箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

マリア様の戦士への
呼びかけ


マリア様が日本にもあらわれています。ロザリオとスカプラリオで、
大切なあなたを天国へと救うためです。


 マリアさまは、あなたが地獄に落ちないようにと、本当に心配してくださっている、あなたの霊魂のおかあさんです。マリアさまからのメッセージを読み、マリアさまのおのぞみに従い、スカプラリオをいつも首にかけ、毎日マリアさまへの愛をこめて、うやうやしくロザリオを唱えましょう。そうするならば、あなたとあなたの家族みんなを天国へと救いますと、マリアさまは約束してくださっています。

 マリアさまは、日本にまもなく起こることを教えてくださっています。それはいくつもの巨大な地震と大津波、たくさんの火山の噴火、もうれつな大寒波、農作物の全滅、食糧がなくなることによる餓死、恐ろしい伝染病のひろがりによる病死、彗星のチリによる火の雨、原子力発電所からの大量の放射能汚染、富士山の噴火による数百万人の死、中国軍が日本に攻め込み、国民の60%が殺されること、人口の多い都市が核爆弾で攻撃され全滅すること、などと数えきれません。しかも最後には、日本列島そのものが海の中に沈んでしまいます。

 もし、あなたと多くの人がロザリオを祈り、スカプラリオを身につけ、マリアさまに聞き従うなら、これらのことはのばされ、やわらげられ、とりやめになり、多くの日本人が天国へと救われます。これを行なう人は「マリアさまの戦士」です。マリアさまは日本を救うために、あなたを必要としています。

「マリアさまの戦士」となった人だけが、日本の未来を変えることができます。あなたも、どうかこれを友人知人に伝え、「マリアさまの戦士」がふえるように力をつくしてください。

◆「マリア様の戦士」の使徒職

◆ロザリオの祈り

◆「箱舟の聖母」のメダイ ( スカプラリオ)

◆フードリスト

◆日本に与えられた預言

◆集会のご案内New !



[HOME]


◆「マリア様の戦士」の使徒職

【 はじめに 】


 2005年1月16日に、東京方面で初めての集会が開かれました。皆の自己紹介、ジャン・マリー神父の講話とトリエント・ミサ、そして交歓がおこなわれ、お互いの友情を深めました。

 ジャン・マリー神父は「ドア・トゥ・ドアの宣教」「茶話会の宣教」ということを強調しました。つまり、あなたの友達に、あなたが一番大切にしているはずの「マリア様の愛」を伝えること。そして友達はその友達に……。この形で日本全国に「マリア様の愛の輪」が広がっていくというヴィジョンです。これは、プロテスタントの兄弟姉妹たちには当たり前のことですよね。実はこれは私たちのオリジナルではなく、戦前、プロテスタントの伝道者、中田重治さんが始め、日本だけでなく世界中に広がって大成功をおさめたのだそうです。この中田重治さんは、日本とニュージーランドの宣教の保護者として、偉大な聖人として私たちを助けてくださっているそうです。

 また、ジャン・マリー神父は皆さんに「箱舟の聖母のメダイ」を肌身離さずつけること、ロザリオの一連だけをマリア様への深い愛をもって唱えること、このたった一日5分か10分でできる信心業だけでいいんだということを強調しました。信心業は増やせば増やすほどその質が落ちます。特に初心の皆さんは、信心業は最小限におさえ、まず愛する対象であるイエズス様、マリア様、ヨゼフ様がどのような方であるかを知ることに全力を傾けてください。

 あなたは恋愛をしたとき、相手のことをもっともっと知りたいと思うでしょう? それと同じことです。マリア・ワルトルタの著作や「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」を読み、イエズス様、マリア様、ヨゼフ様がどのようなお方で、約2000年前にどのように生活されていたかをまず知ってください。これを霊的読書と言います。

 そして、ロザリオをたった一連だけでいいから心をこめて唱え、生き生きとした愛を持ち、その愛を友人に伝えることに一日のエネルギーを集中してほしい、とジャン・マリー神父は訴えました。

戦前のプロテスタントの伝道者、中田重治氏。右はニュージーランドの幻視者。
この2人は、日本とニュージーランドの宣教の保護者として、偉大な聖人として
私たちを助けてくださっているそうです。





リーフレット見本(PDFファイル、222Kb)
 上の文書を見るために、Adobe Acrobat Reader が必要です。
これはフリ−ソフト(無料)です。お持ちでない方は、最新版を
Adobe社のホームページからダウンロードしてください。

