全世界の報道機関への公式声明 2018年5月27日 New !!
皇室についてジャン・マリー神父が神ちゃまから受けた命令!


(1)国家神道を滅ぼせ!

(2)全皇族はジャン・マリー神父から洗礼を受けること!

(3)全皇族はいっさい神道行事に参加してはならない!


昭和天皇はリトル・ペブルを支持していたので、当時リトル・ペブルを
支持していた司祭だった志村辰弥神父が昭和天皇のもとへ呼ばれて、
カトリックの洗礼を授けられて、その後崩御された。これを証言して
くれる人を探しています。リトル・ペブルを信じていなくてもかまいません。



【 ジャン・マリー杉浦洋神父の証言1 】

 ジャン・マリー神父は、故レオ・スタインバック神父様(聖シャーベル
修道会第一部門の司祭会員として亡くなった)の、メリノール宣教会時代
の秘書の人物から聞いた。志村辰弥神父様が昭和天皇に臨終洗礼をさずけ
る時、レオ・スタインバック神父様は多分身存在で、その場に神から連れ
ていかれて、いっしょに臨終洗礼をさずけた。志村辰弥神父様はその姿を
見ていた。

 リトル・ペブルさんを支持することにたちかえった志村辰弥神父様は、
東京教区の司教から聖職はく奪された。亡くなる少し前だった。神父様
は昭和天皇に洗礼をさずけたことを発表しようとした。

 すなわち志村辰弥神父様に聖職はく奪の処分をくらわした司教と
司教評議委員会のメンバーたち全員は、志村辰弥神父様が昭和天皇に
ローマ・カトリックの洗礼をさずけたことを熟知していて、もみけしを
はかったわけで、彼ら全員がこの事実を証言できる人物たちでもある。



【 ジャン・マリー杉浦洋神父の証言2 】

 1992年8月に、紀宮清子様は、カナダのケベック州の『汚れなきみ心と
ルイ・マリー・ド・モンフォール修道会』に日本から国際電話をかけ、ご自身
が聖母マリアのご出現を受けている幻視者であることを明かしました。ぼくは、
そういうことを全く知らないまま、その約五ヶ月後に、この修道会に入会しま
した。16番目の会員でした。

 食堂の本棚に、紀子様と礼宮様のご結婚アルバムが一冊あり、皇室の方々の
集合写真がありました。会員たちは、それを開いてもってきて、「天皇陛下の
娘さんは誰なんだい?」って、ぼくに聞きました。紀宮清子様を指さして示す
と、皆よろこび、「このプリンセスが、リトル・ペブルさんと一致している
幻視者だってことを、君はしっているかい?」というので、ぼくはびっくりし
ながら、「知らないよ」と答えると、皆、次のことを教えてくれました。

 リトル・ペブルさんを熱烈に応援している修道院長、ブレ神父様が、ここで、
五ヶ月前に「マリア国際フォーラム」を開き、さまざまの国から幻視者を含め
て、お客様がたくさん集まった。そのとき、紀宮清子様が、日本から電話を
かけてきた。対応したのは、いろいろな国の王室とコネクションをもっている、
フランツ・カイラーさんだった。(彼は、カナダ・バンクーバーから参加して
いる幻視者で、死ぬまでリトル・ペブルさんを支持しぬいた人)

 紀宮清子様は、「私はマリア様に会っている、マリア様から、月の第13日
に、マリア様のご出現地に行くようにと言われている。どうすればいいので
しょうか?」とフランツ・カイラーさんに相談した。

 この修道会に所属した全ての会員と、この「マリア国際フォーラム」に参加
するために世界中から集まったすべての人々が、このことを証言できます。
その数は、100人をゆうにこえますし、世界中に散らばっています。

 1994年8月に12人ほどいた日本の公的幻視者が、全員、リトル・ペブル
さんを裏切って、神から与えられた恵みと使命を失ってしまったので、神様は
皇室を動かすご計画を一時停止なさいました。



【ジャン・マリー杉浦洋神父の証言3】

昭和天皇がリトル・ペブルさんを信じるようになったいきさつ。アメリカの
幻視者トランペッターが大天使聖ミカエルからメッセージを受け取り、日本
の名門のご婦人が翻訳をし、女官の一人にわたし、その女官が美智子皇后
陛下にわたし、美智子皇后陛下が昭和天皇にわたして信じるようにたのんだ。

わたされたメッセージの内容は、日本への中国の侵略を防ぐために、聖母の
汚れなきみ心に日本を奉献することと、国旗に金の十字架をかきくわえる
(赤丸の中)こと。もし、そうしなければ日本国民の60%が殺される、と
いうもので、昭和天皇はこのメッセージを信じた。そしてリトル・ペブル
さんを信じたので、臨終洗礼をうけた。

ジャン・マリー神父は、アメリカの幻視者トランペッターと、日本の名門の
ご婦人に会って、話を聞いています。



【ジャン・マリー杉浦洋神父の証言4】

 もしも、昭和天皇が天の指示に従わず、日本を聖母の汚れなきみ心に奉献する
ことと、赤丸の中に金の十字架をかきくわえた国旗を制定しないなら、日本国民
の60%が中国に侵略されて殺されるということがおこってしまう。そしてこれが
おこってしまったときには、中国軍は日本に上陸し攻め込むことを聞いたのは、
長崎県佐世保市の駅前のラーメン屋で夜食を食べながらだった。

 アメリカの幻視者トランペッターからその話を聞くより先に、ジャン・マリー
は彼の友人である名門のご婦人に会って、リトル・ペブルさんとトランペッター
のメッセージが昭和天皇にまで届くシステムのことを聞いた。

 これは絶対の秘密事項だった。ジャン・マリーはそれを守り抜いたが、他で
そのシステムのことが漏れてしまったようで、このご婦人と日本の関係者は
ジャン・マリーが漏らしたと決めつけたので、いきなりとがめられ、叱責された。

 ジャン・マリーは修道者としての訓練を受けた人間なので、ひとことも弁解
せずにぬれぎぬをを着て、ゴメンナサイとあやまって、ことを済ました。
ジャン・マリーだと決めつけて叱責した人たちが、皆亡くなったあとなので、
マリアママから許可を得て、この事実をいま明かす。

 またジャン・マリーがオーストラリアで修道者としての終生誓願を宣立した
時、誓願式から3日後、ジャン・マリーあてのマリアママからのメッセージが
外国人の女性の幻視者に与えられ、リトル・ペブルさんのサインが与えられた
のちに、ジャン・マリーに手渡された。それで、ジャン・マリーは中国軍が
核兵器を使うことと、上陸した中国軍が日本国内で地上戦を展開することを
知らされた。




【 取材etcの連絡先 】
  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie thornbush Little John
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.com
  URL : http://charbeljapan.world.coocan.jp/



[HOME] [戻る]