2006年3月20日
New!
皆さんにリトル・ペブル(ウィリアム・カム)の人となりを知っていただくため、
『第一章 若い頃』から一部抜粋して公開しました。


私の祖母(左)は7人の子を持つ、素朴で敬虔なカトリック信者の主婦でした。私の祖父ウィリ・シモンズ(右)は大戦中、機甲師団の将校でした。 私の両親、ハンス・カム(左)とゲルトルード・(シモンズ)カム(右) 5歳のウィリアム・カム(左)、4歳のカレン・カム(右)
ウィリアム(13歳)とカレン(12歳) 10代前半のウィリアム(左)。ウィリアムはサウス・オーストラリアのレンマークの農場で働いた(右)。 初聖体の時のウィリアムとカレン。サウス・オーストラリア、レンマーク(写真左)。10歳のウィリアム(写真右)。

第一章 若い頃

 ライン川の近く、西ドイツのケルンという都市で、1950年5月16日、私は生まれました。それは聖人のような教皇ピオ十二世によって聖年と宣言された年でした。私は未熟児で、予定日よりも七週間も早く生まれ、掌に収まるほどの小ささでした。まだ爪ができておらず、両耳はよじれており、体重はちょうど2ポンドでした。医師は私に生存の見込みなしと判断し、私は生後三日目で緊急洗礼を授けられました。私の母は、私は生きることはないと告げられたので、私を家へ連れて帰る許可を願いました。母はまだ十七歳でした。そして両親のもとで暮らしていたので、私をどうしても救いたかった母は、彼らの助けで私のために何かができるのを期待したのです。神の恩寵と計画で私は生命にしがみついていることができました。私の祖父母は、彼らの知恵と経験で、私をどのように世話するか若い母にアドバイスできたのです。彼らは私に食物を摂らせることができました。そうしてだんだんと私が食物に耐えられるようになり、体重が増してくるにつれて、私の食物は普通の濃さの母乳になっていきました。

 私の祖父母には、七人の子供があり、私の母、ゲルトルードは下から二番目でした。母は結婚せずに私を身ごもったとき十七歳でした。私の父は、イタリアの軍人で、イタリアの王族の一人でした。父は、戦後の時期に私たちの地方に来たのですが、私は、父と母との関係についてはほとんど何も知りません。私が知っているのは、父の名がジョンであり、彼が、母が妊娠して彼の子供を宿していることに気づかずに、イタリアに戻って行ったということです。私の祖父は戦時中、機甲師団の将校でした。私の祖母は、素朴で信心深いカトリックの主婦で、その生活は夫と七人の子供を中心として回っていました。私の母ゲルトルードは、1932年7月4日にケルンで生まれました。母は自分の子供時代については詳しく話すことを決してしませんでした。不幸にも私は、私のドイツの家族の初期の歴史をほとんど知りません。というのは、私の親類たちの生涯の多くの領域に戦争が影響を与えたからです。連合軍の空襲は恐るべき荒廃と混乱をもたらし、非常に多くの人命を奪いました。私の家族は何度か命がけで逃げなければならず、別の場所に転々と移らなければなりませんでした。

 戦後、全員が一緒になり、しばらくの間、緊急宿泊設備に住みました。私を身ごもった後で、母は自分が一人になってしまったことに気が付いたのです。父がイタリアに戻ってしまった後では、父と連絡をとる方法もありませんでした。それで、たった十七歳の少女にすぎない母は、私の生みの父親と連絡を取ることや、彼から支援を得ることのいかなる見込みも断念することに甘んじなければなりませんでした。けれども母の知り合いの中に一人の若者がいて、彼は母と結婚したがっていました。彼は母よりひとつ年上で、名前はハンス・シュエットラー、ベルリンの西の地方に1931年5月20日に生まれた人でした。十四歳の若者として彼はベルリンの街の併合と、それに続く連合軍による四つの区域への分割を、第二次世界大戦が終わった後に目撃しました。私の母とハンスは、私が私生児として登録されないように、私の誕生の前に戸籍登録所で結婚しました。私はウィリアム・ジョン・ザ・バプティスト・シュエットラーという名前を与えられ、登録されました。私が生まれた二年後に、母と養父との間に彼らの子供であるカレンが生まれました。両親はまだ非常に若く、また、戦後のドイツには仕事と安定した生活のための機会がほとんどありませんでした。彼らの同胞の多くの人々と同様に、彼らの小さな家族とともに、将来に向けて堅実なスタートを切る方法を彼らは探していました。