名古屋の繁華街「栄」
でマリア様の
メッセージを伝える
ブラザー・ジャン・マリー
撮影2004年1月11日)




[HOME] [戻る]

◆ロザリオの祈り
 この信心をおこなうのに、洗礼
を受けていなくてもかまいません。
うやうやしく、マリア様への愛を
こめて、祈りを捧げてください。


 あなたの祈りやすい場所、神棚
でも仏壇でもかまいませんから、
あなたの好きなマリア様の御絵を
置いて祈れば、マリア様に対して
愛をおこす助けになります。

【 主祷文 】(1回)
 天にましますわれらの父よ、願わくは御名(みな)の尊(とうと)まれんことを、
御国(みくに)の来(きた)らんことを、御旨(みむね)の天に行わるるごとく地にも
行われんことを。われらの日用(にちよう)の糧(かて)を、今日われらに与え給え。
われらが人に赦(ゆる)すごとく、われらの罪を赦し給え。われらが誘惑におちいる
がままになし給わず、われらを全ての悪より救い給え。アーメン。

【 天使祝詞 】(10回)
 めでたし、聖寵(せいちょう)充満(みちみ)てるマリア、主、御身(おんみ)と共に
まします。御身は女のうちにて祝(しゅく)せられ、御胎内(ごたいない)の御子(おんこ
イエズスも祝(しゅく)せられ給う。天主の御母(おんはは)聖マリア、罪人(つみびと
なるわれらのために、今も臨終の時も祈り給え。アーメン。

【 栄唱 】(1回)
 願(ねが)わくは、父と子と聖霊(せいれい)とに栄えあらんことを。始めにありしごとく、
今もいつも世々にいたるまで。アーメン。

【 ファチマの牧童の祈り 】(1回)
 ああイエズスよ、われらの罪を赦し給え、われらを地獄の火より守り給え。また
すべての霊魂、ことに主の御(おん)あわれみを最も必要とする霊魂を、天国へ
導き給え。アーメン。

【 大天使聖ミカエルに向かう祈り 】(1回)
 大天使聖ミカエル、戦いにおいてわれらを護り、悪魔の凶悪なる謀計(はかりごと)に
勝たしめ給え。天主が彼を罰し給わんことを伏して願い奉(たてまつ)る。ああ天軍の
総帥(そうすい)、霊魂をそこなわんとて、この世を徘徊(はいかい)するサタン、および
その他の悪魔を、天主の御力(おんちから)によりて地獄に閉じ込め給え。アーメン。



[HOME] [戻る]


◆「箱舟の聖母」のメダイ ( スカプラリオ )

 この「箱舟の聖母」のメダイは、マリア様がメッセージで言われているスカプラリオです。このメダイは、洗礼を受けていない方でも身につけることができます。肌身離さず首から下げてください。


【 マリア様からの御約束 】
「……これを身につける人は、誰でも永遠に救霊の御恵みがいただけます。」


 このメダイを身につける人は、お願い事の最後に「『箱舟の聖母、我らの御母聖マリア、キリスト信者の扶(たす)け』の御名によってお祈りいたします。アーメン」と唱えます。



【 マリア様の御説明 】
「箱舟の聖母」という名の中に、今の時代の時の終わりの鍵があるのです。……あなたがたの母は、全世界の元后として、虹の上に立っております。虹は平和および神との契約を意味します。母は左腕に幼きイエズスを抱いており、イエズスはスカプラリオとロザリオを持っておられます。このしるしは、これによって子らを救うという意味です。……母の右手には、ノアの箱舟のような舟があります。これはノアの時代のように、世界が再び大天罰に見舞われ、ほんの少数の者しか救われないということで、汚れなきマリアである私が、人類の避難所になるという意味です。


注意事項


お申し込み方法

 あなたの住所・氏名を書き80円切手を貼った返信用封筒(定形)を同封し、「箱舟の聖母のメダイを希望」と明記の上、下記住所までお申し込みください。

〒467−0014
名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
 箱舟の聖母社
郵便振替 00880−4−204678




[HOME] [戻る]


