全世界の報道機関への公式声明 2007年4月12日 New !!

シャーベル修道会は消滅した! イエズスの怒りと悲しみの宣言

「なぜ愛を忘れたのか!?」「どこに愛があるのか!?」

イエズス様:(2006年4月3日AM4:30)

 愛する子供たち、イエズスが話しをする。またイエズスを、あなたがた(シャーベル修道会)は十字架にかけた! なぜリトル・ペブルを愛さないのか? シャーベル修道会は消滅した! あなたがたは舌で聖体拝領をして、他の教会は手で聖体を拝領してるから、「自分たちは聖体を冒涜していない」という思い上がりに心が行き、さげすまれた人、苦しんでうめいている重大な使命に召されたベッティーナやマルーを痛めつけた。彼女たちは彼らにより圧迫された。ブロサード司教は寛大であり、愛に燃え上がってリトル・ペブルのために働き、命をはって彼を助けようと日々努力した。

 愛する一人の息子(ジャン・マリー神父)のことで、このことにおいて、悪い情報を日本から出したので、ずーっとリトル・ペブルと愛する息子はまったく誤解のうちにおかれた。ブロサード司教も警戒心を持ち、観察して、今まで何も連絡をしないで忍耐と祈りをした。

 愛する息子のことで、イエズスが弁護する。今、集められた秋田のメンバー5人は、皆ハンディをおっていて、しかも愛する息子は英語ができなくて、脳の病気(ミトコンドリア脳筋症:40歳が平均寿命)のために苦しみ、体の限界を超え、本来ならもう命がなかった。けれども彼には奇跡が行なわれており、今も寿命が延ばされている。洗礼の人が与えられたときには連絡を入れ、必ずアクションをおこし、すべてナウラに報告していた。ある時には日本語で出されたメッセージを英語に直し、それを送っていたけれども、英語に能力のある人に訳してもらおうとしたが、能力のある人が愛する息子を裏切った。コルベ・マリーも努力したが、全部一人で実務のことをしなければならなくなり、英語の仕事はできない。愛する息子がマリー・マドレーヌに最初に神からの働きかけかどうか、彼女が五感に感じたものを識別させ、サタンからのものであれば全部消去するようにさせた。途中の部分でも何かおかしいと、そこで止めさせ、もう一度しるしを求めさせた。そして、しるしがあった時には再開を頼み、天はそれを行なった。最後に確認のしるしも求めさせた。確認のしるしがあれば、それを司祭が識別し、保管するように記録にとって、またみんなが読めるように日本語でプリントをした。

 リトル・ペブルに送ったときに、メッセージのことでひとつの出来事がおきた。英語に翻訳をお願いするために、全部をある人にあずけたところ、マザー・シャーリーにより、「このメッセージのガードの方法は全く違う」と言って、マリー・マドレーヌを苦しめた。彼女にとってはまだ最初の段階であったので、愛する息子は必死に彼女(マリー・マドレーヌ)に「ジャン・マリーに従うように」と、マリー・マドレーヌを説得した。「彼女」というのは、「『マリー・マドレーヌが』司祭に従うように」という意味である。これは日本人の能力のある人の誤解からすべてナウラに配信されたために、マザー・シャーリーがマザー・シャーリー自身の判断を、リトル・ペブルの名で愛する息子に送ってきた。

 それからのちにリトル・ペブルは牢獄に入れられ、ジャン・マリー神父は識別のためにリトル・ペブルにメッセージを届けることができなくなった。けれども、ジャン・マリー神父は何度もメッセージに対し、識別のしるしを確認し、何度も天に要求をした。悪魔の妨害を避けるためである。最終的にはリトル・ペブルの判断に基づくものであるけれども、世界でいちばんジャン・マリー神父がメッセージを慎重に取り扱い、識別していった。

 いま、何も世界で情報は得られなくなったこの5人のメンバーたち、そして一人加わろうとしているクララも、たいへんな重要な使命をおっている。けれども彼女も、能力のある人から苦しめられている。日本のミッションの能力の高い人たちの影響に、新しくおこされる子供たちは影響されないようにと、愛する息子は絶えず処置をしてきたし、それでも離れた人々をリトル・ペブルのもとに帰らせるよう、嘆願と切実な願いをミサでしている。愛する息子を侮辱したモンフォール会の有名な司祭(ブレ神父)と、クイーンに選ばれていた人(マリー・ダニエル)にも、祈りをささげるよう天は愛する息子に要求し、彼は従っている。

