報道機関への公式声明 New !!


緊急に差し迫った「皇居」と「東京ドーム」への
テロ攻撃について − 2010年5月29日 −



◆ マリー・マドレーヌ・ソーンブッシュ杉浦律子にイエズス様からの緊急のメッセージが与えられました。


--------------------------------
2010年5月29日 AM5:39
マリー・マドレーヌ・ソーンブッシュ杉浦律子に与えられた
イエズス様からの緊急のメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」にて
--------------------------------
イエズス:
 愛する子どもたちにイエズスが話をする。

 東京のことで話をする。「東京ドーム」と「皇居」にテロが仕掛けられる。昨日、聖母が◆◆に話さないよう言ったが、緊急を要するので、たずねられたら、話して欲しい。

 そして多くの人がテロの巻き添えにならないように、祈って欲しい。祝福をする。司祭の祝福を、東京に住む人々と、皇居にすむ皇族たち、そして皇室の人たちにお願いする。



ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ:
 父と子と聖霊とのみなによりて、東京にすむ人々と、皇居にすむ皇族の人々と、皇室の人々を祝福する。アーメン。



マリー・マドレーヌ・ソーンブッシュ
状況説明・・・・。



ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ:
一つ質問なんだけど、誰がテロを起こすの?



マリー・マドレーヌ・ソーンブッシュ:
イエズスは、「イスラム教の人」と言われている、確認のためのしるしがあった。



ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ:
ありがとうイエズス、




【 取材etcの連絡先 】
  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie thornbush Little John
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.com
  URL : http://charbeljapan.world.coocan.jp/



[HOME] [戻る]





【 参 照 】

日本のイスラム教徒への緊急アピール 2007年11月19日

 東京の住民と皇室に対してテロを行おうとする人々の計画の実行を阻止しなさい。

 彼らは、日本を今後もシオニストの仲間であり続けるのだと誤解しています。

 約2620年前、現イラクのモスル市の対岸の地で始まったこの国は、民族の都エルサレムを拒み、そこをめざすのとは逆に、東へ向かいつつ、通る地の人々と混血を繰り返しました。

 すなわち血統としては、皆さんとは兄弟です。 

 皆さんの礼拝する唯一の神は、この国をまもなく皇室とリトル・ペブルによって導き、世界を裏であやつっているシオニストたちに敵対する国に変えます。

 日本人と皇室に対するテロは、結局、皆さんイスラム教徒にとっては、利敵行為かつ兄弟殺しになります。

 皆さんを神が導きますように。

2007年11月19日
ローマ・カトリック司祭
復活された神の子のジャン・マリー神父
[ サイン ]




「緊急に差し迫った「東京」へのテロ攻撃について − 2005年8月4日」

 朝の第1ミサの中で、イエズス様のローキューションがありました。私はミサのなかで「日本の大改心」のために祈っていました。司祭が聖体を拝領する前に祈る祈りに心を合わせていました。そうしたら悲しみがこみ上げてきました。

 その時、「日本人はテロがないと思っている。けれども、テロが来るので気をつけなさい。多くの人がこのひとつの印を見る」と、真夜中に聴いたのと同じ主の御声が言われるのを聴きました。

 突然だったので、「主よこれはどういうことなのですか?」とたずねました。私は心が動揺しました。「確かな印をください」と言って、「いつごろなのですか?」とたずねました。

 そうしたら、「9月ごろ東京で」という答えがありました。

 印があったのですが、先ず悪魔の攻撃だと思い、「サタン、退け!」と命じました。ところがさらに強い印があったので、ものすごく心が悲しみでいっぱいになりました。「どうかお救いください。」と祈りました。

(注: このメッセージは2005年8月8日にリトル・ペブルさんによって確認されました。)



「平成天皇と皇后陛下が、
 中国の日本侵略に対して成すべき事」 2009年11月30日


「昭和天皇は臨終洗礼を受けていた!
  聖母マリア様が明かされる、日本の皇室の秘密!」 2009年11月30日


檄文 「日本の右翼と神主の若者たちへ」 2007年11月9日

天皇皇后両陛下への直訴状 2007年10月28日

「天皇皇后両陛下への直訴状 − 2006年3月17日」



[HOME] [戻る]