◆フードリスト

 「フードリスト」は準秘蹟です。水・食糧が入手できず、皆が飢える時、あなたの水と食糧のたくわえが尽きないように、神様が奇跡を行ってくださるものです。



「フードリスト」お申し込みの条件
 下記の条件を満たすその本人が、自分で申し込まなくてはなりません。

 (1) 三位一体の神に信仰をもっていること。洗礼を受けていなくてもかまいません。

 (2) リトル・ペブルのミッションを信じ、支持していること。

 この2つが、奇跡を得る基本的条件です。リトル・ペブルとは、イエズス・キリストが世界に戻ってくる直前の、地球規模の苦難の時に、マリア様に聞き従う人々を救いに導くリーダーです。


注意事項
 (1) 「フードリスト」は神様から祝別されたものなので、無料で配布しています。

 (2) 水と食糧のたくわえを持たなくてはなりません。たくわえたものを増やして
    いただけるのです。

 (3) 水・食料がなく皆が飢えるとき、無理に与えることはありませんが、困って
    いる人    に必ず食糧をわけてあげること。神様は、あなたの愛徳の行い
    を祝福されます。

 (4) 他人のために申し込むことはできません。また他人の名前で申し込むことも
    できません。本人が望まないのに「フードリスト」を与えても、その場合はただ
    の紙切れにすぎません。

 (5) お送りする「フードリスト」は、イエズス様とマリア様が御出現のときに一枚
    一枚を直接祝別されています。これをコピーしても、もとの一枚の他は、祝別
    されていないので全く無効です。またお送りする「フードリスト」には、偽造防止
    のため、各プロモーターに割り当てられたナンバーが印刷されています。


お申し込み方法
 あなたの住所・氏名を書き80円切手を貼った返信用封筒(定形)を同封し、「フードリストを希望」と明記の上、下記住所までお申し込みください。

〒467−0014
名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
 箱舟の聖母社
郵便振替 00880−4−204678



[HOME] [戻る]


◆日本に与えられた預言

 天は、天草四郎と天草・島原の殉教者達のお取次ぎと、リトル・ペブル(聖シャーベル修道会の創立者)によって、日本を世界の光とするご計画をもっていらっしゃいます。


リトル・ペブルに与えられたメッセージ( 抜粋 )
1993年10月7日 聖なるロザリオの祝日


リトル・ペブル:
…… 私たちは4万人が殉教した殉教者の島に来ました。私たちが祈り始めると、すぐに右手で白い十字架を抱いたイエズスが来られました。イエズスの後方に巨大な白い十字架があり、4万人の殉教者と殉教した聖なる少年天草四郎が立っていました。天草四郎は私に挨拶し、私が来たことを感謝していました。主も私に挨拶され、私が来たことをとても喜んでいるとおっしゃいました。そして私が殉教者の血によってここに来たこと、日本、世界および教会内のフリーメーソンを打ち破る力を得るであろうと話されました。イエズスは、それから大きな金の鍵を私に示し、この鍵は日本を解く鍵であると同時に私のための鍵であると告げられました。……


主:
 鍵を受けよ! 今日お前に鍵を手渡す。黙示録への鍵、底なしの穴への鍵。わが至聖なる御母、汚れなきマリアの力によって、あなたは反キリストという人物(ロード・マイトレーヤ)のうちにあって高い玉座に座しているルチフェルおよびその軍団を投げ捨てる力を得るであろう。私が宇宙の王として再臨する前の与えられた時に、ルチフェル、反キリストおよびその軍団を地獄に投げ入れる力を、あなたの神である私の手を通して、わが御母マリアの清く汚れなき御心を通してあなたに与える。……

…… 勝利が手に与えられるのは、この日、わが至聖なる御母と御母の聖なるロザリオの祝日である。そして、この国、日本の回心にとってもとても重要な日である。わがいとしい息子よ、この国に回心がもたらされるのは、あなたによってである。そして、わが愛する日本によって世界までもが私に立ち帰るであろう。人類の利益のためにこの国の聖なる殉教者の墓で、またわが至聖なる御母の聖地で大いなる驚異を示すからである。

 神の母 − あなたたちの母であり、また私の母である − は、この国にかかとを置かれた。このかかととは、わが息子、聖にして母なる教会の将来の代理者、われらの愛のリトル・ペブル、地上におけるわが教会の神的愛の天使である。そしていとしい息子、娘たちよ、あなたたちはこの大いなる聖寵の証人である。わが至聖なる聖心と人類のために受けた聖なる傷からあなたたちを祝福する。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