 子供たち、シャーベル修道会によってリトル・ペブルは見捨てられてしまった。そして彼らは愛する息子(ジャン・マリー神父)の行動は「まったく異常だ」と言い、彼をなぶりものにした。どこに愛があるのか!? 彼は会則をよく見て、ただ福音にのっとってイエズスの教えを守り、人を裁かず、濡れ衣を着るよい模範になっている。司祭としての務めを十分にはたし、自分のことはいっさいほめず、もっと苦しみを、もっと下げられることを、と願い、今にいたった。

 英語のできない、脳に障害をおう病気をもつ司祭が、一生懸命に自分の出来る範囲でやったのは事実である。リトル・ペブルに対する伝言を天はマリー・マドレーヌという何もわからず、知識もまったくなく、愛着形成にハンディをおった、虐待をされて育った子供に与え続けてきた。しかし、リトル・ペブルには英訳で伝えられない重荷をこのメンバーはおっている。それでもマリー・マドレーヌは彼の釈放を願って、愛するリトル・ペブルとイエズスを一緒に心に迎えることにより、最低最悪な人格の持ち主であるけれども、少しずつ人を愛せるようになってきた。でも、自分は修道会にはふさわしくないという思いをもって過ごしている。徳の実践が、情緒の傷により出来ないでいるので、修練者となったけれど、もう前のようにシスターになりたいという願いはまったく持っていない。

 ここに集められたメンバーは、みな非常に信仰以前の心の傷をおっていて、霊魂の治癒が必要な人たちが集められている。みな謙遜を目指し、愛することを目指して、戦っているけれども、悪魔の猛烈な攻撃に、肉体も精神もズタズタになって、苦しめられている。神は愛する息子に同宿会ということをしようというインスピレーションを与え、彼は創立した。リトル・ペブルへの完全な献身と愛徳の実践をうたった会則を作った。でも、日本人は長い祈りを祈りたがり、決まった作法をしたがる民族で、形だけのものになり、自分は規則をまもっているというプライドにすぐ傾くので、彼はそれをやめさせ、誰もがやさしくロザリオ一連を祈ることと、箱舟のメダイをつけることを義務づけるだけで、ミサのあずかり方は形をぜんぜん信徒に要求しないという、大胆な行動にふみきった。でもイエズスもそうであったように、貧しい人たちに、しかも神のことをまったく知らない人たちに難しい要求をしなかったように、今の日本人にも、愛する息子はそうしている。

 外国の人と日本人の体力の違いは、ひざまずく行為でもよくあらわされる。まったく違って、耐えられる体のある外国人は、まだ小さいころからキリスト教の文化に生きた子供たちには、祈りを自然にできるように、まったく無理なくしていて、何十年にも何百年にもわたって伝統となって続いているので、メッセージも要求が高い。しかし日本人にはまったくそぐわないのである。隠れキリシタンたちがいた時代、宣教師たちは一生懸命に祈りを教えたが、彼らはその祈りを愛をもって実践し、英雄的に殉教していった。踏み絵で信仰を失う人も多かったが、それでも信仰を守りぬく人たちは、愛を忘れなかった。

 ところが、シャーベル修道会の歴史が20年前に日本にはじまった時から、いろいろな司祭によって教育されたけれども、ぜんぜん愛が実らず、かえって反感と軽蔑を持つように、そしてプライドをもつようにさせてしまった。先ほど激しく怒りを発したのは、「なぜ、愛を忘れたのか!?」と言いたかったからである。他の修道会のほうが一生懸命に愛を実践しようと努めている!

