全世界の報道機関への公式声明(1) 2009年11月30日 New !!
「昭和天皇は臨終洗礼を受けていた!
  聖母マリア様が明かされる、日本の皇室の秘密!」



聖母マリア様のお望みにより、以下の情報をリークします。


◆ 皇室は昭和天皇に、リトル・ペブル支持の神父によって、臨終洗礼を授けさせていた。

◆ 美智子皇后は、幼児洗礼を受けたローマ・カトリック信者である。

◆ 黒田清子様は幻視者であり、聖母マリア様に会い、会話をしている。

◆ プリンセス眞子様もまた、まもなく幻視者になる。



 天は、日本の皇室に関するシナリオを再起動させ、ジャン・マリー杉浦洋神父を遣わして、皇室の方々に洗礼を施します。




【 ミッシェル・マリー・フランソワの証言 】

 1988年、大学入学後に、学研の「ムー」に、ライターの鬼塚五十一さんが書かれた聖母マリアの預言の記事が、数回にわたり掲載されていました。その中で、京都にいるスタインバック神父のことが書かれてあり、直接話を聞きたいと思い、スタインバック神父のもとにたずねて行きました。

 そして、スタインバック神父から、東京に若い人たちを中心とした「聖マリアの子供会」という、リトル・ペブルさんを支持するグループがあると紹介されて、鬼塚さんの連絡先をおそわり、連絡しました。東京には、リトル・ペブルさんを支持している志村辰弥という神父様がいることも教わりました。

 聖マリアの子供会は、毎週土曜日だったと思うのですが、北区のコミュニティーセンターを借りて、集会をしていました。ぼくが、参加したときは、まだ聖マリアの子供会が立ち上がって間もないころでした。その後、沢山の人が、聖マリアの子供会に参加してきて、ぼくは名簿を管理する役割を担っていました。

 志村神父様とは、他の数人のメンバーとファミレスで食事をしながら、マリアママのことや、いろんなカトリックのこととか話をしたり、告解を聴いてもらうなどしてもらっていました。

 志村神父さまからは、フランス革命のことで、マルガリータ・アラコックという修道女がメッセージを受けて、フランス王ルイ14世に、イエズスの聖心(みこころ)にフランスを奉献し、国旗にイエズスの聖心をあしらうことなどを要求されていた、しかしフランス王は無視して、その後のルイ15世も無視、そしてルイ16世も実行しなかった、そして、ちょうど天からのメッセージを受けてから100年目に、結局フランス革命がおきてしまったことなど、教科書では分からない本当の事情を聞かされてびっくりした思い出もあります。

 そして、既にこのとき、今のままでは、日本は中国軍からの侵略がなされること、そして、それを防ぐには皇室の改心が必要なことを話してくれていました。

 リトル・ペブルさんが来日し、他の幻視者の人たちも来た大きな集会に参加しました。その時、ミサも捧げられ、志村神父は壇上裏で、皆の告解を聴いてくれていました。ぼくも告解をしてもらい、同性愛のことについて初めて告白して話をきいてもらいました。

 昭和天皇が亡くなられて、後日、子ども会のある方が、昭和天皇は洗礼を受けてなくなったこと、そして皇室に志村神父がよばれ、洗礼を授けたということを話してくれました。

 それで、ぼくは、その話は本当ですかと、志村神父に直接個人的に尋ねてみました。神父様は、本当ですと、(皇室から)よばれて行きました。そして、昭和天皇は洗礼を授かり亡くなりましたと言われました。

 この時、昭和天皇は、沢山のつらい思いをされたのだから、洗礼を授かることができて良かったと深く思った記憶があります。

 当時、聖マリアの子供会のメンバーで、志村神父様からこのことを直接打ち明けられた人は多数います。彼らも、ぼくと同様に、リトル・ペブルさんを支持する志村神父が、皇室からよばれて昭和天皇に臨終洗礼を授けたことを証言できます。