(リトル・ペブルは、世界的に知られているオーストラリア人の幻視者で、世界中の全ての幻視者達の長であり、指導者です)




リトル・ペブルと一致して働いた「マリア・コルディス」と呼ばれた幻視者が、
天草四郎と天草・島原の殉教者達について、天から与えられたメッセージの抜粋。
1992年6月17日11:15

聖母:
 父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 マリア・コルディス、私の愛しい娘、今日は天草四郎について、いくつかの啓示を与えたいと思います。彼は純粋に神を愛し、そして従う者でした。それゆえに、神もまた彼を心から愛されました。彼は生まれたときから、すでにこれから自分のためすべきことを知る恵みを与えられていました。それだけに、彼は十六年ものあいだ、サタンの攻撃に会い、苦しめられてきたのです。

 彼は、生まれながらにして、罪のほとんどない状態でした。それは、日本で最初の奇跡の子でした。多くの奇跡を人々の前で行いましたし、聖なる戦いを起こすにあたり、彼は、神の偉大な奇跡によって、多くの一度は棄教したはずの子供たちを神の聖心へと連れ戻すことができたのです。神にできぬことは、何ひとつありませんでしたから。それは今も、いつも、世々とこしえに続きます。そして、それに信頼する者は、すべて救われるのです。

 彼も含め、天草の多くの子供たちが戦い、信仰のゆえに殉教しました。そして、その魂は、すべて天に上げられ、彼らの祈りは、常に神の心を揺さぶり、我が子イエズスの心を揺さぶり、私の心を揺さぶるものになっています。それによって、今まで日本は支えられてきたのですよ。彼らは、偉大な聖人たちであり、天草四郎は、天において、偉大な聖人として、天への取り次ぎを行っております。彼に対して、しばしば祈りなさい。




リトル・ペブルに与えられたメッセージ(抜粋) - 東京 
1987年2月7日(初土曜日)


聖母:
 ……日本の私の愛する子供らよ、今、まだあなた方に時のある間に、天主に立ち帰りなさい。この国に関して預言されてきた通り、この国の多くの島々は海中に沈むでしょう。あなた方は恐れる必要はありません。信じる人々は多くの天罰から保護され、救われるのです。その天罰は、この国の多くの子らが御子を拒否してきたため、また【将来】多くの子らは御子をあがない主、世の救い主として受け入れないために、この国のために計画されているのです。そのためにこそ永遠の御父は、この国土を打つでしょう。

 しかし、信じる人々は救われます。甘美な光の子らよ、まじめに、熱心に祈りなさい。そうしてこの希望のメッセージをこの国の子らに伝えなさい。そうすれば、この国の全て【の人々】は、楽園の御国において永遠の御父と共に交わるでしょう。

 甘美な日本の子らよ、私はあなた方を全て祝福します。私があなた方の母であることを知りなさい。なぜなら私は全ての国民の母、あわれみの母だからです。御子イエズスから来るこの祝福が、光と愛をもたらしますように。父と子と聖霊との聖名によりて。ア一メン。




リトル・ペブルに与えられたメッセージ( 抜粋 )
1987年2月8日午後  日本(静岡)


リトル・ペブル:
 〔富士〕山の上に非常に輝いている白い十字架が見えます。


主:
 私の愛する子よ、日本の人々の救いのために、私がこの国を罰する前に、私は彼らがこの雄大な山の上に、この輝く白い十字架を見ることを許そう。日本の人々が改心し痛悔するために十字架が輝いて一週間後に、この雄大な山は崩壊し、それと共に、いく百万人もの生命を奪うだろう。私に属している子らは、その時が来るとき、この地域から逃げるように、私の聖なる天使らに忠告されるだろう。

 私の愛するリトル・ペブルと、ここにいる私の甘美な子ら、そして日本の子らよ、私は、十字架の救いの力よりお前たちを祝福する。父と子と聖霊との御名によりて、アーメン。


聖母:
…… 世界のために祈りなさい。間もなく人類のうえに、大いなる苦しみがあるでしょう。何故なら人類は御子イエズスと私、汚れなきマリアとが彼らに、つまり、この罪深い世に与えたメッセージを聞こうとしないからです。しかしながら、信じる子らにとって、あなた方は恐れることは何もありません。天の私たちがあなた方を愛しているから、また私たちが全ての危険と、全ての苦難に際してあなた方を保護するからです。……

