全世界の報道機関への公式声明 2007年4月14日 

重婚! 一夫多妻! リトル・ペブルとアンと
ベッティーナの預言的使命の代役

これがジャン・マリー神父、マリー・マドレーヌ、マリー・レベッカの果たしていた使命だった。(失敗に終わる)


【 参 照 】

クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美のブログ
http://lphakobune.blog66.fc2.com/

クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美の告白録
http://charbeljapan.world.coocan.jp/pr_070814_clara.html#clara

奇跡の妊娠! 「ダビド王家」の再興!
http://charbeljapan.world.coocan.jp/pr_070814_clara.html
http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/cat20840307/

マリー・マドレーヌの自叙伝
http://lphakobune.web.fc2.com/mm_jijoden_index.html

マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ集
http://lphakobune.web.fc2.com/mm_message_index.html



(PDFファイルはこちら: http://charbeljapan.world.coocan.jp/pr_070414_sex.pdf  1.94MB)


--------------------------------
2007年4月14日
復活した神の子の ジャン・マリー 杉浦 洋 神父  [ サイン ]
( Father Jean-Marie of the Risen Son of God )

〒012‐0106
秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
TEL/FAX: 0183−42−2762
Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
URL : http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/

--------------------------------

 私(ジャン・マリー神父)は、ベッティーナの代役だったマリー・レベッカの百合にペニスをつけることを、天の指示により2005年12月14日から開始し、2007年3月28日に打ち切りました。インスピレーションによる天の指示での、マリー・マドレーヌと裸で抱き合うことは2004年9月17日から開始していました。これがアン役のマリー・マドレーヌとの神秘的結婚でしたので、2005年12月14日にベッティーナ役のマリー・レベッカとの神秘的結婚をもって、重婚・一夫多妻の状態になりました。

 2007年3月28日のマリー・レベッカの裏切りにより、3人の使命は失敗し、リトル・ペブルさんとアンとベッティーナが果たすはずだった「預言的使命」の代役ができなくなり、この失敗に対する重い償いを果たすことになりました。

 裏切ったマリー・レベッカが今度はアンの象徴になり、アンに裏切られた後のリトル・ペブルさんとベッティーナの苦しみに、私とマリー・マドレーヌがあずかるという償いが科せられました。

 預言的使命とは、リトル・ペブルさんが教皇として、腐敗して落ちてしまう道を行っている今のカトリック教会と、これからそれにかわって繁栄する道を行くレムナント(残りのもの)の教会の、両方ともを統治していることを、重婚・一夫多妻によって象徴するというものです。このリトル・ペブルさんの預言的使命について、詳しくは下記を参照してください。

(1)神秘的結婚に関する、リトル・ペブルとブロサード神父による特別な手紙 No.314 1991年7月1日(御血の祝日)
  http://charbeljapan.world.coocan.jp/lpm314.htm

(2)「リトル・ペブル 最後の教皇 第2巻」第一章 神秘的結婚、第三章 ダビド王家
  (箱舟の聖母社 http://lphakobune.web.fc2.com/ )



--------------------------------
2007年4月8日 AM6:05
マリー・マドレーヌに与えられたヨゼフ様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
ヨゼフ様:
 愛する子供たち、あなたがたを祝福する。ヨゼフが話しをする。まず、愛する息子(ジャン・マリー神父)、目に入れても痛くないほどかわいい息子にヨゼフが話す。あなたの今の状況はちょうどリトル・ペブルと、彼を裏切ったアンとの状態に似ている。アンはとっても徳があって、彼を愛していたが、ある行為により裏切ってしまった。子供ができたままアンは彼を離れ去り、敵にまわった。

 今の愛する息子と、ベッティーナの代役として立てられていたマリー・レベッカのあいだは、子供はないが、女性ホルモンの刺激により、乳房が張り、まるで子供を産むのではないかという、そういう感じになっている。彼女はクララを支え、彼女に寄り添うように生活をするので、もう子供はできない。もし、不安なら、今まで何度か使用した妊娠検査のために使った薬を、もう一度ためし、天の言葉がどうであるか確かめるようにしなさい。そうでないと正しいセックスの終わりを告げても、彼女の乳房にふれたり、見たりするだけで、彼女も不安になるし、あなたも落ち着かず、預言的使命の失敗の罪責感を増すことになる。

 二人の女性(マリー・マドレーヌとマリー・レベッカ)との婚姻については、天は神秘的結婚とみなし、民法上の手続きをしていないので、この「償いのセックス」に関することは、二人が一緒に写真をとり、マリー・レベッカは本当に自分を下げるために裸体になり、マリー・マドレーヌの「はずかしめの道」を共有する。

