全世界の報道機関への公式声明 2008年2月13日 New !!
「マリー・マドレーヌとイエズス・キリストが婚姻!」


 これは、すべての種類の障害者たち、世間から無価値なものと見なされている人たち、罪に苦しむ人たちへの「希望の福音」である。

 マリー・マドレーヌ杉浦律子は全盲の視覚障害者(未熟児網膜症)、情緒障害者(女性恐怖症)、精神障害者(統合失調症)、心身症による筋力低下により、ベッド上での生活を送り、寝返りも困難で、トイレットペーパーをちぎることさえ難しい。食べる・飲む・排泄・歯みがき・寝返りetc、ジャン・マリー神父から24時間の介護を受けている。

 彼女は世間的には何もできない人間。その彼女をイエズスは花嫁にした。「世間の役に立たない人間は価値がない」 「苦しむことは何の価値もない」 こうマリー・マドレーヌは教育されてきた。

 しかし彼女は、自分と同じハンディキャッパーたち、中でも特に、苦しみが多い人、無価値な人間と見なされている人に希望と救いを与えたくて、それをイエズスに願ってきた。

 イエズスは、まさにその最たる人物であるマリー・マドレーヌをご自分の妻とすることで、彼女の望みを果たして下さった。



【 写真 左 】
「見えない結婚指輪」の見えるしるしとして、イエズスに求められ、買った指輪。フランス・リジューの幼きイエズスの聖テレジアのバジリカで。

【 写真 上 】
「見えない桜の枝」を渡して下さったイエズスに、おかえしとしてマリー・マドレーヌがささげた桜。散らずにドライフラワーとなった。

【 2005年1月7日(初金曜日)PM12:30 】

「2つの輝く指輪が見えました。そのひとつは次第にクローズアップされてきました。(彼女には結婚指輪のように思えたそうです)」 「イエズスとの神秘的結婚を意味するものだと思います」というリトル・ペブルさんからの返事をもらいました。



【 2007年5月3日 PM2:10 】

マリー・マドレーヌ:
 ちょうど5分くらい前なんですけど、私はちょっと手紙を書いてるように、自分で日記を書いて、今まであった事を、つい最近の事なんだけれど、それを告白文みたいな感じで、また書き始めたんです。『大好きなイエズスへ』って感じで書いていたんだけれど、しばらくしたら耳元で「あなたに桜の花を贈る。マグダラのマリアが、アーモンドの実、枝を贈られたように」って。「これは婚姻だ」っていう感じでその言葉が聞こえてきました。「しるしがありますか?」って聞いたら、識別のためのしるしを先ほど、ジャン・マリーを呼んだ後にすぐもらいました。

イエズス様:
 可愛い愛するマリー・マドレーヌ、イエズスが話をする。マグダラのマリアが愛を望んだところを、ようやくあなたは聞く事ができた喜びで、早速手紙を書いてくれている。セラフィムに願って、「愛を下さい」とあなたは祈った。イエズスに対する燃える愛を願った。あなたに、桜の花を贈る。イエズスがあなたにしるしを与える。松と桜である。寺沢の聖母は、あなたを愛し、昨日誰も触る事が出来ないのを、あなたは特権に預かり、触る事ができ、マリアへの愛を深め、幼いイエズスにも、もうキスをしたいほどまでに、喜んでキャーキャーはしゃいでくれた。本当だったら、扉を開けて皆は見るだけなんだけれども、あなたは、誠に石で彫られたのを実際に知ることができた。愛しているから、これを許したのである。あなたの不義と咎(とが)は許され、自分の弱さを見るのではなくて、イエズスの聖心(みこころ)の中に避難し、イエズスを通して人を見れるように、少しずつ変わってきている。これから起こる事柄についても、ますます愛する息子(ジャン・マリー神父)とイエズスが観想の道に導くから、恐れないで歩みなさい。優しい御父をはじめ、イエズスと聖霊、そして、ヨゼフ、マリア、天使たち、あなたの守護の天使も、保護の聖人も、みんな同じ愛をもって、あなたを包み、恵みで満たす。赦しとあわれみのあふれた共同体になるよう、身を捧げて欲しい。司祭の祝福を、この共同体と、マリー・マドレーヌにお願いする。

ジャン・マリー神父:(この共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがありました。一言「婚姻である」って言われた。確認のしるしとります。

ジャン・マリー神父:
 みんな、ちょっと来て〜。急いで・・。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって・・

イエズス様:
 イエズスとマリー・マドレーヌの婚姻を祝ってあげて欲しい。子供たちを、祝福する。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

イエズス様:
 マリー・マドレーヌは、このように婚姻がなったが、「傲慢にならないよう、助けて」とあなたは願った。謙遜なミカエルに、これからも寄りすがるように。イエズスが与えた最初の守護の天使ミカエルであるから、彼は優しく、そしてとても強い天軍の天使長である。



