全世界の報道機関への公式声明 2015年9月17日 New !!
「アッバお父ちゃん」と「イエズス」から、男であれ女であれ、素っ裸になりたい性癖がある人に。



「ホテル、又は清水小屋でなら素っ裸になるところまでは自由にしたいようにしなさい。洗礼式も堅振式も聖体拝領も、告解もミサも霊的指導も団らんもディスカッションもティータイムも食事も、素っ裸のままでいい。そのままで楽しくお話できる。」だって。

 ところでアッバは赤ちゃん言葉のお父ちゃんだよ。天主(てんしゅ)と呼ばずにアッバお父ちゃんと呼ぶのは、イエズスがそう呼んだからだよ。こわくないよ、やさしいよ。裁かないよ、ゆるしてくれるよ。遠くにいる人じゃないよ。めっちゃくちゃ近くにいる人だよ。

条件はね、
・18才以上であること。
・ここの人とお客さんだけの、外部の人をシャットアウトした閉じられた空間であること。
・ぼくたちは全員、服を着ていて、お客さんだけが素っ裸になること。ぼくたちのだれも裸になることはありません。


 9月14日のご出現でイエズスはこう言ってくれたんだよ。「洗礼、堅振、聖体拝領、これからの人たちがとる行動の中にあるであろう裸になる事に関して、はじめにどういう性癖があるかどうか聞くと良い。そして裸になりたければ自由にさせるのが良い。したいようにさせてあげなさい。裸になる事以外にも、とんでもない望みを出してくる者が出てくると思う。それでも裸になるところまではしたいようにさせてあげてほしい。」って。

2015年9月17日
ジャン・マリー杉浦洋神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ


【 取材etcの連絡先 】
  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie thornbush Little John
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.com
  URL : http://charbeljapan.world.coocan.jp/



[HOME] [戻る]