 1954年に、母と養父は、オーストラリアの移民局が、その国を熟練労働者と肉体労働者で強化する手助けのため、ヨーロッパ人のオーストラリアへの移住の費用を支援すると申し出たのを利用することに決めました。その年、母、養父、妹そして私はオーストラリアに移住しました。サウスオーストラリアというのは、多くのドイツ人たちが特別に牧歌的なところだと思っていた地方でした。この世紀の初めには、ドイツ生まれの移民が設立した一つの繁栄しているコミュニティーがありました。彼らは広大なブドウ園を開いていました。それはオーストラリアと諸外国にワインを供給して、そのワインは今日世界中で他の多くのライバルとその品質と味を競いあっています。不幸にもこれらの良い人々の多くが、彼らのドイツ国籍ゆえに非常に苦しめられていて、戦争中は抑留されていました。この国が戦後復興するにつれてドイツ人の影響力も徐々に以前の状態に回復しました。そして私の両親が住むために来たのはこの地域でした。私たちが新しいスタートを切った場所はムレイ川沿いのレンマークという小さな街でした。このワインづくりと農場の地域、ドイツ人の遺産がますます豊富になっていくこの場所で、両親は彼らの新しい人生を始めました。両親はオーストラリアを「約束の土地」とみなし、彼ら自身と子供たちのために快適な生活と将来を手に入れる努力を始めることを熱望しました。養父はほとんど英語を話すことができませんでした。母に至っては全く話せませんでした。それで最初は生活が少し困難でした。

 最初の家は、古いポンプ倉庫でした。屋根は壊れており、床は汚く、水道もトイレもありませんでした。家具調度品のたぐいはなく、私の小さなベッドは、果物を運ぶための古い木箱を集めて作ったものでした。当然この環境は健康にはよくありませんでした。それで私は幼年期の初めごろしばしば病気にかかりました。私は通常の幼年期の病気にはすべてかかり、よちよち歩きのころには、数回、同一の病院に入院しました。農場の区域に育ったので、私はとても活発で、幾度か自分でけがをしてしまいました。一度は屋根から落ちて背中を打ち、別の時は胃を傷つけてしまいました。それでも私は長いことじっとしていられるような子供では決してありませんでした。そして私は、病気が私を訪れたときには、病気と一緒に暮らし我慢することを学びました。

 母は、良い品性を持った良心的な母親でしたが、オーストラリアに来てからは信仰の務めを果たしていませんでした。しかし私が七歳くらいの時、母は私にいくつかの小さな祈りを教え始めました。私は特に守護の天使の祈りを愛しました。そして私は祈ることが好きでした。そのようにして霊的なすべてのことへの愛が育って行きました。養父もまた良い男性でした。しかし彼は霊的なことに関心がありませんでした。最も近いカトリック教会からも離れたところに住んでいたため、母はクリスマスと復活祭の時だけ私たちをミサに連れて行くことができただけでした。けれども私は非常に幸運なことに素晴らしい隣人に恵まれました。それはイタリア人の家族で、私たちと同様に移民でした。彼らはしばらく前からレンマークに住んでいて、今や自分たちのブドウ園を所有していました。彼らはしっかりしたカトリック教徒で自分の信仰を愛していました。彼らは非常に愛想の良い、好意的な人々で、私を「翼の下」に保護してくれました。何度も私は彼らと一緒にミサに行きました。そして私が聖なるミサを愛し始めたのはこれらの良き人々を通してでした。私は毎日曜日にミサに行ったわけではありませんでしたが、八歳になると初聖体の準備をしてくれました。この日は私にとって非常に特別な日でした。というのは私の神に対する愛は、子供らしい熱烈さで増していったからです。不幸にも私は州の学校制度の中で教育を受けなければなりませんでした。なぜなら両親には、カトリック学校の授業料を払う余裕がなかったからです。私のカトリック教育はこの初期においてはそういうわけでとても限られたものでした。しかし神が将来のため、すなわち神が私の生涯に計画なさっている仕事のための土台をすえていくということにおいて神の御手は私を導き続けていました。

