全世界の報道機関への公式声明 − 2010年11月14日 − New !!


「2012年の戦い」への召集令状
イエズスの許可のもとに、リトル・ヨハネが、
ヨハネの黙示録の真実を公表する時がきた!!


全ての人よ! カトリック(旧教)、プロテスタント(新教)、オーソドックス(正教)等の既存のキリスト教会に行くな! 絶対に行くな!

「自殺志願者」よ! 「ひきこもり」よ! 「同性愛者」よ! 「性転換した人」よ! 「性同一性障害の人」よ! あらゆるタイプの「性的な罪に苦しむ人」よ!

神はあなたたちが、最精鋭の戦士になる、仰天のシナリオを書いた。

キリスト教会にではなく、リトル・ヨハネ、コルベ・マリーについて来い!






「聖書を知っている人や、教会に行っている人へ」

 世界中の既存のキリスト教会は、「2012年の戦い」以後、プロテスタントも、正教も、ローマカトリック教会とともに、ルシファーを礼拝するのだ。


「わたしの民よ、彼女から離れ去れ」(黙示録18章4節)
今、この声をリトル・ヨハネが響かせる時が来た!



「豹に似ている獣」(黙示録13章1節)とは、1966年6月6日に生まれた「受肉したルシファー」、人間の体の中に、人間の霊魂が存在せず、そのかわりにルシファーが存在する「ロード・マイトレーヤー」だ。

「子羊の角に似た二本の角がある獣」(黙示録13章11節)とは、2011年に選ばれるローマ法王だ。

 あなたがルシファーを礼拝させられないために、カトリックであれ、プロテスタントであれ、正教であれ、既存のキリスト教会に行くな!



 あなたの教会の動産も不動産も、「666の獣の数字」(黙示録13章18節)の刻印であるマイクロチップの人体埋め込みの時、世界統一宗教にぶんどられる。だからあなたは、リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」の「家の教会」を準備することに全力を尽くせ。

 あなたのためには「白い小石」(黙示録2章7節)と「白い衣」(黙示録3章5節)、すなわちリトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」がさしだされている。

 神は、あなたの教団、教派、教会、修道会ではなく、旧約の預言のとおりに、終わりの時の最後の戦いのために、「失われた10部族」を用いた。日本人によって、リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」をたてさせた。これからも「失われた10部族」を神は用いる。

 修道会の会員は、たとえ、終生誓願をたてていても、あなたの会を退会して、リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」にはいれ! これが神の命令である。あなたの誓願は神を礼拝する行為だ。ルシファーを礼拝させられるのに会にとどまってはならない!



2010年11月14日

ジャンマリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ






「同性愛者、性的に苦しんでいる
 人たち、性的罪に苦しんでいる人たちへ」



2012年の戦いがはじまる。

同性愛者、性的に苦しんでいる人たち、性的罪に苦しんでいる人たち、みんな、既存の教会に絶対行ってはいけない。

2011年には、ベネディクト16世教皇は亡くなって、ヴァチカンには偽教皇が立ち悪魔の頭、ルシファーである反キリストが、ロード・マイトレーヤーとして、メシヤ、全人類の救い主として公に現れ、全ての宗教を統一して、自らが神としてたちます。

カトリック教会も、プロテスタント教会も、正教会も、イスラム教徒も、仏教徒も、そしてすべての宗教団体は、ロード・マイトレーヤーを神として拝みます。

そして、彼は、世界統一政府をつくり、世界統一経済を樹立して、666のしるしを全人類につけ、支配するのです。それは、人類を地獄に根こそぎ連れていくためなのです。

カトリック教会の中心部は、悪魔を神として礼拝するフリーメーソンが乗っ取り、今にも腐って落ちようとしているのです。カトリック教会は、聖書の黙示録にでてくる大淫婦です。既存の教会、カトリック教会やプロテスタント教会に、いったならば、地獄に連れて行かれてしまいます。もうすでに、既存の教会、カトリック教会やプロテスタント教会は、真理も救いも愛も何もかもなくなって腐っておちるばかりなんです。

既存のクリスチャンといわれる人々は、イエズスを悲しませ、なんども十字架にかけているのです。
彼らは、聖なる雰囲気をかもしだして、人を欺いているのです。
カトリック教徒は、手による聖体拝領をして、神ちゃまを侮辱しまくっているのです。
もうカトリック教会は、手の施しようも無く、腐って落ちるのです。
ずーっと、同性愛者や性的な罪に汚れた人たちを拒否し、軽蔑してきた彼らには、愛など無いのです。
既存の教会のキリスト教徒は、悪魔の手先となって、悪魔の働き手となり、悪魔を礼拝します。

