全世界の報道機関への公式声明(2) 2009年11月30日 New !!
「平成天皇と皇后陛下が、中国の日本侵略に対して成すべき事」


もし、平成天皇と皇后陛下が、


◆ 聖母の汚れなき御心(みこころ)に、日本を公的に奉献し、

◆ 日の丸の中に金色の十字架をあしらった旗を、国旗として制定するなら、


神は、中国からの日本侵略を免れさせてくださいます。




 神は昭和天皇に、同様のことを成すようお命じになりましたが、昭和天皇がこれを成さなかったため、中国の日本侵略は避けられないものとなっていました。平成天皇ご即位20年の日にあたり、神はまた、同じ条件をもって、中国の日本侵略を免れる道を開いてくださいました。





イエズス様:(2009年12月1日 AM8:43)
 子供たち、中国からの侵略を免れる一つの出来事を、天は提示した。もし天皇陛下がこれを行なうなら、中国からの侵略は免れる。しかし行なわないなら、侵略は免れることができず、国民の60%は殺されてしまう。神はあわれみを日本に注いでいる。悲劇にならないように、今あわれみを注いでいる。耳を傾ける者は傾けなさい。神のところに立ち返りなさい。






 かつて、フランスをフリーメーソンがのっとり、フランス全土が虐殺と処刑の血に侵されたのが、フランス革命でした。神はそれを避けさせるために、1689年6月17日、聖マルガリタ・マリア・アラコックを通して、いまの日本と同様のことを、フランス王に命じました。その内容は、

◆ イエズスの聖心(みこころ)に、フランスを公的に奉献し、
◆ イエズスの聖心を、フランス国旗、軍旗、王の紋章に描き加え、それを制定するように、

というものでした。

 ルイ14世も、ルイ15世も、ルイ16世もこれを拒否しました。神がお命じになってからまさに、ちょうど100年たったその日、1789年6月17日、第三身分が決起し、神が避けさせたかった悲劇が起こってしまいました。神の限りないあわれみを拒絶した結果です。



 今また、神の限りないあわれみは日本に示されています。皇室の方々は、フランス王家の悪い前例にならってはいけません!

 もし天皇陛下がこれを行なわないなら、中国軍によって日本国民の60%は殺されてしまうのです!







マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ


聖母マリア様:(2009年11月12日)
 愛する子供たちに、聖母が話をします。昭和天皇が臨終のときに洗礼を受けて亡くなったのは、本当であります。平成天皇と皇后陛下は、これから先、中国の日本侵略に対して成すべきことがあります。それは、聖母の汚れなき御心(みこころ)に日本を奉献し、日の丸の旗に十字架をあしらって欲しいのです。そうするならば、天が助け手を送り、中国からの侵略を免れさせてあげます。平成天皇は、聖母が望む事を行なっていただきたい、そう聖母は願います。



聖ヨゼフ様:(2009年11月21日)
 愛するマリー・マドレーヌに、ヨゼフが話をする。皇室のために、あなたは命を捧げて欲しい。今までの幻視者たちは、リトル・ペブルのために命を捧げるよう言われたし、彼らはそれを受け入れずに落ちてしまった。マリー・マドレーヌはリトル・ペブルのために命を捧げると同時に、日本のため皇室のためにも命を捧げるように、天は望む。あなたは勇気をもってこの使命に対して、これからもフィアットを言って欲しいし、天があなたを支えるので、恐れずについてきて欲しい。



マグダラのマリア:(2009年11月22日)
 マリー・マドレーヌの皇室に対する命の奉献を喜んでいます。マグダラのマリアはあなたを守ります。恐れないで下さい。



使徒ヨハネ:(2009年11月24日PM9:41)
 愛するマリー・マドレーヌ、あなたにあいさつします。使徒ヨハネが話をします。初めてあなたはヨハネに会いました。イエズスの愛弟子であったヨハネ、黙示録の幻視を見たヨハネです。黙示録にはリトル・ペブルのことが書かれています。「小さい小石」これがリトル・ペブルです。あなたはリトル・ペブルを愛し、信じ続けて下さい。私はあなたのパラダイス行きを取り次いでいます。愛しています。悪魔はあなたがパラダイスに行くのを嫌がり、妨害し続けています。しかし神の時が来たら、イエズスにあなたは召されます。皇室のことであなたは命を捧げました。大きな事柄です。あなたの保護者として私は取次ぎをします。愛しています。同性愛者のためにも祈って下さい。彼らを愛し、許していただくように、神に取り次ぎをします。司祭の祝福を、マリー・マドレーヌと、同性愛者、ミッシェル・マリー・フランソワとロンジン・マリー、フランソワ・マリーにお願いします。