 私の子供時代は全体としてはまったく普通でした。両親は経済的に苦闘しており、農場ではやらなければならないことがたくさんありました。授業が終わって次の日の授業が始まるまでの時間は、私はブドウ園での労働とともに果物を収穫して両親を助けました。私は生来怠惰であることは決してできず、幼い少年時代においても非常に進取の気性に富んでいました。私はあちらこちらで仕事を見つけました。特に休日の間は、わずかなお金を儲けるために絶え間なく働きました。私はこのお金を、両親を援助するために彼らにあげました。クリスマスには、彼らに彼らが自分たちでは決して買えないような贈り物を買うために余分に働きました。この責任は、困難への私の愛を育てるのに役立ち、それは私の全生涯に伴っています。学校においても、私は挑戦するすべてのことにおいて一番でありたいと望みました。私はスポーツに秀でており、私の学校の中で長年輩出した走者や泳者の中で最も優れた者でした。すでに述べたように、私は怠惰であることに耐えられず、活動的で働いているのが好きでした。幼いころには、近隣に牛乳を配達することさえもしばらく続けていました。

 両親は勤勉で、不平不満を言ってはいませんでした。しかし、非常に若く結婚したし、理想的な状況では決してなかったので、結婚生活は問題なしとはいきませんでした。養父はこれらの問題を酒をたくさん飲むことで処理しようとしましたが、これはただ自分たちの困難を悪化させただけでした。そして彼はすぐにアルコール中毒患者になりました。ときどき、彼がアルコールの影響を酷く受けているときに、彼は暴力的になり、これが母だけではなく妹にも私にも多大な精神的苦痛をもたらしました。この家の中の不安定な雰囲気は私たちに非常に悪い影響を与え、私たちの学業はその結果害を被りました。

 両親はオーストラリアに約六年間いたのですが、非常に不幸になって、またある悲しい影響が彼らの結婚生活に及んだため、彼らは妹と私のために再出発すべきだと考えました。彼らはドイツに戻ることに決めました。そうして私たちは1960年にオーストラリアを離れました。そして私たちの故国に戻ると、養父の祖父母とケルンの一軒のバンガローで一緒に暮らし始めました。ここに私たちは十八カ月の間とどまったのですが、間もなく、私たち全員がオーストラリアへの郷愁を感じ始めました。戦後のドイツはかつてのドイツとは似ても似つかないものでした。両親はすぐに、ここでは自分たちの問題を克服することはどうしてもできないことを悟りました。私たちの一家は、もう一度オーストラリアにわたり、レンマークの私たちのなじみの地域に居を定めました。そこで両親は自分たちの生活を立て直し、前進しようと努めました。しかし、ほんの数カ月もたたないうちに養父は再び不安定になりました。彼は仕事に身を入れることができず、今だにお酒を大量に飲んでいました。彼はドイツで家族みんなのために家を備えるつもりでドイツに戻ることを決めました。この意図をもって、彼はオーストラリアを再び去りました。しかしドイツに戻ることは、決して母の意向ではありませんでした。母はその代わりに、妹と私はこの時点ではそのことを知りませんでしたが、離婚にこぎつけることを計画していたのです。なぜなら母は、自分ではもはや私の養父と彼の暴力と飲酒に耐えて一緒に生活することはできないと感じていたからです。妹と私の上に、その全体的トラウマが非常に心を乱す影響を与えていました。しかしこの段階で、私は自分の宗教にそれでもまだ強い関心を持っていました。私は自分の祈りを唱え、時々ミサに行きました。はじめのころ両親は、私は宗教に関し強い関心を持ちすぎるようになっていると考え、それを励ますようなことはしませんでした。思うに彼らは私の関心が時がたつにつれて薄れていくことを望んでいたようです。両親が分かれ、それぞれ別の道を行き始めたのは私が十三歳のときでした。そしてそれはとても不幸な状況でした。妹と私は、なぜ両親が離れ離れになっているのかを教えられませんでしたが、困難な家族の事情から、それを推測するのはそう難しいことではありませんでした。けれども私たちは何も言いませんでした。母はサウスオーストラリアを去ることを決め、私たちは東隣のビクトリア州に引っ越しました。そしてメルボルンのサンシャイン郊外に落ち着きました。母は一軒の家を借り、私にとって幸いだったことにそれはカトリック教会から遠くはありませんでした。今や中学校に入るのに十分な年齢に達していたので私はサンシャインウエストハイスクールに編入しました。私は非常によく落ち着き、学校生活を楽しみ始めました。背の低さのためにしばしばからかわれ、自分のドイツの姓を笑われたにしても。私はこれらの愚弄を悩み過ぎたりはせず、学年の早期に幾人かの良い友人をつくりました。私はしばしば教会を訪問しました。そして聖人たちの生涯への大きな関心を徐々に育てて行きました。彼らの伝記がとても人に感銘を与え教化することが分かり、私はこれらをしばしば読みました。マリア様への私の愛も増してゆき、そして最近の聖母出現、とくにファチマの聖母について読むのが大好きでした。私たちの世紀のこの偉大な御出現は、この上もなく私に感銘を与え、そして私はこれについての本は読めるものはすべて読みました。

