全世界の報道機関への公式声明 2007年5月28日 

奇跡の妊娠! 預言的使命の再開! 
リトル・ペブルとアンとベッティーナの預言的使命の代役

2007年5月25日、マリー・レベッカに奇跡の妊娠がおこった。また、以前失敗した預言的使命が再開された。

左から、新しいアン役のマリー・レベッカ、ジャン・マリー杉浦洋 神父、新しいベッティーナ役のクララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美、そして幻視者・神秘家のマリー・マドレーヌ杉浦律子

【 参 照 】

クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美のブログ
http://lphakobune.blog66.fc2.com/

クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美の告白録
http://charbeljapan.world.coocan.jp/pr_070814_clara.html#clara

奇跡の妊娠! 「ダビド王家」の再興!
http://charbeljapan.world.coocan.jp/pr_070814_clara.html
http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/cat20840307/

マリー・マドレーヌの自叙伝
http://lphakobune.web.fc2.com/mm_jijoden_index.html

マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ集
http://lphakobune.web.fc2.com/mm_message_index.html





(PDFファイルはこちら: http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/pr_070528_sex.pdf  2.5MB)


--------------------------------
2007年5月28日
復活した神の子の ジャン・マリー 杉浦 洋 神父  [ サイン ]
( Father Jean-Marie of the Risen Son of God )

〒012‐0106
秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
TEL/FAX: 0183−42−2762
Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
URL : http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/

--------------------------------

(1) リトル・ペブルさんの体内にある「聖なる光り輝く棒」から「命の種」が、神である聖霊によって運ばれ、マリー・レベッカは5月25日に妊娠しました。肉体的な父親はいません。その子「マリア・ヨゼフ・ガブリエル」は、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力の養子に神が定めているので、養子縁組をします。マリー・レベッカは数年前に閉経した58歳の女性(医師による診断書)ですが、このことから明らかなように、これは「奇跡の妊娠」です。したがって、この子は■■家のものではなく、奥田家のものとなります。

(2) ジャン・マリー神父は2007年5月1日からクララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美と「正しいSEX」を開始しました。彼女はベッティーナ役です。また、2007年5月21日から、マリー・レベッカと「正しいSEX」を再開しました。これは失敗した預言的使命のやりなおしです。「正しいSEX」とは、ヴァギナに入れないセックスで、クララ・ヨゼファ・メネンデスとマリー・レベッカの百合にジャン・マリー神父がペニスをつけるものです。

(3) バロネス(女男爵)のクララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美は、リトル・ペブルさんが監獄内で変容し、寺沢の「リトル・ペブルの泉」が湧くと同時に、上記と同様の妊娠をします。6ヶ月で胎児が成熟し生まれることによって、「奇跡の妊娠」であることを証明します。この子はコルベ・マリー阿部哲朗の養子になることを神が定めています。

 預言的使命とは、リトル・ペブルさんが教皇として、腐敗して落ちてしまう道を行っている今のカトリック教会と、これからそれにかわって繁栄する道を行くレムナント(残りのもの)の教会の、両方ともを統治していることを、重婚・一夫多妻によって象徴するというものです。このリトル・ペブルさんの預言的使命について、詳しくは下記を参照してください。

(1)神秘的結婚に関する、リトル・ペブルとブロサード神父による特別な手紙
   No.314 1991年7月1日(御血の祝日)
  http://charbeljapan.world.coocan.jp/pm314.htm

(2)「リトル・ペブル 最後の教皇 第2巻」第一章 神秘的結婚、第三章 ダビド王家
  (箱舟の聖母社 http://lphakobune.web.fc2.com/ )


また、ここにいたるまでの経緯は、下記を参照してください。

【2007年4月2日】全世界の報道機関への公式声明
「つぐないのSEX」 イエズス、マリア、ヨゼフからの命令
  http://charbeljapan.world.coocan.jp/pr_070401_sex.html

【2007年4月14日】全世界の報道機関への公式声明
重婚! 一夫多妻! リトル・ペブルとアンとベッティーナの預言的使命の代役
  http://charbeljapan.world.coocan.jp/pr_070414_sex.html