【 ジャン・マリー杉浦洋神父の証言 】

 1992年8月に、紀宮清子様は、カナダのケベック州の『汚れなきみ心とルイ・マリー・ド・モンフォール修道会』に日本から国際電話をかけ、ご自身が聖母マリアのご出現を受けている幻視者であることを明かしました。ぼくは、そういうことを全く知らないまま、その約五ヶ月後に、この修道会に入会しました。16番目の会員でした。

 食堂の本棚に、紀子様と礼宮様のご結婚アルバムが一冊あり、皇室の方々の集合写真がありました。会員たちは、それを開いてもってきて、「天皇陛下の娘さんは誰なんだい?」って、ぼくに聞きました。紀宮清子様を指さして示すと、皆よろこび、「このプリンセスが、リトル・ペブルさんと一致している幻視者だってことを、君はしっているかい?」というので、ぼくはびっくりしながら、「知らないよ」と答えると、皆、次のことを教えてくれました。

 リトル・ペブルさんを熱烈に応援している修道院長、ブレ神父様が、ここで、五ヶ月前に「マリア国際フォーラム」を開き、さまざまの国から幻視者を含めて、お客様がたくさん集まった。そのとき、紀宮清子様が、日本から電話をかけてきた。対応したのは、いろいろな国の王室とコネクションをもっている、フランツ・カイラーさんだった。(彼は、カナダ・バンクーバーから参加している幻視者で、死ぬまでリトル・ペブルさんを支持しぬいた人)

 紀宮清子様は、「私はマリア様に会っている、マリア様から、月の第13日に、マリア様のご出現地に行くようにと言われている。どうすればいいのでしょうか?」とフランツ・カイラーさんに相談した。

 この修道会に所属した全ての会員と、この「マリア国際フォーラム」に参加するために世界中から集まったすべての人々が、このことを証言できます。その数は、100人をゆうにこえますし、世界中に散らばっています。

 1994年8月に12人ほどいた日本の公的幻視者が、全員、リトル・ペブルさんを裏切って、神から与えられた恵みと使命を失ってしまったので、神様は皇室を動かすご計画を一時停止なさいました。





2009年11月12日 PM2:04
マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」にて


マリー・マドレーヌ:
 先ほどなんですけど、女の人の声で「平成天皇がすれば」っていうローキューションがありました。最初しるしを求めたんですけど、サタンを追い出したんです。しるしがなかったので。サタンを追い出しました。もう一度改めて司祭にこのことをお話して、「しるし求めるように」って言われたので、しるしを求めたら識別のための秘密のしるしがありました。こういう状況です。今識別のための秘密のしるしをもらいました。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話下さい。

聖母マリア様:
 愛する子供たちに、聖母が話をします。昭和天皇が臨終のときに洗礼を受けて亡くなったのは、本当であります。平成天皇と皇后陛下は、これから先、中国の日本侵略に対して成すべきことがあります。それは、聖母の汚れなき御心(みこころ)に日本を奉献し、日の丸の旗に十字架をあしらって欲しいのです。そうするならば、天が助け手を送り、中国からの侵略を免れさせてあげます。平成天皇は、聖母が望む事を行なっていただきたい、そう聖母は願います。

 皇后陛下は幼児洗礼を受けています。しかし、秘密のままにされています。皇室に関して、天は新たに再起動させ、リトル・ペブルを支持する司祭を遣わして洗礼を施すことを、これから行います。昭和天皇に対しての事柄は、リークしても構いません。司祭の祝福を、皇室の人々にお願いします。

ジャン・マリー神父:(皇室の人々に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
 確認のしるし、求めてね。

マリー・マドレーヌ:
 今確認のしるし、ありました。

ジャン・マリー神父:
 黒田清子さんは、今幻視者としてたてられて、御出現を受けていますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしあります。

ジャン・マリー神父:
 この度、ミッションスクールICUに進学する眞子さまは、幻視者としてたてられる予定ですか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしあります。