 私たちの生活はひとつのパターンに落ち着きました。養父のいない家庭生活は少し穏やかで平和でした。母は働いていて、妹と私は二人とも学校へ行っていました。母はハンス・カムという男と再び出会いました。彼と母は二三年前に、レンマークですでに親しくなっていました。ハンスもドイツ人で、母にとても親切にしてくれました。

 妹と私にひどい苦痛をもたらしたいくつかの知らせを母が私たちに告げたのは、私たちがサンシャインに住んで一年が過ぎたころでした。母はとうとう、私たちに、自分と養父は離婚しようとしているところで、自分たちの別居はこのためだと告げました。これは実際私たちを打ちのめしてしまいました。なぜなら私たちは、家族として家庭内の多くの困難を抱えていたにしても、なお私たちは家族であり、しかも養父は私が知っているただ一人の父だったからです。私にとって彼は私の父でした。というのは、この段階においてもまだ私は、私の誕生をめぐる状況について教えられていなかったからです。養父はドイツに帰ってしまったが、私たちはメルボルンに住み続けるだろうと母は言いました。子供である私たちにとって、父が別の国に住むことを考えるのは大変困難でしたが、私たちは出来事をそのまま受け入れるほか選択肢はありませんでした。

 何カ月もたたないうちに、ハンスは私たちをしばしば訪問するようになりました。そしてそれ以降、頻繁に家で私たちと一緒にいるようになりました。そのすぐあとで養父がオーストラリアに戻り突然現れました。彼は酔っ払って激怒しており、私たちの家に押し入り、私たちの衣類をすべて通りに放り投げました。幸いにも彼の来た当初、母は仕事に行っていて、私は学校にいました。私が午後遅く家に帰ったときに、台所で養父と鉢合わせになりました。養父は大きな包丁を片手に持ち、気違いのようになって、その武器を振りかざし脅迫していました。私は彼が正気でない状態でわめいているのがわかりました。そして母が、この衝突の最中に仕事から帰ってきました。養父は母に向かって、嫉妬と怒りに狂って叫び始めました。ありがたいことにハンスは母と一緒ではありませんでした。もしそうだったら、事態はずっと悪化していたでしょう。養父は母とハンスを殺してやると脅かしました。

 養父を鎮めるためには長い時間がかかりました。彼は挫折感と心の痛みでいっぱいでした。そして他人を傷つけることを望んでいました。私は台所で彼と一緒に座り、彼の怒りの流出を聞きました。そしてその晩、彼は私に私の誕生のいきさつを教えたのです。つまり、彼は私の本当の父親ではないこと、そしてあるイタリアの貴族が私の生みの親だということを。養父は、私の名前に傷がつかないように母と結婚したのだと言いました。今や彼はあまりにもみじめさでいっぱいで、私と母を傷つけることを望んだのです。

 このすべてのことは恐るべき衝撃を私に与えました。私は私の周囲で世界が崩れていくかのように感じました。しかし私たちの身の安全のために彼を静かにさせておかなければなりませんでした。そしてあまりにも飲み続けていたために、彼は次第に眠りこみました。その夜、彼がまだ眠っているうちに、母と妹と私は家からそっと抜け出し、メルボルンを離れました。ハンス・カムは私たちを、ニュー・サウス・ウェールズ州のウォロンゴングに連れて行き、私たちは彼とそこに住みました。時がたつにつれて、彼は私の二番目の養父になりました。

