ベネディクト16世教皇へのオープンレター 2010年11月11日 New !!


あなたの死は間近です。来年です。
2011年にあなたは死にます。
私は、あなたにやるべきことをやって欲しい。







* 手の聖体拝領を禁じて欲しい。

 イエズスは手の聖体拝領をするのなら、ミサ挙行をやめよと言いました。



* すべての恵みの仲介者、あがないの共贖者のドグマを発表して欲しい。

 イエズスは、あなたが日本の秋田の湯沢の寺沢に来て欲しいと言いました。
すべての恵みの仲介者、あがないの共贖者の聖母のタイトルで、聖母マリアが、そこでご出現しています。イエズスは、あなたに寺沢のご出現地でドグマを発表して欲しいと言いました。



* 私、リトルヨハネであるジャンマリー・ソーンブッシュ神父の司教叙階、リトルペトロであるリトルペブル助祭の司祭叙階と司教叙階をして欲しい。

 イエズスは、2人の叙階をあなたに、その時、その地でやって欲しいと言いました。
すなわち、ドグマを発表する時に、寺沢のご出現地で、あなたが行うようにと言いました。




 ヨハネ・パウロU世教皇は、あなたに遺書を書いて渡しました。あなたは、それを読みました。やるべきことをやって欲しいとそこには書いてありました。ラッツィンガー枢機卿宛の遺書でした。次の教皇宛ではありませんでした。次の教皇は、あなたではなかったからです。その時点では、反キリストに仕える反教皇が選ばれる予定でした。しかし、神は、反キリストと反教皇が全世界と全教会を統治するのを遅らせるために、コンクラーベに介入しました。そして、神は、遺書をたくされたあなたを教皇にしました。

 しかし、あなたの死後、とうとう反教皇が君臨するのです。全教会は、反教皇に従うのです。全修道会さえも反教皇に従うのです。そして、反教皇は全世界の人々に反キリストを神、メシアとして礼拝させるのです。こうして、世界統一宗教が人類史上はじめてうちたてられます。

 神はこの世界統一宗教を打ち倒すために「人手を借りずに、ある山から切り出された石」(ダニエル書 2.34)、「白い小石」(ヨハネの黙示録 2.17)である、あなたと共にキリストの代理者の、リトルペトロ・アブラハムU世教皇をたてました。すなわち、リトルペブル助祭です。

 神は彼のもとに、ご自分のまことの羊と子羊をあつめさせるために、日本人である1人の男性をたてました。すなわち、私、リトルヨハネです。なぜなら、日本人は失われた10部族の一部だからです。

 リトルペブル助祭は、「人手を借りずに切り出され」て、すでに現役教皇です。イエズスは、日本であなたが彼に司祭叙階と司教叙階を与えることを望んでいます。

 あなたは、日本の皇室が、私、リトルヨハネによってローマ・カトリックの洗礼を受けることを見ます。

 日本の皇室の多くのメンバーが、神によって幻視者や神秘家にたてられ、イエズス、マリア、ヨゼフ、聖人たち、天使たちに導かれるのを見ます。

 日本の皇室に導かれて日本の国民がリトルペブルのもとに集められるのを見ます。

 あなたご自身は、聖ベネディクト大修道院長のご出現を受け、彼に導かれます。



 このオープンレターが真の神からのものであり、その内容が全て真実であることをあなたは、次のしるしによって知ります。ヨハネ・パウロU世の棺を開けて中を確認してください。その中には、ヨハネ・パウロU世の体は存在しません。すでに、天使がヨハネ・パウロU世の体をポーランドのクラクフに運びました。列福調査委員会は、棺を開けてヨハネ・パウロU世の遺体が無いことを確認しています。そのことをあなたには隠しています。

 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。


2010年11月11日

ジャンマリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ


【 取材etcの連絡先 】
  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie thornbush Little John
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.com
  URL : http://charbeljapan.world.coocan.jp/



[HOME] [戻る]