ジャン・マリー神父:
 国旗のデザインは、日の丸の中に、金色で、中に完全に入る形で十字架をあしらうというデザインなのでしょうか? 少し詳しく説明して欲しいんですけれど。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがありました。

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)の質問に対して、聖母が答えます。日の丸の中に、十字架を金色であしらって下さい。そうするなら、日本は助けられます。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしもらいました。

ジャン・マリー神父:
 このメッセージを公式声明の形で出すことをお望みでしょうか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあります。

ジャン・マリー神父:
 お望みの、他のお望みがありましたらおっしゃって下さい。

マリー・マドレーヌ:
 しるしないです。

 しるしがあって、「終わりにして下さい。」って言われました。

ジャン・マリー神父:
 状況説明……

マリー・マドレーヌ:
 状況説明をします。

 マリー・マドレーヌなんですけれども、実は11月1日から『寛大さの勝負』として、神様に捧げたことがあります。それは、『悪さもろ出し路線』で、秘密にしていた日記を、本で公開することにしたんです。それで日記の吹込みが、今日おわったんです。それとあともう一つ『寛大さの勝負』で、今日からまた『幼な子路線』として、哺乳瓶でミルクを飲むっていうことを再開し始めました。そしてジャン・マリー司祭が、「教えて欲しい、マリア様に教えて欲しいこと」っていうので、先ほど言ったような、「昭和天皇のこととか、中国の侵略に関してのシナリオについて教えていただきたい」っていうことを司祭から言われて、私も聖櫃のところにいって、「トントン」ってノックして、イエズスに頼んで何度も祈ってました。そしたら先ほどあったようにローキューションがありました。以上です。





2009年11月12日 PM11:40
マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」にて


マリー・マドレーヌ:
 3分ほど前なんですけど、PM11:37ごろにしるしがあったんですね。その前にローキューションが聞こえて、「ジャン・マリー司祭が洗礼を授けに行きます。」っていう女性の声が聞こえたんです。「識別のための秘密のしるし、ありますか?」って聞いたら、すぐしるしをもらったっていう状況です。
 今またしるしがありました。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話下さい。

聖母マリア様:
 愛する息子ジャン・マリー司祭に、聖母が話をします。あなたは皇室に行き、洗礼を授けることができます。あなたの願いは聞き入れられ、皇室に行って洗礼を授けて下さい。愛するマリー・マドレーヌも一緒に出かけることになります。ミッシェル・マリー・フランソワもコルベ・マリーもクララ・ヨゼファ・メネンデスも、出かけることが出来るなら、一緒に行けたほうがよいでしょう。しかし、司祭が行く人を決めて旅行して下さい。近いうちに動きがあると思います。皇室のために祈り続けて下さい。司祭の祝福を、皇室の人々にお願いします。

ジャン・マリー神父:(皇室の人々に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしありました。

ジャン・マリー神父:
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「旅行に行っている3人を祝福します。」と言われています。確認のしるし、とれました。
 「他にありますか?」って聞いたんですけど、もうないです。

ジャン・マリー神父:
 状況説明……

マリー・マドレーヌ:
 状況説明をします。
 ちょうどPM11:30すぎに、ジャン・マリーと一緒に横になって休もうとしたときなんですけど、PM11:37ごろ、そのときにローキューションがあって、「ジャン・マリー司祭が洗礼を授けに行って下さい」っていうローキューションをもらいました。識別のための秘密のしるしがあるかどうか尋ねたところ、識別のための秘密のしるしをいただきました。「どなたですか?」って聞いたら「聖母です。」っていう言葉がありました。それでローキューションをいただいたんですけど、こういう状況でローキューションをいただいて、最後に確認のしるしをお願いしたら、識別のための秘密のしるしをもらいました。以上です。