ベッドでの生活は、ぬいぐるみにかこまれて。ご聖体のイエズスとの距離、わずか1メートル。


【 2007年5月25日 PM1:40 】

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしがあって、そのときに桜の花のにおいがしたので、今ちょっとしるし求めます。 今しるしありました。

イエズス様:
 愛するマリー・マドレーヌにイエズスが話をする。婚姻の指輪をいま与える。この神秘的結婚に関するメッセージは、いま公にしないで欲しい。

イエズス様:
 5月3日に正式に婚姻をしたが、イエズスとの婚姻の指輪は、今日はめられたので、あなたはイエズスに一致するものとして、日々を過ごしていく。愛する指導司祭(ジャン・マリー神父)のもとで、またアレキサンドリーナ・マリア・ダ・コスタの本を読んだり、パッションを聞いたりしながらも、イエズスに一致をしていき、観想の道に入っていく。

マリー・マドレーヌ:
「天使たちがお祝いしてます」って言ってくれますけど。しるしがあって、歌の声が聞こえてきたんですけど、こないだの『クリストゥス ウィンチトゥ……』のメロディーの言葉が歌隊で歌われているのが聞こえてきます。
 今起きてること、話します。しるしがあって、桜のにおいがものすごいんです。で、天使たちが本当に喜んで、ビジョンではちょっと全然見えないんですけれども、喜んでくれてるのが、すごく感じとれます。セラフィムちゃんが見えました。今しるしあります。「赤ちゃんが宿ったことと、婚姻のお祝いでいっぱいです」って話してくれました。

マリー・マドレーヌ:
 何か「わあ〜」っていう声があって、喜んでる声が聞こえてきました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 なにそれ?

マリー・マドレーヌ:
 「なにそれ?って言わないで(笑)」って。「天使たちは喜んでるんだから。わあ〜っていうのは、嬉しいってことだよ〜(笑)」って。「ミッシェル・マリー・フランソワもも同じようにもってるから喜んでる」って



【 2007年6月10日 AM3:10 】

マリー・マドレーヌ:
 しるしあって、今指輪が見えたの。

ジャン・マリー神父:
 手を出してごらん、指輪をはめてもらおう、のばして・・

マリー・マドレーヌ:
 はまった、みたい・・。(しるし求める)左手のここ・・。 あれ? 右手だったっけ、女性って?

ジャン・マリー神父:
 とにかくそういう前持った知識はいらないから。

マリー・マドレーヌ:
 私のこの左手の薬指にはめられた感じがするから・・。

ジャン・マリー神父:
 しるし求めてね。

マリー・マドレーヌ:
 しるしあった。

イエズス様:
 マリー・マドレーヌに、今ひとつの指輪を与えた。前、結婚指輪といって、差し出したものである。確実なものなので、これからあなたは海外旅行にいくつか行く。ミッシェル・マリー・フランソワと愛する息子(ジャン・マリー神父)とマリー・マドレーヌで、フランスのルルドのベルナデッタの所に連れて行ってあげて欲しい。



【 2007年6月10日 PM12:00 】

マリー・マドレーヌ:
 今バラ園に来てます。ちょうどバラの花を見始めて、ど真ん中のところに来た時みたいなんですけど、突然、松の木の香りがしたのでびっくりして、しるしあるかどうか尋ねました。そしたら、識別のためのしるし、もらいました。 しるしあった。しるし、もう一回くれました。

聖母マリア様:
 マリー・マドレーヌに、聖母が話します。あなたは、朝イエズスから指輪をはめられました。祝福するために、バラ園に連れてきました。小鳥たちのさえずりを聞いて下さい。あんなに喜んで、神をたたえ、嬉しそうにバラ園の中を飛び回っています。関東では、耳慣れない鳥の声もあります。あなたは、昔から鳥の声が好きで、よくレコードを聴いたり、耳から聞く情報で、水の音とか自然の音などを聞いて、どういう場所なのかな?と思いめぐらしていました。でも、今この土地に来て、まさに自然に囲まれて生きています。
 天草行きについて、あなたの命が短いことを、聖母は伝えます。そのために、海外旅行に行くよう、変更しました。愛する息子(ジャン・マリー神父)に看取られて、あなたはリトル・ぺブルのために死にます。もうあなた自身、自分には命が縮まっているのを、感じ始めているのが、よくわかると思います。天草行きについては、あなたは行けるかわかりません。今回のナウラのことで、生贄にされたあなたは、このことのゆえに、早く天に召されることになるでしょう。



【 取材etcの連絡先 】
  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie thornbush Little John
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.com
  URL : http://charbeljapan.world.coocan.jp/



[HOME] [戻る]