聖母マリア様:(2009年11月27日)
 マリー・マドレーヌの日記の公開により、天の恵みをもっとわかる形でマリー・マドレーヌに注ぎます。あなたは多く捧げてきました。フィアットを言ってくれたことで、実りが与えられます。神と共に歩む幸せを、あなたはこれからますます得ていきます。今まで無視されたマリー・マドレーヌですが、これからは一人の神秘家として注目を浴びるようになります。日本の大改心のための、一人の道具として神はたてました。たくさん捧げられたものを、天は喜んでいます。マリー・マドレーヌの願いは、神の御前で聞かれており、実際に大改心の場を見ることができるようになります。たくさんの奇跡が約束されていますが、マリー・マドレーヌもその奇跡の一つにあずかります。恐れないで下さい。司祭の祝福を、ミッシェル・マリー・フランソワとフランソワ・マリー、ロンジン・マリーそしてマリー・マドレーヌにお願いします。



マリー・マドレーヌ:(2004年8月8日)
 前日にジャン・マリー助祭とコルベ・マリーの二人に会って、ジャン・マリー助祭から、「皇室を用いて神様が日本を大改心させる」という話があったことを思い出していました。2時20分ごろです。マリア様と静かにお話をしていました。
 そうしたら皇室の女性のことで、「3人」と言う言葉と、「カトリック」と、「ミッション」という、三つの言葉を聴きました。当時、勘違いもあって、3人の皇室の女性が誰であるのかはっきりしていませんでした。ただ、美智子皇后様と皇太子妃がカトリックの信者なのかなという思いでした。
 今は3人の方については明らかに知らされています。皇后様が聖心女学院を出られたこと。雅子皇太子妃が双葉学園の出であること。そして内面的にカトリックの信仰を持っていらっしゃるかたが紀宮様。この3人です。



イエズス様:(2005年8月4日)
 愛する子。ゆるし、償い、あなたの祈りをし続けなさい。日本の大改心のためにあなたは行くべき道を歩まねばならない。ただ、多くの人がそれを見て選び取る。改心する者は私のもとに走ってくる。けれども、改心しない者は多くの忘恩を残し、私の心をまた傷つけて多くの暴言をはき、立ち去っていく。わたしはとても悲しい。彼らが何をしているか、何をどのように見ているのかを見るたびに、私の心は痛む。あなたにその痛みをいま与えた。
 カトリック信者に対し、わたしは多くのことを残してきた。与えてきた。けれども、彼らは耳を貸さない。「聖体を愛し、大事にしてほしい」、そう多くの人に語っているけれども、多くの人は耳を貸すどころか、また冒涜を加えている。……
 ……あなたに言う。喜びに喜びなさい。あなたがどこに行くにもやさしいイエズスがおり、私は多くの人を一致させるために、あなたという弱い者を置いた。あなたは決して弱さを恥じてはならない。日本の大改心のために必要な存在であるから。この共同体はすべて弱い人を私は選び、立てた。司祭を始め、一人ひとりの大切な子どもたちがいる。恐れないで歩みなさい。



イエズス様:(2005年11月28日)
 愛する子(マリー・マドレーヌ)あなたを祝福する。イエズスがあなたに話をする。

 あなたは多くの苦しみ、多くの痛み、多くのことをこれから捧げていく。あなたはこの準備をしてきているけれども、あなたを愛するイエズスがいて、あなたを理解する人がいることをこれからも覚えておくように。恐れないで私に近づき、私を求めるようにあなたに言う。愛している。恐れないで私の言葉を聴き、あなたが行くべき道をこれからも歩むように私はあなたに願う。あなたはこの苦しみをこれからも捧げ続け、あなたが行くべき道をこれからも歩むように私は切に願う。