2009年11月13日 AM0:37
マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」にて


マリー・マドレーヌ:
 さっきAM0:37ごろ、識別のための秘密のしるしを求めるために、ジャン・マリーに話をしました。それは最初、私がローキューションをまた聞いたからなんだけれども、そのローキューションっていうのは、「ジャン・マリー司祭は女では行かない。」っていうローキューションだったんです。そしてそれが言われたのがAM0:20すぎだったんだけれども、「しるしあるか?」って聞いたら、そのとき識別のための秘密のしるしがなかったので、サタンを追い出したんです。そのことをジャン・マリーに話したら、「もう一度確認のためのしるしを求めよう。」っていうことになって、今求めたら、識別のためのしるしがあったっていう状況です。
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 「どなたですか?」って聞いたら、「イエズス」っていう声が聞こえました。 しるしありました。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話下さい。

イエズス様:
 愛する子供たちに、神であるイエズスが話をする。愛する息子(ジャン・マリー神父)は、「女性に変わりたい」という願いを天に述べている。「性転換手術をした人たちへの福音のために、神による性転換で女にして欲しい」と祈ってきた。

 神には不可能なことはないが、愛する息子よ、よく聞きなさい。女の状態では、本領の司祭としての働きが完全ではなくなる。だからパードレ・ピオと同じ道を、あなたは行かなければならない。痛みにこらえるために今まで苦しんできた愛する息子は、「これ以上の激痛に耐えるには、男の体では無理だ」と言っているし、そうかもしれない。

 しかし、愛する子よ、男としてこれから司祭と呼ばれることが多くなるので、女の司祭ではなく、男の司祭として働くよう、あなたにイエズスが言う。

 イエズスの願いは、全ての人のために福音が届くこと。それで愛する息子もそう言って願ってきた。女の体に変換される、この願いは聞いてはいるけれども、証のために激痛を耐えるには男性のままのほうが、むしろ良いと思うし、女性の生き方になると、女子神父ということにはならないので、愛する息子にお願いする。「一刻も早く女にしてちょ!」と願った願いはもう終わりにして欲しい。

 神が遣わす司祭は男性であり、女性は女司祭とはならないので、よく覚えて欲しい。祝福をする。父と、子と、聖霊との御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今確認のしるしもらいました。
 「他にありますか?」って聞いたんですけど、もうないです。





2009年11月13日 AM8:41
マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」にて


マリー・マドレーヌ:
 20分くらい前からなんだけれど、マリア様の声で「日本の大改心と、皇室のために、ロザリオを1連、毎日祈って欲しい」っていうローキューションが何度もありました。最初しるしがなくって、サタンを追い出し続けてきて、今さっきなんだけれども、ジャン・マリーに話して、「そのローキューションが続くんだけれど。」って話をしたら、「識別のための秘密のしるし求めて」って言われて、もう一度求めました。そうしたら識別のための秘密のしるしをもらって、「どなたですか?」って尋ねたら、「聖母です。」っていう答えがあって、しるしをもらってます。
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話下さい。

聖母マリア様:
 愛する子供たちに、聖母が話します。聖母からお願いがあります。これから毎日、皇室のためと日本の大改心のために、皆でロザリオを1連、捧げて欲しいのです。すべて聖母がこれからのことを導きますから、安心してついてきて下さい。司祭の祝福を、今旅行に行っているコルベ・マリー、ミッシェル・マリー・フランソワ、クララ・ヨゼファ・メネンデスにお願いします。

ジャン・マリー神父:(今旅行に行っているコルベ・マリー、ミッシェル・マリー・フランソワ、クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、今もらいました。
 「他に何かありますか?」って聞いたところ、しるしがあって、「聖母が伝えたいことはそれだけです。」って言われました。

ジャン・マリー神父:
 (マリー・マドレーヌに)何か状況説明で追加ある?

マリー・マドレーヌ:
 追加ないです。




【 取材etcの連絡先 】
  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie thornbush Little John
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.com
  URL : http://charbeljapan.world.coocan.jp/



[HOME] [戻る]