全世界の報道機関への公式声明 2015年12月3日 New !!
日本におけるイスラム国のテロの計画

ターゲットは伊勢志摩、美浜原発、東京オリンピック、……



2015年12月2日 PM3:34
マリアママのご出現

ジャン・マリー司祭「マリアママありがとう。ジャン・マリーのおねだりだよー。日本にイスラムのテロの計画が、もしあるとしたら、その日付、場所、誰がどこで、どうやって手段とか、1回なのか2回なのか、3回なのか、それをおしえてほしいんだけど?」

マリア・アントニア「今ちょっとヴィジョンがあって、空を飛んでて、その空を飛んでいるっていうのが戦闘機で、海の上を飛んでいて、三重県の(私はもともと名古屋の人間だから三重県の地形にはおぼえがあった)伊勢志摩のところだと思うんだけど、もう1機、となりに戦闘機が飛んでいて、片方は、たぶんサミットが開かれる予定のところ。私は良く知らないんだけど、その志摩のところに向かって飛んでて、一方の私が近くで見ている戦闘機が向かっているところというのは、原子力発電所、美浜原発だと思うんだけど、その戦闘機が核弾頭をつんでいる戦闘機みたいで、戦闘機の表側のボディのところにイスラム国のサウジアラビアとかだと思うんだけど、サウジアラビアという国旗だということがわかってとてもびっくりしている。だってサウジアラビアと日本はとても良い関係で、親日的なところがあると聞いているから、私が見間違えたんじゃないかって思ってるぐらい。でも、私の個人的な感情は抜きにしないといけない。見たまま、与えられたままのヴィジョンを伝えないといけないから、個人的にはちがうんじゃないかって思う。国交が50年ぐらいあって良い感じだと聞いている。でも見たまま、与えられたまま伝えないといけないから書いたよ。そういう国旗がはってあって、2つの方向に2手に分かれて飛んで行くんだと思うんだけど、そのあとに、また今ちょっと画面が変わったというか、それで違うところを別の同じ戦闘機なんだけど、機種は同じで別の戦闘機がいて、今度はオリンピックの・・。東京オリンピックの会場だと思う。そのマラソン大会がある予定のところで、たくさん人がいるところへつっこんで行く感じ。戦闘機でそのままつっこんでいくという事なんだと思うんだけど、それで今、映像はそこで終わったんだけど、今マリアママが来てくれていると思うんだけど、まだ声は聞こえていないんだけど、字幕で出てきていて、字幕を読みます。日本人の多くはテロという事はありえないというふうに考えています。日本人自体も多くそうですが、日本という国をターゲットにしても何の益もないというふうに、日本の国民自体が思っています。専門家の立場、そして外国の戦争のいつもおこっている国からすると、とても危険な状態です。本当に平和ボケをしています。イスラム国の人たちは、まじめに日本をつぶさないといけないと考えています。日本の国民自体が、あるはずがないと思って笑っています。そしてそれをねらって中国も日本をのっとろうとねらっています。」

マリアママ「この・・。(今は声も聞こえてきている)今のヴィジョンなどを公表したときに、実際にあったからという事とか、あれはなかった、やっぱりおきなかったという、そういう問題ではありません。あったほうがいいのですか?これは呼びかけをしているのです。寝ている人は目を覚ましてください。遠い国の出来事ではありません。実際におこりうるのです。あったから信じるという事をしないでください。」

ジャン・マリー司祭「マリアママ、これはYoutubeで出すの?えっと横田基地の情報収集部隊あてでいいの?自衛隊あてでいいの?警察あてでいいの?また警察にいくの?伝えるべきなの?ほうっておくべきなの?どういう扱いをすればいいの?」

マリアママ「かわいい息子の質問に聖母がお話します。Youtubeに出すことはかまいません。そして横田基地をはじめ、警察などに伝えることについては、先ほどもお話しましたが、はなから信じる事はしません。信じないまま、今まできました。今までのようにクララ・ヨゼファ・メネンデスのブログ、そしてコルベ・マリー・ジョンの作っているホームページに通常どおりに出してください。そしてここからはわが息子の判断にまかせますが、警察関係も情報は収集していると思います。あらためて情報提供を願われたら話してください。わが息子を祝福します。父と、子と、聖霊との御名によりて、アーメン。これからもいい子でいてください。

状況説明:
今日のマリアママのご出現は、ヴィジョンがあって・・。練習ですっていう事を教えてくれて、私は今まで本当に自分でもこんなにもありえないと思っていたし、でも指導司祭がいるので、信頼してついていく事をもっとしなくちゃいけないって思ったし、ジャン・マリーがいるからまちがった判断をしなくてもいいというか、すべて判断をまかせることが出来る状況だから安心できるから、心配することは間違いなんだなってあらためて思ったところ。そして前に見たヴィジョンを、もう1回見せてくれて、そしてテロに関することもおしえてくれた。とてもリアルな映像だった。あんなにはっきり国旗が見えて。すごくどうようもしていて、すごく友好的な国だと聞いているから、なにかのまちがいじゃないかって思ってしまったりした。マリアママが今日もやさしく話してくれたけど、最後に姿を見せてくれて、直接、祝福をしてくれた事がすごくびっくりしている。うれしかった。すごい事がおきているなって思っているところ。

追加の説明:ジェット戦闘機の右の主よくの真ん中あたりにちょこんとすわって見ている視点で見せられていたから、後ろにある垂直尾よくは見せられなかった。垂直尾よくは1枚か2枚かはわからなかった。ジェット戦闘機にのせられる小型核弾頭を積んで、体当たりの自爆攻撃をしようとしているところ。ちょうど日本の陸地が見えて突入するところ。
東京オリンピックのマラソンコースの沿道の路上で、人がたくさんあつまったところに、ジェット戦闘機が見えてきてつっこんでいき、つっこむ寸前までを見せられた。同じ機種だった。
サウジアラビアの国旗、アラブ系の人がサウジアラビアの国旗を持って立って写っている写真がのった記事を見た。新聞にのっていたものを見た。その時の国旗と同じだった。
伊勢志摩のことについては、私が知っているところで、地図に見覚えがある地形だった。



2015年12月3日
ジャン・マリー杉浦洋神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ


【 取材etcの連絡先 】
  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie thornbush Little John
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.com
  URL : http://charbeljapan.world.coocan.jp/



[HOME] [戻る]