--------------------------------
2007年5月25日
マリー・マドレーヌに与えられたイエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
イエズス様:
 愛する子供たちに、イエズスが話をする。この間、償いのセックスが行われた。今度新たに新しい預言的使命の再開を、愛する息子(ジャン・マリー神父)が望み、新しいアン役の代役としてマリー・レベッカ、ベッティーナ役の代役としてクララ・ヨゼファ・メネンデスがたてられた事を、まず話す。そして、実際マリー・レベッカに子供が宿り、今日完全に受け皿が与えられたので、妊娠を宣言する。イエズスが、その子を祝福し、その子の名をも祝福している。男の子か女の子かについては、生まれてきたときにはっきりするが、霊名は『マリア・ヨゼフ・ガブリエル』まで教えておく。マリー・レベッカは、アン役となり、10ヶ月の妊娠の後、子供が誕生する。クララ・ヨゼファ・メネンデスに関しては、リトル・ぺブルの変容がなされ、泉が湧いたときに同時に妊娠し、バロネスの役目である彼女に対して、6ヶ月間の妊娠の後に、出産する。

 子供たち、ここでは憎しみは消えている。ゆるしと愛の神が存在することを、ここのメッセージに付け加え、宣言する。今までは、本当に使命を投げ捨ててしまった人が、敵対にまわり、リトル・ぺブルを批判したが、今はぎりぎりの状態の本当に危ない子供たちも皆合わせて、いろいろな戦いを乗り越えながら、神が介入し、憎しみが取り去られ、愛だけが生まれる家族として、神が育てようとしている。敵に回った人たちを、切り捨てる指導者が多かったし、そしてリトル・ぺブルをののしり、それにつまづいて出て行った人たちも、敵対を加えてリトル・ぺブルを批判し、憎しみに憎しみが加わった。ここでも、いくつかの大きな戦いをくぐったが、愛する息子とマリー・マドレーヌの生贄により、そしてコルベ・マリーの避雷針により、ここが固められていることを宣言する。イエズスが、全てを明かした。子供たち、全ての子供たちを祝福する。

 この公式声明を読む子供たちに対しては、自由な意志があるので、それぞれに起こった事柄に対し、自分の意志で事を動かし、行うことを天は見る。司祭の祝福を、これを読む愛する子らに全てお願いする。


ジャン・マリー神父:(この公式声明を読むすべての子らに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


イエズス様:
 ミッシェル・マリー・フランソワ、あなたを祝福する。あなたは、父親になった、それを喜んで欲しい。本当に可愛い赤ちゃんが生まれてくるので、楽しみに、そして取り上げて育てて欲しい。大丈夫、怖がらないで、ミッシェル・マリー・フランソワのように強く優しく成長できる美しい子供になるので、喜んで欲しい。あなたへのプレゼントである。司祭の祝福を、二人にお願いする。そして、中にいる赤ちゃんにもお願いする。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリア・ヨゼフ・ガブリエルに) 
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。



--------------------------------

 私はリトル・ペブルさんのために、預言的使命に関してベッティーナ役を自発的に受け入れ、また正しいSEXも自発的に行なっています。その使命に召されたことに幸せを感じています。

2007年5月28日
クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美

[ サイン ]




--------------------------------

 私はリトル・ペブルさんのために以前ベッティーナ役として立てられていましたが、家族への執着のため失敗してしまい、非常に罪責感を感じていました。多くの霊魂が助かる予定でしたのに、自己愛しかなかった自分を忌み嫌い、再度、今度はアン役として預言的使命が再開されたことに対し、自発的に同意しました。神様に賛美と感謝でいっぱいです。あわれみの神、ゆるしの神は、ほめたたえられますように。

2007年5月28日
マリー・レベッカ

[ サイン ]







【 取材etcの連絡先 】
  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie thornbush Little John
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.com
  URL : http://charbeljapan.world.coocan.jp/



[HOME] [戻る]