だから、だまされてはいけません、既存の教会は、悪魔を拝むようになるのです。
彼ら、信徒たちは、自分達は清く正しいことをしていると言ってはばからないでしょう。
しかし、彼らこそ、神ちゃまを、悲しませ、イエズスを十字架に何度も架け、マリアママは血の涙を流し続ける元を作り出しているのです。


だから、既存の教会には絶対に行かないでください。

ここ、リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」が、同性愛者、性的に苦しんでいる人たち、性的罪に苦しんでいる人たちの居場所です。

神ちゃまは、2000年間キリスト教徒たちから、見下され、軽蔑され、疎外されてきた、同性愛者、性同一性障害や性転換した人などの性的に苦しんでいる人たち、さまざまな性的罪に苦しんでいる人たちを最高に用い、最高に高め、そして最高に輝かせてくれます。



神ちゃまのために、もっとも最高に活躍する人たちが、同性愛者、性的に苦しんでいる人たち、性的罪に苦しんでいる人たちなんです。
神ちゃまは、愛とあわれみとゆるしの方です。
そして、同性愛者、性的に苦しんでいる人たち、性的罪に苦しんでいる人たちを、あなたがたみんなを誰よりも、特別に、超愛してくれているんです。
そして、イエズスは、同性愛者、性的に苦しんでいる人たち、性的罪に苦しんでいる人たち、売春婦のとこころに、慰めをもとめに行くと言っています。


神ちゃまは、ここ、リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」に、「同性愛のカップルの誓願」という神ちゃまからの特別な恵みとして、人類史上初のまったく新しい、制度を示してくれました。同性愛者を特に神ちゃまが愛しているという証拠なんです。同性愛者や様々なタイプのカップルで、生涯、相互に愛しあう、ということを誓い神ちゃまに誓願をたてることで、多くの祝福と恵みがあります。


セックスを毎日しまくりでも、オナニーをしまくりでも、変態行為をしまくりでも、毎日、体を売っていて仕事を続けていても、まったくかまいません。

みんなが、リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」にきて、ぼくらと一緒に戦うということが、神ちゃまをとっても喜ばせるんです。

リトル・ペブルさんとジャンマリー神父を信じて、ただ信頼してついてくればいいのです。
何の知識もいりません。どうしようもないほど罪によごれ腐ったならず者でいいのです。
それだからこそ大歓迎なんです。神ちゃまは、超最低最悪だからこそ超愛してくれる方なのですから。

神ちゃまは、神ちゃまのために働いたぼくらを、よしよし、私のためによくやったってくれた、さあおいでと喜んで天国に迎えてくるんですから。

同性愛のみんな、性的に苦しんでいる人たち、性的罪に苦しんでいる全ての人たち、
「光の戦士」として、白いリトル・ペブルドレスを着て、悪魔の頭、ルシファーであるロード・マイトレーヤーとその軍団を倒すために戦おう。







「ひきこもり」「登校拒否」
「対人恐怖症」「うつ病」「自殺したい」人たちへ

コルベ・マリー・ヨハネ からの手紙


 ぼく、コルベ・マリー・ヨハネは、「ひきこもり」「登校拒否」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺したい」人たちの指揮官として、神ちゃまから使命をうけている。

 ぼくたちは、世間の人々から「無価値なもの」「お荷物」「死んでしまえ!」とレッテルを貼られているが、実は神ちゃまから誰よりも愛されている存在であり、「マリアママの光の戦士」の「最精鋭部隊」として呼ばれていることを知ってほしい。

 いまのまんまのみんなで、「マリアママの光の戦士」として大活躍できるんだよ!

 自分たちの霊魂の救いだけでなく、悪魔の餌食になってしまっている多くの霊魂たちを、悪魔の手から奪い返し、神ちゃまが用意してくれている「天国」で、永遠のしあわせにともにあずかることができるんだよ!




