全世界の報道機関への公式声明 2015年9月4日 New !!
第3次世界大戦がはじまる日付は、2017年の7月13日!

フランシスコ法王は「子羊の角に似た二本の角がある獣」(黙示録13章11節) 「偽預言者」(黙示録16章13節)である!


 2015年9月3日、リトル・ぺブルの清水小屋共同体に初代ローマ法王のぺトロにーちゃんが来てくれたよ。リトル・ヨハネであるぼくに、フランシスコ法王は獣だっていうことを発表しろだって。

 では、ヨハネの黙示録の16章12節を見てみよう。「日の出る方角から来る王たちの道ができた。」その王たちとは中国とロシアのことなんだよ。続いて13節を見てみよう。「竜の口から、獣の口から、そして偽預言者の口から、蛙(かえる)のような汚れた三つの霊が出てくるのを見た。」竜とは共産主義者たち。獣とはロード・マイトレーヤという反キリスト。偽預言者とはフランシスコ法王という子羊の角に似た二本の角がある獣のことなんだよ!彼らに決して耳をかしてはいけないよ!

 続いて14節を見てみよう。「これはしるしを行う悪霊どもの霊であって、全世界の王たちのところへ出て行った。それは全能者である神の大いなる日の戦いに備えて、彼らを集めるためである。」これは第3次世界大戦のことなんだよ。獣のフランシスコは、反キリスト、つまりルシファーが人間になった存在であるロード・マイトレーヤにつかえ、全人類にそいつを神として拝ませるという記事が黙示録の13章11節から17節にあるんだよ。

 さて、リトル・ヨハネの予測をそのまま出すよ。中国とロシアが第3次世界大戦をはじめるのは、2017年の7月13日。なぜならフランス革命の予言が与えられた日から成就した日まで、ぴったり100年だったからだよ。まさにその月のその日に革命がはじまったんだ。第3次世界大戦が予言されたのは1917年の7月13日、ファチマ第三の予言の中でなんだ。あと1年数ヶ月で100年になる。どんなに残り時間が少ないか、びっくりしたかい?

 その時、日本は中国から侵略され、中国軍によって国民の60%が殺されるってマリアママが言ってる。皇室が、ぼく、リトル・ヨハネに聞き従い、明仁天皇とマリア美智子皇后が日本をマリアママの汚れなきみ心におささげし、赤い日の丸の中に金の十字架を画き足した国旗を制定することによってのみ、中国の侵略を神ちゃまがくいとめてくれるんだよ。

「ファイナル・アポカリプス」とはね、品行方正な人々が神ちゃまの呼びかけに答えなかったので、とうとうアポカリプスのシナリオが変更されて、役割を担う人々が総入れ替えになった最後のシナリオっていうこと。そのシナリオっていうのは、不品行不方正の人々が、リトル・ヨハネであるぼくに導かれて、神ちゃまの最終的な勝利のために戦う「光の戦士」になるっていうことなんだ。

 初代ローマ法王のペトロにーちゃんは、ぼく、リトル・ヨハネとともにいてくれる。敵である獣のフランシスコと戦うために、ぼくのもとにみな集まれ!


2015年9月4日
ジャン・マリー杉浦洋神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ

〒012-0106
秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」
ジャン・マリー杉浦洋 神父
Father Jean-Marie thornbush Little John
TEL/FAX: 0183−42−2762
Eメール:charbeljapan@nifty.com
URL : http://charbeljapan.world.coocan.jp/




獣のフランシスコにけんかを売る公のメッセージ
2015年9月3日 PM3:45


ペトロにーちゃんのご出現
ペトロにーちゃんから獣のフランシスコに


「神の定めたまい給うた事を変えてはいけない。」と聞こえてきた。ローマカトリックの最も神に近いところにいる立場を利用して、いろいろな、神の定めたまい給うた事を変えてはいけない。ここでは教皇の不可謬性などという言葉は使わないでおく。難しい事は言わないでおく。教皇の立場というものは、最も神に近いところにいる。本当に忠実なしもべであるならば、われらのイエズスが地上におられた時に伝えていってくださった事を忠実に守っていかなければいけない。具体的な例をあげると、婚姻の秘蹟に関する事、そして離婚を認めようとしている動き、そして堕胎に関する事、そして同姓婚の問題、こんな時代だからとか、複雑な問題がからんでいるから・・とか、人間の都合で変えてはいけない。教皇の発言はとても重要で、カトリックの洗礼をうけていない、真の神の存在を知らない人達にまで影響がある。ひとこと、ひとこと、正しく伝えなければいけない。いつからねじ曲げる事が出来るようになったのか。私はイエズスから直接、初代の教皇に命じられた。そしてイエズスが再びこの地上にもどって来てくださる時まで、守り続けていないといけない事を、守り通さなくてはいけない。主人がいつ戻ってくるのか、あなたがたは知らない。でも気を抜いてはいけない。昔から決められた、変えてはいけない言葉を、今風に変伝えて、えてはいけない。そして、この人はいい人だとかをそんな事はどうでもいいことである。真実を伝えて、だめなものはだめだとはっきり伝えなくてはいけない。人々をせんどうするためにだけ都合を合わせて、ねじ曲げたものを伝えてはいけない。多くの霊魂が地上での生活を終えた世界では、自分がどれだけ過ちを犯していたか、という事に直面する。今生きている間の事だけを考えて生きるという事は間違っている。あざ笑う人がいれば、そのまま放っておけばよい。三位一体の神であり、そして私たちのために普通の人間としてへりくだってこられた。とてもやさしい方である。そんなイエズスを、また何度十字架にかければ気が済むのか。もう一度言っておくが、教皇という立場は最もへりくだって、皆のために行動しなくてはいけない立場である。思い上がってはいけない。いつから自分の考え方で判断して、人に決定を下すようになったのか?私はとても悲しい。最後の最後までイエズスがあわれみをかけて待っておられる。とても真似の出来ない寛大さで、いけにえとしてささげられようとしている子羊のように、また静かに堪えておられる。真実は1つという事を考えてほしい。」