 シャーベル修道会は特別に信徒も恵みを受けられる開かれた修道会として、リトル・ペブルも愛の願いをこめて会則が生み出された。でも日本人の民族性はまったく悪魔的悲観主義であるので、それを直そうとヨゼフが愛する息子(ジャン・マリー神父)に介入し、「ヨゼフの百合」を書かせた。「マリアのバラ」についても同じである。日本人に向けてやさしい言葉で、親しみをもって天とお話しできるように、幼な子のようになるよう勧めているこれらの本を日本人はあざけり、ナウラに「私たちを侮辱、批判しました」と報告をしたために、リトル・ペブルによるひとつの命令が愛する息子に科せられ、今もそれから解放されていない。彼は従順をした修道者であり、修道会にあこがれて入る第3部門の信徒にも、自分の修道生活で得た「徳の実践」を教えようと、子供たちに心血を注いで教えてきた。けれども、先ほど話したように、生まれてまもなくおった心の傷のある人々が、この日本人にほとんどあるのを愛する息子は知らされて、修道会では無理であることを悟り、同宿会を立ち上げた。いまリトル・ペブルのために皆が命をささげようとしている。本当にイエズスの福音の再来を見るようになる。どんな人も例外なく、彼は受け入れると宣言したからである。愛する息子による実りを天は与える。すべて愛を実践したかった少数派の人々は、本当に苦しめられているはずである。実りを見て判断すると、愛する息子に知らせた。彼ら(シャーベル修道会)はいま、彼(ジャン・マリー神父)をある非情な悪い扱いをした。リトル・ペブルには最後まで彼(ジャン・マリー神父)のことを見させる。祝福をこの消滅したシャーベル修道会の子供たちにおくる。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(この消滅したシャーベル修道会の子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

(マリー・マドレーヌに)「日本のシャーベル会のことなの? 世界のシャーベル会のことなの?」って聞いてもらえる?

イエズス様:
 愛する子供たちにイエズスが話す。日本と主にナウラの修道会であり、他の世界の修道会についても、奇跡があることで、それに依ってしまっているジュリアーノ司教は、徳は高いけれども、非常に危ない。これだけ伝える。司祭に祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

イエズス様:
 シュナイダー司教について、イエズスは彼を高く評価している。ブロサード司教を叙階し、そして勇気ある行動をいまにいたるまで続けているからである。残されて愛を実践する共同体もあるので、警告を出し、そして今、激しく悲しみと怒りでいっぱいになったのは、日本とナウラの人々のことである。しかし、愛する息子(ジャン・マリー神父)の行動を見て、世界が驚嘆し、道が分かれる。信じる者と信じない者たちがはっきりここで明らかにされる。司祭の祝福を世界の子供たちにお願いする。

ジャン・マリー神父:(世界の子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今、しるしがあって、ビジョンが見えます。それは十字架にかかったイエズスです。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、聖母が話します。みなここに集められた子供たちは、小さな小さな子供たちで、誇るところが一切ない子供たちです。ただ、あわれみの神に支えられて生活しているだけです。まったく無知無能ないとしい子供たちばかりが、この秋田に集められました。弱さのゆえに、行なえなかったひとつの出来事、それはただリトル・ペブルが果たすはずだった預言的使命の実行でした。でも、いちばん最悪な結果におわってしまい、マリー・マドレーヌはこのために償いが科せられて、激しくリトル・ペブルを愛し、はずかしめの道に入りました。全世界の性行為に対する償いでもあります。苦しむ性的病者を救う道は、一粒の麦が地に落ちて死ななければ、実を結ぶことができない、その方法で愛する息子(ジャン・マリー神父)の使命がますます深まりました。マリー・マドレーヌは情緒の傷のために、愛する息子と一緒にいないと死んでしまいます。これをナウラのリトル・ペブルに届けられるよう、皆が祈ってください。この行為に対して、天が介入をはじめています。悪魔も妨害し、彼女を痛め苦しませていますが、愛する息子への愛と、リトル・ペブルに対する愛は変わりません。愛する息子と小さな仲間たちによって支えられています。神秘家としては、幼な子の神秘家のようにいちばんちっちゃい神秘家です。どこにも誇りはありません。聖母が愛する世界の子供たちを祝福します。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(世界の子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。





【 取材etcの連絡先 】
  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie thornbush Little John
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.com
  URL : http://charbeljapan.world.coocan.jp/



[HOME] [戻る]