 親や先生、世間の人たちがふりまわしている価値観は、全部「うそっぱち」だよ! まったく逆なんだ! 神ちゃまは弱ければ弱いほど、悪ければ悪いほど、それをはるかに上まわって、ぼくたちを限りなく愛してくれているんだ。

 そして神ちゃまは、限りなくやさしく、誰よりも強いマリアママ(聖母マリア様)を、みんな一人一人に与えてくれているんだよ。

 マリアママは、みんなのことを絶対に見捨てない。いつもいっしょにいてくれて、みんなのことをやさしく抱きしめていてくれるんだ。

 だから、ちっちゃい子の言葉でマリアママとお話しするんだよ。「マリアママ、助けてね!」「マリアママ、いつもいっしょにいてね!」「マリアママ、ぼく(わたし)、とってもつらいの……」ってね、みんなのすべてを、幼な子の言葉で、やさしいマリアママにうちあけるんだよ。

 そうすればマリアママは、みんなが知らないうちに、やさしい神ちゃま、救い主であるイエズスのところに連れていってくれるんだよ。



 みんなは、ひとりぼっちじゃないよ。生まれた時から、神ちゃまは、マリアママは、みんなのことをギュッと抱きしめて、愛して、守ってきてくれていたんだ。そして、これからも神ちゃまは、マリアママは、みんなのことを絶対に見すてたりはしない!!

 このことを知って、幼な子になって、マリアママに「マリアママ、助けてね!」「マリアママ、いっしょにいてね!」って、お話ししてほしい。これが本当の「祈り」だよ。そして、「神ちゃま、ごめんなちゃい。こんなぼくだからこそ、こんなわたしだからこそ、愛してくれるもんね! ゆるしてくれるもんね! 救ってくれるもんね!」って言うんだよ。

 そして、恐れないで、「マリアママの光の戦士」として立ち上がってほしい。日本の運命を、世界の運命をになっているのは、他ならぬ、「ひきこもり」「登校拒否」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺したい」みんな一人一人だからだ。



 いまのまんまのみんなで、神ちゃまの最精鋭部隊になれるんだ。やることは、たった2つのこと。

(1)幼な子になり、マリアママによりすがること。

(2)ジャン・マリー神父とリトル・ペブルさんを、正々堂々と「私は、彼らを信じる。彼らは神ちゃまが立てた、まことの預言者、マリアママの使徒たちだ!」と宣言すること。

 これだけで、みんなは、ばくだいな数の霊魂たちを救うことができるんだ!





 さて、みんなに、ぼくたちがいま生きている時代の現実をはっきりと把握するために、以下の事実を肝に銘じてほしい!


 地獄は実在する! 今、死ぬ人の10人のうち9人が、自ら望んで、神ちゃまが永遠にいない世界、つまり地獄を選んでいる。すでに地獄の王、ルシフェルは肉体をもって、この地上をあばれまわっている。彼の名は反キリスト、ロード・マイトレーヤである。

 これはキリスト教世界だけの話ではない。むしろ、日本人であるぼくたち全員の、非常に近い将来に直結する重大な話である。

 神ちゃまは、ぼくたちに教えてくれている。もし、みんながこのままの生き方を「よし」として生きるなら、日本は関東・東海・南海地震、富士山の大爆発etc の大自然災害におそわれたあげく、共産中国軍の侵略をうけ、日本国民の60%が虐殺される。

 そして、最終的に日本全土は海中に没し、日本という国そのものが消滅してしまうんだ。

 これは、遠い未来のSF小説などではない。早ければ数ヶ月以内、遅くとも2〜3年以内に実現してしまう、おそろしい現実のシナリオなのである。

 この戦慄すべき現実に対して、神ちゃまは、日本全土が救われるだけでなく、「日本が全世界の光となる」、偉大なご計画を提示してくださっている。

 反キリスト、ロード・マイトレーヤは、自らを「再臨したイエズス」「再臨したマホメット」「再臨したブッダ」etc として宣言し、全世界の人々の前で大いなる不思議をおこない、世界統一政府、世界統一宗教を樹立する。ナチスドイツのヒトラーをはるかに上回る恐怖の支配をおこない、彼を礼拝しない者は皆殺しにされ、彼に従う者すべてを最終的に永遠の地獄にひきずりこむ。

 反キリスト、ロード・マイトレーヤに打ち勝てるのは、彼を打ち倒し、永遠に地獄に閉じ込める2つの鍵を、神ちゃまからいただいたリトル・ペブルさん、つまり「最後の教皇 リトル・ペトロ・アブラハム2世」と、リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」の、「ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ」、この2人だけである。



 神ちゃまのご計画は、ぼくたち日本人の中でも、弱い人、悪い人、見捨てられた人たちが、ジャン・マリー神父とリトル・ペブルさんのもとで、「マリアママの光の戦士」として立ち上がり、