 誰もこの苦しみを捧げる人がいない。それで、あなたがどんな小さな痛みに対しても「良いもの」として受け入れ、私がこれを与えていることをあなたが知るようにと私はあなたに言う。あなたは日本の救いを多く見ることになる。けれども、私が介入し、私がすべて行うことをあなたは知るように。愛する息子(ジャン・マリー神父)と共にこれからあなたには行くべき道がある。あなたはこれを耐えよ。

 あなたに行くべき道を私がすべてあなたにすべて示すから、あなたはそれを心にとどめておくように。私はこれからもあなたを祝福し、あなたに苦しみを与えるけれども、あなたは決してそれから逃げてはいけない。あなたはこれを心にとどめておくように私は心からお願いする。……

 皇室のことにおいてもあなたは多くのことを見る。日本の大改心が近いので、あなたは心して準備していくように。多く改心者が与えられるから、あなたはへりくだって私に素直にすべて話していくように。あなたはこれからもどんなことにおいても司祭の言うことを聞いて、すべてを良いものとして、私が与えるものとして、それを受け入れるように。愛している。あなたのすべてに祝福を送る。

 リトル・ペブルのために祈りなさい。彼が苦しんでいるけれども、あなたはあなたのその苦しみを捧げることによって、あなたの小さな苦しみを通して、彼に一致する。一つひとつの苦しみを私は彼に、リトル・ペブルに一致させるものとして、あなたにその苦しみを与える。



聖母マリア様:(2006年1月21日)
 希望を持ってください。日本はまもなく改心を迎えます。あなた方は謙遜になってください。たくさんの女性の聖人の取次ぎを願ってください。彼女らは謙遜を身につけた人たちです。愛し合ってください。愛の母、恵みの母がいつもあなた方を支えます。何でも打ち明けてください。心の中の悲しみ、苦しみを一番良く知っているのは愛の母です。何でも打ち明けてください。
 皇室のことに関して、全て天の御旨のままになります。彼女たちを祝福しています。恐れないで歩み続けなさい。愛する息子、ジャン・マリー司祭に祝福をお願いします



聖母マリア様:(2006年4月4日)
 皇室の事で、あなたがたの大きな苦労は天に覚えられていることを知ってください。雅子妃殿下と美智子皇后陛下は皇室に撒かれた種です。黒田清子、彼女も聖母に会っています。引き続き、彼女たちのために祈り続けてください。彼女たちは生贄として捧げられています。幼な子たちも育ち、彼女たちの教えを受けています。希望を持ってください。あなた方は皇室の壁がまだ厚いことを身をもって知りました。神が介入して彼らの心を照らします。恐れないで神がしようとしている事を見てください。
 あなた方はイエズスの聖体がどれほどに冒涜されているか知りました。非常に、非常に冒涜されているのです。もっと聖体に対して、深く、深く崇敬してください。イエズスが過去たくさんの幻視者、神秘家を通して語った「聖体に対して大切にするように」と言った言葉をどうか心にとめてください。愛しています。 あなた方はそれぞれの道を歩んでください。イエズスの言葉は投げ捨てられています。また、教会は聖母マリアを愛する人たちを毛嫌いして『聖母きちがいだ』と言って彼らを外に追い出しています。あなた方は愛し合ってください。豊かに祝福します。日々、自分と向き合ってください。イエズスの受難を黙想してください。あなた方を謙遜の道へと私は導きます。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。