ペトロにーちゃんからジャン・マリ−神父に
「前に私が出したKeyword「final apocalypse」をもとに聖書やいろいろな本を読んでくれていると思う。そしてわが息子ジャン・マリー司祭が予測として言った事がある。その言葉をそのまま出してほしい。黙示録の中を読んだ時に予測した言葉である。私の祝福をジャン・マリー司祭に与える。」
JM司祭「父と子と聖霊との御名によって、アーメン。」

「ますます戦いは激しくなるが、めったに沈む事のない船に私も乗っている。だから今までと同じように勇敢であり続けてほしい。以前に約束した通りにリトル・ヨハネをサポートしていく。リトル・ヨハネを助けていくという約束を果たしていっているので、これからも信頼して進んで行ってほしい。」決着をつけた。「誰?」って聞いて、めでたしを祈って待っていると、「わかっていると思うが、ペトロが今日は話をしに来た。」決着をつけた。「ほかにあるか?」と聞いて、めでたしを祈ってまっていたけど何もなかった。

状況説明:
今日は初めて、1時間近くのご出現を体験した。ペトロにーちゃんの声は、元漁師という、いかにも何か嵐の中でも舟をあやつる、そういうたくましさを持った声だった。そして今の教会の事を嘆いて、せっかく作ったのに守ってほしいと思っていたのに変えられてしまって、イエズスがいつ帰ってくるか知らないのにいいかげんにしていて、ペトロにーちゃんの後継者なのに「自分の後継者がこんなふうになってしまった・・」と嘆いているような感じだった。ジャン・マリーに対しては、他の話にならないほどのわからずや達、いわゆる頭のいい人たちは放っておいていいから、助けるからそのままで行ってほしいと言っているような感じがした。今回のペトロにーちゃんは、教会の初代教皇としてのひとこと言わせてちょ!っていう感じだった。


【 参 照 】

 かつて、フランスをフリーメーソンがのっとり、フランス全土が虐殺と処刑の血に侵されたのが、フランス革命でした。神はそれを避けさせるために、1689年6月17日、聖マルガリタ・マリア・アラコックを通して、いまの日本と同様のことを、フランス王に命じました。その内容は、
 ◆イエズスの聖心(みこころ)に、フランスを公的に奉献し、
 ◆イエズスの聖心を、フランス国旗、軍旗、王の紋章に描き加え、それを制定するように、というものでした。
 ルイ14世も、ルイ15世も、ルイ16世もこれを拒否しました。神がお命じになってからまさに、ちょうど100年たったその日、1789年6月17日、第三身分が決起し、神が避けさせたかった悲劇が起こってしまいました。神の限りないあわれみを拒絶した結果です。

 全世界の報道機関への公式声明(2) 2009年11月30日
「平成天皇と皇后陛下が、中国の日本侵略に対して成すべき事」
 もし、平成天皇と皇后陛下が、
 ◆ 聖母の汚れなき御心(みこころ)に、日本を公的に奉献し、
 ◆ 日の丸の中に金色の十字架をあしらった旗を、国旗として制定するなら、
 神は、中国からの日本侵略を免れさせてくださいます。
 http://charbeljapan.world.coocan.jp/pr_091130_heika02.html


「2012年の戦い」への召集令状 − 2010年11月14日 −
イエズスの許可のもとに、リトル・ヨハネが、ヨハネの黙示録の真実を公表する時がきた!!
 http://charbeljapan.world.coocan.jp/pr_101114_jhon.html


 全世界の報道機関への公式声明 2007年11月9日 New !!
 檄文 日本の右翼と神主の若者たちへ
 http://charbeljapan.world.coocan.jp/pr_071109_uyoku.html



[HOME] [戻る]