全世界の報道機関への公式声明 2015年10月11日 New !!
私は活ける(いける)パンである!



獣のフランシスコにけんかを売る公のメッセージ
2015年10月11日 PM1:00
イエズスのご出現
 私は活ける(いける)パンである。私はただのパンではない。今のカトリックの信者のほとんどが何も思わず、ただ儀式的なものとして私を受ける。そんな形だけの聖体拝領を私は悲しんでいる。見かけだけのことならば、初めからミサをしないほうが良い。私を受ける気持ちがとても希薄である。私はそんな人たちの中に入る事はいやである。まともな告解をしていないのに、適当に2つ、3つ告白をしただけで、司祭のほうも、ただ聞いてうわべだけの許しを与えて終わってしまう・・。いや、もっと今の信者は告解すら行かずに私を受ける。

 聖職者や修道者、一般の信者模範になるべく者たちが、適当にミサをする。それを一般信者たちも正しいと思って従ってしまう。とても責任が重い。私は何のためにミサをあなたたちに託して(たのむ)いったのか、もう一度思い出してほしい。これは、ただのお遊戯(おゆうぎ)ではない。

 司祭は1人1人集中して命がけでする、本来の姿にもどってほしい。自分の事だけを考えて、ただ過ごせばいいという、注目をあびるだけの行動になってしまっている。そんなところに私はいると思うのか? 今、たくさんの聖職者が地獄に落ちている。落ちたあとに気がつく、それではおそい。

 私はいつも耐えている(がまんしている)だまってされるままになっている。とても忍耐している。私を受ける時に、なぜ手のひらに受けるのか? なぜ聖体拝領の時、自分の手のひらをわざわざ使うのか。そんな事は必要なかったはずである。

 神学者、聖職者そして周りに影響を与える身分の今の腐敗した教会の司祭、一般信者に影響がある者たちに、もう一度言う。「私は活ける(いける)パンとして、皆のところにとどまっている。」ただのパンなのか? 私は薬なのか? ただ決められた時に儀式的に飲めば良いだけなのか? 私を拝領しにくる人々の様子を見ていると、とても苦しいものがある。片方ではミサのあとの事をずっと考えている者、またある者は自分の見られかたをずっと気にしている者、こちらにだれ一人、集中して心からあずかる者はほとんどいない。私はおりの中にいる動物なのか、私の前でさわぐだけさわいで帰って行く。

 だれが私をなぐさめてくれるのか。司祭も私に背を向けてしまっている。そして私はどんどんすみに追いやられて独りでいる。ここは社交場にいつからなったのか。私に会う目的で来るのでなければ、どうか好きなところに行って楽しんでほしい。

 自分は良いキリスト信者と思っている人たちに言う。何も知らない若者たちのほうが、よほど私を大切にしてくれる。ここは集会所ではない。もう一度言う。私はただのパンではない。私を受ける時には、本当にへりくだって受けてほしい。私は皆の心を良く見ている。多くの人の心の中に、我慢をして入る。そんな人たちの中に入りたくはない。どうかもう一度、自分たちが洗礼を受けたばかりの頃の熱い心に戻ってほしい。特に一般信者の模範になるべく聖職者たちに言う。今日はこのことを言いたくて来た。

イエズス
「わが息子の考えている事をそのまましてほしい。祝福する。父と子と聖霊とのみ名によりて、アーメン。」

状況説明:
えーっと、今日のとても悲しんでいるイエズス、すごくさみしそうな感じだった。で、何をやっているんだっていうことを言いたそうな声だった。今日はご出現の声を聞いていた時に、ヴィジョンがあって、イエズスのご聖体の位置から信者の席を見ている、そういう視点で、司祭が信者のほうを向いてミサをしている。イエズスに背を向けてミサをしているっていうのを見せられて、そういう映像を見ながら聞くという感じだった。



2015年10月11日
ジャン・マリー杉浦洋神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ


【 取材etcの連絡先 】
  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie thornbush Little John
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.com
  URL : http://charbeljapan.world.coocan.jp/



[HOME] [戻る]