聖母マリア様:(2006年4月5日)
 愛する子ども達、あなた方を祝福します。愛しています。聖母の声に耳を傾けてください。あなた方を多くの事業のために用います。神が望まれる事に従ってください。神が語られる言葉は真実で絶対に変わることはありません。
 天皇陛下に神が望まれている事を、直接天皇陛下に告げます。天皇陛下は直接神の印を見ます。神は日本を愛しています。しかし、日本は唯一真の神を知らず、神として崇めることができない民です。多くの罪を犯し続けており、ソドムとゴモラのような国で、当時のソドムとゴモラと同じ時に存在していたならとうに滅びていました。神はあわれみ深いお方です。子ども達、一人として滅ぼしたくないのです。でも、頑なに拒むなら、神は裁きを下さずにいられないのです。子ども達、神のあわれみを侮らないで下さい。
 あなた方を愛しているイエズスが、リトル・ペブルをあなた方の指導者としてあなた方に与えました。今、彼は非常に苦しめられています。彼と共に歩むべき人が彼のことを裏切り、悲しませました。彼は大変傷ついています。イエズスと全く一致して働いている彼に対して、忘恩はやまないのです。聖母の胸には8本目の矢が刺さったままです。どうかリトル・ペブルを助けて下さい。彼のために身を捧げてください。



聖母マリア様:(2007年4月14日)
 愛する子どもたち。全ての恵みの仲介者、あがないの共贖者(きょうしょくしゃ)の聖母が話します。

 天皇陛下のためにぜひ、祈ってください。

 日本の国の象徴として、天皇陛下は神道の祭司の役割を負い、日本国民の幸せのために祈願し続けています。聖なることに関して、神道も厳しくそれを認識していますが、やはり、天地の創り主である神を、真の神として拝む習慣ではありません。しかし、彼の保護の聖人と守護の天使は、すぐ側におり、その役目を負わせています。

 日本の国は、不思議な国で、神仏混合が行われています。そのため、カトリックでこのような性的に堕落した団体があるのか、知らない人の方が多いです。そのように見る人たちは、インターネットを自由に見る環境にある人か、カトリックの信者たちです。一般の人々には今うねりが出ています。

 聖なることへのあこがれを日本は本当に持っています。実際カトリック信者でない人たちは、キリスト教と聞いただけで、特にカトリックに関しては、聖徳に関しては厳しい苦行があると認識し、修道会が存在しているその聖なる雰囲気を味わいたいというようなあこがれを持つ人たちがカトリックの教会の門を叩きます。映画でも作られていますから。

 しかし、このリトル・ペブルを支持する教会に関して、本当に正しい知識が一般の人々にありません。リトル・ペブルがどういう人であるか、また、これからの世界の動きがどうなるのか。パソコンを使える人達は、メッセージというものに出会ってまず驚くのが「大警告」と「大天罰」という預言の話や、日本のことなどに関して言われた事柄です。それで皆、メッセージに興味をもち、あるいはのぞき見するといった行動で、預言に興味があって、内容の深いところには行きつくことができないまま、離れていきます。

 今回、行われる大変なショックな出来事、これは天が明示するように、愛する息子(ジャン・マリー神父)にインスピレーションと言う形で示しました。マリー・マドレーヌとマリー・レベッカは、正反対の傷を持つ女性の代表のように、最低最悪な霊魂として神がある一つの出来事で示そうとされました。リトル・ペブルとアン、そしてベッティーナの預言的使命の代役を、愛する息子は行いました。けれども、リトル・ペブルが果たせなかったように、愛する息子もその使命を果たすことが出来ませんでした。

 「償いのSEX」に関して、これは性的に罪を犯し続け、そこから抜けられずに苦悩している人々への福音であり、人間は全て罪人なのだという意識を皆に与えるものになります。聖職者である仏教徒のお坊さんも神道の神主、その他教会の牧師や司祭、そして天皇陛下もこれを耳にするはずです。メディアはいろいろなことを書いたりします。ただ、真実だけがあらわされるので、子どもたち、これからの時をますます愛する息子に信頼をおいてほしいのです。

 マリー・レベッカとマリー・マドレーヌは、女性の中では大変恥ずかしい役割であり、一粒の麦となります。これは女性のエバの罪を償う一つの事柄となります。司祭の祝福を各聖職者と天皇陛下、そしてベネディクト教皇に、リトル・ペブルにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。