 神の命令は絶対である。「正しいセックス」に関することでも、マリー・マドレーヌの心は、マリー・レベッカへの女性恐怖症による恐れが生じ、不安をつのらせている。彼女が果たす使命、つまりマリー・レベッカの果たす役割は、同宿会の建て直し、女子同宿院長という役割で、殉教をする。

 今まで彼女は死なないで、ずーっとベッティーナの代役として生きることをもってリトル・ペブルを証しし、この寺沢の泉により、みな巡礼に来る人々を世話することをするはずであった。この寺沢の巡礼地において、巡礼者を世話するつとめはマリー・レベッカとクララに与えられており、たくさんの野菜や果物、食べ物などを用意し、そして巡礼者に本当の神のあわれみ、やさしさ、愛を伝えていく。この仕事をしてほしい。

 マリー・マドレーヌとの「正しい償いのためのセックス」に関しては、秋田の地においてする。そして旅行に行くときに、お風呂に入るのは今までと変わらず行なう。ただ、名古屋の土地と天草においては、愛する息子が聖母マリアの慰めを必要とするために、彼は幻視するので、しない。そして彼女の心は泉により癒されるが、完全な深い傷をかかえる状態が続くので、愛する息子の添い寝がこの先も必要になる。愛する息子の二十何年間かの誘惑をアンナリヤが止めたように、これから先もマグダラのマリアとアンナリヤがいつも一緒に彼の心を誘惑に陥らせないように、絶えず保護をする。罪ではないので、マリー・マドレーヌのすべてにふれ、彼女のスキンシップの穴埋めをしてあげてほしい。

 バイロケーションでマリー・レベッカのところに行くときには、ただ抱き合うことだけし、愛情表現でキスをし、そのほかはしないように。ひとりの女性(妻が二人いるけれども)、アンの悲しみをリトル・ペブルの悲しみと一緒に、愛する息子は共有してほしい。愛するマリー・レベッカに誤解を生じさせないために言うが、あなたは新しい出発をするので、自分を責めているその罪責感というのを知ったから、決して愛する息子はあなたを捨てないので、これからも愛する息子のこだまになり、メスライオンのように正義を出し、愛とゆるし、あわれみの神を、あなたが体験したことを人々に証しするように切に望む。司祭の祝福をマリー・レベッカにお願いする。


ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。


ヨゼフ様:
 愛する息子に聞くが、まだ不安はありますか?


ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 はい、あります。一緒にお風呂にはいるとか、非情に具体的に知りたいことと、マリー・レベッカの婚姻の秘蹟はどうなっているのか、教えてください。


ヨゼフ様:
 今の質問に関して、ヨゼフが話しをする。ベッティーナの代役が解かれた彼女には婚姻の秘蹟に関し、「民法上離婚の手続きをする主人」とのつながりになるので、神秘的結婚のまま、彼女は二人の夫を持ったこととして、天は見ている。ただ、教会であげた婚姻の秘蹟の前の夫に比重を天はうつすので、民法上離婚しても、天ではそちらに比重を多く持たせる。つまり天国で彼ら親族と会うことになる。彼女の傷はしばらく深く苦しむので、そのときにお風呂にではなく、二人と話すときにのみ慰めを与え、助言を今のようにしているように、彼女にしてあげてほしい。祝福をおくる。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


ジャン・マリー神父:
 聖櫃の前で、三人で裸体になって写真を撮る。これでいいですね?


マリー・マドレーヌ:
 いま、しるしをもらいました。またしるしをもらいました。


ヨゼフ様:
 償いの一環として、三人がこのことをしていて、特にマリー・レベッカとの親密な交わりがあったことを告げ、マリー・マドレーヌにはこの状態を続けさせるので、愛する息子と二人の女性は、この悪名により、リトル・ペブルの無実を証しするように、天が望む。



--------------------------------

 私はリトル・ペブルさんのために、自分から望んで、これらのことをしました。

2007年4月14日
マリー・マドレーヌ杉浦律子

[ サイン ]




--------------------------------

 私はリトル・ペブルさんのために預言的使命、ベッティーナの代役に全体として同意し、自発的に受け入れました。二人が一つになることも同意し、毎回の「正しいセックス」に幸せと安らぎでいっぱいでした。
 自ら望んで行ないましたが、家族への執着のため裏切ってしまいました。今もセックスしたい望みでいっぱいです。しかし神に従います。一緒にお風呂に入ること、キス、ハッグ、愛撫がなくなり、喪失感とさみしさに苦しんでいます。

2007年4月14日
マリー・レベッカ

[ サイン ]




--------------------------------


【 取材etcの連絡先 】
  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie thornbush Little John
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.com
  URL : http://charbeljapan.world.coocan.jp/



[HOME] [戻る]