(1)天皇陛下と皇后陛下が、日本を「マリアママのけがれなき御心」に奉献し、

(2)天皇陛下と皇后陛下が、日の丸の中に金色の十字架をあしらった、新しい国旗を制定すること。


 そうすれば、神ちゃまは全能の力で、共産中国軍の侵略を阻止し、「日本を世界の光としてくれる」と、約束してくださっているんだ。




--------------------------------

「……傲(おご)る思いの人々を散らし、権力者をその座からおろし、低い人々を高め、飢えた人を良いもので満たし、富む人を空の手で返されます。……」(ルカ福音書 第1章46節〜55節)

--------------------------------

 神ちゃまの不思議は、既存のローマ・カトリック教会、プロテスタント教会、世間のいわゆる「よい人々」を用いないで、逆に、世間から見すてられた人、弱い人、悪い人を用いることである。

 それはなぜか? すべての人間は、無限の愛である神ちゃまから創造され、一度きりの人生を、永遠の無限のしあわせにあずかることができる「天国」に入るために生きるはずであった。

 しかし、「時の終わりの時代」といわれる今、クリスチャンと自称する人々、特にローマ・カトリック教会の人々は、ルシフェルの提供する「世間の精神」に妥協して、神ちゃまの愛に背を向けてしまった。

 残念ながら、今や、ヨハネの黙示録にあるとおり、既存のローマ・カトリック教会を「大淫婦」「大バビロン」と呼ばなければならないのである。

 今、バチカンにおられるベネディクト16世は、まことのパパ様、最後から2番目の教皇様である。しかし、彼の死後、コンクラーベ(教皇選挙)で選ばれる教皇は、神ちゃまの選ぶ教皇ではない。フリーメーソンの教皇、歴史に残る反教皇である。

 反教皇は、すでに堕落してしまっている既存のローマ・カトリック教会に、反キリスト、ロード・マイトレーヤを「再臨したイエズスだ。彼を礼拝せよ」と命令する。

 世俗的精神に毒され、裏切り者となってしまった既存のローマ・カトリック教会をはじめ、既存のクリスチャンたちは、同様に反キリスト、ロード・マイトレーヤを歓呼をもって迎えるであろう。

 これら、自称「聖なる人たち」「よい人たち」が切に望むのは、この世の成功、富、権力、名誉、快楽、ルシフェルと悪魔たちが提供する、地獄へとまっしぐらに進む道である。

 これに反して、神ちゃまが与えようとしている、永遠の無限のしあわせである「天国」への道は、苦しみ、悲しみ、はずかしめの十字架の道である。



 それゆえ、「ひきこもり」「登校拒否」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺志願者」であるみんなは、実はこれら自称「聖なる人々」よりも、天国に近いんだ!

 みんなが日々あじわう孤独感、苦しみ、悲しみ、絶望感を、十字架に釘づけにされたイエズスと一致して、マリアママを通して、多くの霊魂たちを救う「天国の金貨」にかえることができるんだよ。

 世間はみんなをあざけり、罵倒(ばとう)するけど、神ちゃまの価値観は、世間の価値観と正反対なんだ。

 いかに世間が、みんなのことを不当に裁いていることか! どれほど冷酷に見下して、みんなのことを絶望へと追い込んでいることか! これら世間の価値観は、悪魔に誘導された「うそっぱち」そのものなんだ! そんなものに義理だてする必要は、これっぽっちもない!



 そうじゃない! みんなは、みんなの弱さ、悪さ、みじめさのゆえに、神ちゃまから誰よりもはるかに愛されている! これが真実なんだ。

 それだけじゃなくて、みんなのまわりの人々は、みんなの存在を通して、より多くの祝福を神ちゃまからいただいているんだ。みんなの存在自体が無価値どころか、「無限の価値」をもっている! これが真実なんだ。



 みんなが「神ちゃまから限りなく愛されているんだ」ってことを知って、だれが何と言おうと、マリアママによりすがって、「マリアママの光の戦士」として立ち上がってほしい。

 ぼく、コルベ・マリー・ヨハネは、今でも「ひきこもり」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺志願者」だけど、23年間、マリアママによりすがって、戦い続けてきたんだよ。みんなには、リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」の仲間たちがいるよ。

 恐れないで、立ちあがろう! その勇気も力も、マリアママが与えてくれるから、心配しないでね。

 ぼく、コルベ・マリー・ヨハネについておいで!




2010年11月14日

コルベ・マリー・ヨハネ







【 取材etcの連絡先 】
  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」

  ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ
  Father Jean-Marie thornbush Little John

  コルベ・マリー・ヨハネ
  Kolbe-Marie Joanees

  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.com
  URL : http://charbeljapan.world.coocan.jp/



[HOME] [戻る]