天皇皇后両陛下への直訴状

http://charbeljapan.world.coocan.jp/pr_071028_heika.html

直訴状パートU

マリア!
天皇陛下、美智子皇后陛下

 皇室のあなたたちに、神は全人類のための大きな使命を与えています。

 それは、リトル・ペブル(ウイリアム・カム)と協力して、唯一でまことの生ける神に、日本人をたち戻らせて日本人を救い、日本を全人類の光とするというものです。

 たちもどるという意味は、アッシリア帝国の滅亡の際、その都、ニネベに捕囚になって生活していた、日本の皇室の創始者と建国に参加した捕囚の民が、この唯一でまことの生きる神「アブラハム、イサク、ヤコブの神」に忠実に従いぬくために国を興したからです。

 偉大な先祖たちの歩んだ正しい道にたちもどることが、日本人を救います。彼らの多くはベニヤミン族で、彼らが神をお喜ばせし、積んだ功徳のゆえに、今、神はあなたたちを全人類の救いのために選びました。

 唯一でまことの生ける神にたちもどる道筋を、「リトル・ペブルとリトル・ペブル同宿会を通して」と神は定めました。あなたたちは、リトル・ペブルと一致協力してのみ、この使命が果たせます。

 全世界の人々を唯一でまことの生ける神への信仰に導くために最初に起こるべきことが、日本の大改心です。

 このリトル・ペブルを滅ぼそうとして、フリーメーソン(ルシフェルを神とする人たち)が、彼をでたらめな裁判によって、監獄に閉じ込めてしまいました。

 あなたたちの、日本人と全人類の救いのための使命は、彼を監獄から救い出すために、あなたたちの持つ影響力や人脈を通して動くことから始めることを神が望んでいます。今後も神は、ちくいちあなたたちを指導します。

 神に信頼するように。

マリア様の優しい愛があなたたちと皇室をつつみますように。

2007年10月28日
リトル・ペブル同宿会創立者、ローマ・カトリック司祭
復活された神の子のジャン・マリー神父 [ サイン ]



【 参照 】
 天皇皇后両陛下への直訴状(2006年3月17日)
 http://charbeljapan.world.coocan.jp/pr_060317.htm





檄文 日本の右翼と神主の若者たちへ

http://charbeljapan.world.coocan.jp/pr_071109_uyoku.html

 共産中国は、太平洋を囲む一帯の国々を、全て占領することに決めています。それを果たすために、日本全土を占領することにもう決めています。日本の主要な街々や基地は核弾頭で破壊することに決めています。これらがとっくのとうに決められているのです。

 日本全土が、共産中国にぶんどられようとしているのに何をやっているのですか。皆さんが今やっていることをやり続けても日本全土が占領され共産国になり皇室が皆殺しにされることを皆さんがふせぐことはできません。

 多数の核ミサイルの発射ボタンを押す指と、日本の長い海岸線に一気におしよせ上陸する大軍に対して、皆さんが今やっていることは何になるのですか。
立ち上がり本当にたたかいはじめなさい!

 皇室を愛し支持するだけではなく、リトル・ペブルをも愛し支持するのです。これは日本人と皇室の悲惨な未来を変えるために神が示した唯一の方法です。他に道は、一切ありません。

2007年11月9日
復活された神の子のジャン・マリー神父
[ サイン ]






日本のイスラム教徒への緊急アピール

http://charbeljapan.world.coocan.jp/pr_071119_muslim.html

 東京の住民と皇室に対してテロを行おうとする人々の計画の実行を阻止しなさい。

 彼らは、日本を今後もシオニストの仲間であり続けるのだと誤解しています。

 約2620年前、現イラクのモスル市の対岸の地で始まったこの国は、民族の都エルサレムを拒み、そこをめざすのとは逆に、東へ向かいつつ、通る地の人々と混血を繰り返しました。

 すなわち血統としては、皆さんとは兄弟です。 

 皆さんの礼拝する唯一の神は、この国をまもなく皇室とリトル・ペブルによって導き、世界を裏であやつっているシオニストたちに敵対する国に変えます。

 日本人と皇室に対するテロは、結局、皆さんイスラム教徒にとっては、利敵行為かつ兄弟殺しになります。

 皆さんを神が導きますように。

2007年11月19日
ローマ・カトリック司祭
復活された神の子のジャン・マリー神父
[ サイン ]








【 取材etcの連絡先 】
  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie thornbush Little John
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.com
  URL : http://charbeljapan.world.coocan.jp/



[HOME] [戻る]