 いまや私は十代半ばで、田舎の高校に行っていました。私の家庭生活はさらに落ち着いたものとなり、私は学校で幾人かの友人をつくりました。私は将来は結婚し落ち着いて家庭を持つという普通の少年の夢を持っていました。私はいつも女の子たちに関心があり、そしてゆくゆくは農場に住むか大工の仕事に就くかしたいと思っていました。しかしこれらのアイデアの具体化はずっと先のことでしたから、その間に私は信仰について読書と研究をするにつれ自分の信仰が育っていき、さらに強くなってきていることに気がつきました。多分神は私を司祭職に呼んでいるのだろうと私はだんだん考え始めました。私はイタリアのピエトラルチーナの一人の聖なる、そして聖痕を持った司祭に魅せられてしまいました。この聖なる人は、預言者そして幻視者として世界中に知られていました。彼は霊魂を読む賜物をいただいており、聴罪司祭として有名でした。人々は世界中から彼に告白を聴いてもらうためにやってきて、彼に助言を願い、そして多くの人々が彼の霊的な子供になることを申し出ました。私はそのような主の傷を身に受けた人に完全に圧倒されてしまいました。私にとってそれは天の出現を地上において見るようなものだったのです。私は日曜のミサに定期的にあずかり始めました。そして司祭になりたいという私の望みは増していきました。私の学校生活はうまく進んでいました。しかしこの時期に幾度か健康を損ね、肺炎にかかりました。私は高校を退学し、夜間学校で勉強を再開することで事態を改善しようと決めました。なぜなら私は職を得て生計を立てるべきだと感じたからです。母は「パイ工業」に勤めており、私が宅急便の使者としての仕事にありついたのはここでした。私は幾度か司祭になることについて問い合わせました。しかしすべての努力は無駄に終わりました。……

……詳しく書いたとおり、私がメルボルンからニュー・サウス・ウェールズのウォロンゴングに引っ越したとき、私はまだ学業年齢でしたが、私は教室に戻るよりもむしろ職に就くことを選びました。母も将来の養父も、私に学校に通い続けるよう勧めてくれましたが、たくさんの変化が私の人生に起こったことと、私の教育がそんなふうに中断されてしまったことで、私はそうする気になれませんでした。それで私はパイ工業で雇われ続けました。(第1章pp41-50)……

……別の観点から、1972年(注:22歳の時)は、私にとってとても忘れがたい年です。養父のハンス・シュエットラーが私の母を探しにドイツから戻ってきました。彼は私を誘拐することで母に復讐することを心に決めていました。それで当然母は非常に恐れていました。養父はアデレードのナイキケルタ・ベセキ一家の家に滞在していましたが、彼は私に会ってくれと連絡してきました。彼がどんな邪悪な計画を心に秘めているかを知らずに、私は彼と会うことに同意しました。私はベセスキ家へと旅行し、そして養父が何をたくらんでいるかを知らされたのはそこにおいてでした。彼が私をレンマークに連れて行き、墓地で私を殺すことができるように、ここで私をものにするという計画だったのです。彼らは言いました。彼は車の中に銃をおいている、と。そして、ただちに家に帰るように、と私をせき立てました。私は帰るのではなく、養父とともに行くことに決めました。私の出発の前に、私は告解に行き、司祭に、私は死にに行こうとしているので、これが私の最後の告解です、と告げました。私は司祭に、私は神に自分の命をささげています、もしそれが神の御旨なら、私はそれをうけいれます、と言いました!

 養父と私はレンマークへと出発しました。そして旅行の間、彼は金持ちになったことを自慢しました。彼は私に、仕事と家とドイツまでの飛行機のチケットをあげようと言いました。私は彼に、私の愛を買おうと努める必要などありません、なぜなら私は、すでにあなたをとても愛しているし、いつも愛してきたから、と言いました。私たちはレンマークに到着し、そこで私は私の古い友人たちと会いました。彼らもまた同様に、母に仕返しするために養父が私を殺すと脅していたと私に警告しました。彼らは私が生命を奪われることを恐れており、警察の力を借りることを望みました。私は彼らにすべてを私に任せるように、そうすれば自分でなんとかする、と言いました。私は自分のロザリオを首にかけ、自分自身を神の御旨に任せました。それからほどなくして養父は、彼の古い友人のお墓参りをしたいから、一緒に墓地に来てくれないかと私に頼みました。私は行くことに同意しました。そして墓地に向かう途中で、養父に、彼の意図を私は知っている、と告げました。私は彼に言いました。神がそれをお許しにならない限り、私に害を加えることはできません、と。私が彼を大変愛していて、神もまたあなたを愛しておられます、と。そうして私は彼を赦します、と告げました。養父は泣き崩れました。彼は、自分が私を殺すつもりだったこと、しかも何度もそうしようとしたことを認めました。彼は私たちの車をセミトレーラーに突っ込ませようと試みました。次に、私を射殺しようと決心したのですが、自分がそれをやり遂げることはできないことがわかりました。彼は私に赦しを乞い、ドイツに戻ってもう二度と再び私を煩わすことはない、と言いました。私はその場ですぐに彼を赦しました。そしてその後、再び彼に会うことはありませんでした。何年かたって私は彼に連絡をとろうとしましたが、彼の両親に連絡したとき、彼が亡くなっていたことを知りました。……(第2章pp55-56)……



[HOME]