために祈ってください。世界中のあちこちであなたに仕える人たちを天は起します。愛しています。豊かに祝福します。愛する浄配、あなたに比べるものは他にありません。豊かに恵みを注ぎます。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。

聖母マリア様:(2006年4月22日)
 愛するリトル・ペブルに伝えます。日本で多くの若者があなたのもとに来ます。そして、幻視者と、神秘家、恵みの霊魂があなたを支えます。あなたを心から愛する兵士たちを天は準備しています。恐れないで歩んでください。あなたを祝福します。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。



【 寺 沢 に つ い て 】

聖母マリア様:(2006年5月6日)
 寺沢に聖母が出現したのをあなたがたは知りました。どうか聖堂をそこに立ててください。殉教者の記念として、殉教者を祝う場所としてそこを祝福しています。多くの事業が待っています。希望を持ってください。愛しています。恐れないで神に仕えてください。あなたがたを祝福します。

聖母マリア様:(2006年7月5日)
 愛する子供たち、この地を恵みで満たしています。恐れないでください。寺沢の殉教者、一人ひとりが支えています。司祭の祝福をお願いします。

聖母マリア様:(2005年6月11日)
 喜びに喜びなさい。私はこの地に多くの人を呼びます。私のもとに帰ってきます。私は愛の母です。私を信じて私のもとに皆帰ってきなさい。
 平安でありなさい。私は慰めを与えに来ています。私の言葉を聴いて耳を傾けてください。私のすべてを皆さんに与えています。私の子らよ、あなたがたを愛しています。私に信頼して祈りなさい。愛する子らよ、イエズスの十字架を背負ってください。私はあなた方の母です。私を求めてください。


聖ヨゼフ様:(2005年11月7日)
 秋田は祝福されている。日本はあなたがたによって、また協力する多くの人々によって変えられていくので、あなたがたに勇気を出すようにと私は言う。恐れないで歩みなさい。ヨゼフがあなたがたを包み、愛し、祝福している。

主イエズス様:(2006年6月12日)
 これから、殉教者の地において、多くの巡礼者が訪れ、神の恵みを受ける。あなたがたは大きな希望を持って、何でも神に打ち明け、多くの問題に対処できるようにしてほしい。寺沢の地を始め、全ての殉教者の土地を聖別している。





【 秋田への交通 】

 首都圏からこっちよりの方なら、秋田新幹線・夜行バスetcで、日帰りが可能です。首都圏より遠い方、また告解を希望される方は、湯沢市内で宿泊されることをお勧めします(当方では宿の手配はいたしません)。夜行バス・青春18切符をうまく使えば、遠方の方でも安く日帰り(?)できるかもしれませんね。
 湯沢市についてからの移動はタクシーがお勧めです。お友達と相乗りすれば比較的安くこれるでしょう。

宿・観光スポットの情報は下記へどうぞ。

◆湯沢市のホームページ
 宿・観光スポット・イベント情報etc
http://aios.city-yuzawa.jp/contents/webyuzawa.nsf

◆湯沢ロイヤルホテル
 「湯沢インター(湯沢横手道路)」近くで便利です。
http://www.yuzawa-royal.co.jp/




「清水小屋」の地図




[HOME] [戻る]


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・ カトリック使徒教会 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467−0014
    名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
    電話・FAX: 052−851−8584
    Eメール :rongin-marie@martyrs.jpn.ph
          charbeljapan@nifty.com
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


[HOME] [戻る]


(C)日本における「リトル・ペブルの共同体」設立の
促進と援助のための事務所
Office for promoting and assisting the establishment of Communities
of the Little Pebble in Japan.