…… 私の甘美な子らよ、天の母である私はあなた方を私の汚れなき御心で抱擁していると知って下さい。御子と私は今、あなた方を祝福します。主を愛し、主に仕えるために平和のうちに行きなさい。父と子と聖霊との御名によりて、アーメン。




リトル・ペブルに与えられたメッセージ( 抜粋 )
1987年2月9日 日本(京都)

聖母:
 我が子よ、そして子どもたちよ。あなたがたを祝福いたしましょう。父と子と聖霊との御名によりて、アーメン。

 かわいい日本の子どもたちよ、あなたがたにあいさつを送ります。私はきょう『あわれみの母』、『希望と救いの母』として参りました。私は羊たちを、一つの群れに集めるために来たのです。それは息子イエズスの唯一の、まことの教会、つまり聖なる使徒継承のローマ・カトリック使徒教会のことです。この国の全ての子どもたちを祝福し、勇気づけましょう。イエズスの教え、つまりイエズスの使徒たちであった教父たちの継承に、忠実でありなさい。

 愛する子どもたちよ、きょう私は我が使いである愛のリトル・ペブルをあなたがたのところへ大使としてつかわしております。彼のことばをよく聴きなさい。彼は私のことばを語り、そのことばは永遠の御父より来ているからです。

 かわいい日本の子どもたちよ、天にいる私達は、あなたがたを愛しておりますよ。一人として失われることのないようにと、否、それどころかこの国の全ての子どもたちが救われるようにと望んでいるのです。しかし天にいる私達は、この国でも、また世界の他の国においても、ほんの少数の者だけが救われることを知っているのです。それは、世の子どもたちが私達のつかわしている幻視者や預言者達の声に、耳を傾けないからです。

 かわいい子どもたちよ、悔い改めなさい。まだ時間のあるうちに、息子イエズス・キリストヘ改心しなさい。全世界での私のメッセージは常に同じです。それは希望と愛と、あわれみのメッセージなのです。……

…… 私はあなたがたを大変愛しておりますよ。そして我が汚れなき御心で、皆一人一人を抱きしめます。我が神なる息子イエズスの平和が、いつもあなたがたと共に留りますように。父と子と聖霊との御名によりて、アーメン。



[HOME] [戻る]


◆集会のご案内New !!
( 2006年8月13日 更新 )

【 北海道 旭川 】(詳しくはこちらをクリック)
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :   ( 未定です )
 場 所  :旭川市民文化会館 第一会議室(2F)
       北海道旭川市7条通9丁目
       TEL: 0166−25−7331



【 秋 田 】(詳しくはこちらをクリック)

第1回 「寺沢の殉教者たち」をたたえる荘厳ミサ

 日 時  : 2006年9月4日 午後3時〜5時30分
 場 所  : 秋田県湯沢市
         雄勝寺沢地区「観音公園」内 キリシタン殉教碑にて


「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時  :
9月12日の午後8時 〜 聖体行列

        9月13日の午後1時 〜 悪魔祓いの一般的祝福
             〃   1時半〜 トリエント・ミサ
             〃   3時 〜 ベネディクション(聖体降福式)
             〃   3時半〜 ロザリオ(最大延長の場合、4時半まで)

        9月13日の午後8時 〜 聖体行列


 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762



【 東 京 】(詳しくはこちらをクリック)
 (1)東京での集会
   会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
   日 時  :(8月は夏休みです)
          9月17日(日曜日)13:00-16:30(交流茶話会のみ)
   会 場  :タワーホール船堀
        (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)   
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
         地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

 (2)横浜での集会
  会の名称 : グレゴリアンソサエティー
  日 時  : 8月27日(日曜日)13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
          9月24日(日曜日)13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
  場所  : 大倉山記念館
       (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
 http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
        東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分



【 静岡県 磐田市 】(詳しくはこちらをクリック)
   会の名称 :グレゴリオ聖歌練習会
   日 時  :( 未定です )
   会 場  :「アミューズ豊田」選手控室
        (〒438-0831静岡県磐田市上新屋304)



【 名古屋 】(詳しくはこちらをクリック) 
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :8月19日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph



【 大 阪 】(詳しくはこちらをクリック)
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」3階301室
        大阪市西区土佐堀1−5−6
        http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html



[HOME] [戻る]


(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」設立の
促進と援助のための事務所
Office for promoting and assisting the establishment of Communities
of the Order of Saint Charbel in Japan.