全世界の報道機関への公式声明 2007年4月2日

「つぐないのSEX」
イエズス、マリア、ヨゼフからの命令

神は罪を犯している人々にあわれみぶかく、
罪人を白い目で見る宗教熱心な人を忌み嫌われる!

福音は罪人のためにある! 医者を必要とするのは病人である!


(2007年3月30日 AM11:35 「つぐないのSEX」中、マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ)

マグダラのマリア:
 あなたの保護の聖人マリア・マグダレナが話します。性的に悩む人々を呼びます。これによって、二人(ジャン・マリー神父とマリー・マドレーヌ)が同意してやっていることを皆に伝えます。同性愛に苦しむ人、たくさんの人が好きになってしまって何度も苦しんだ人たち、男の人の女の人もホモと言われる人も、みんな恐れないでイエズスに助けを願ってください。リトル・ペブルさんを助けましょう。福音はこれらの人に開放されています。プロテスタントの教会の中でも、聖なることが強調され、自分の性的なくずれにもだえている人も、隠していっているか、あるいはまったく教会に行けなくなっています。

 福音は全部の人のためにあります。性的な苦しみをおった人たち、マリア・マグダレナが保護者です。ここに、イエズスのもとに、リトル・ペブルのもとに来なさい。大丈夫です。ゆるす神だし、抜けられない、そして大罪のためにぜんぜん聖体拝領を受けられない人たちも、イエズスは招きます。手で冒涜する(手による聖体拝領をする)人々よりも、イエズスはあなたがたをゆるしたくって、ゆるしたくって、誰か門を開いてくれないか、待っていました。

 大丈夫です! 恐れないで来てください。
司祭の祝福を、いま私が話した性的に苦しむ子供たちのために、祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(性的に苦しむ人たち皆に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


【リトル・ペブルさんへのメッセージ】

聖母マリア様:
 愛するリトル・ペブル、今あなたの母、聖母が話します。あなたは直接、ひとつのしるしを天から見せられます。それは、前にも話したように、つぐないに関するしるしです。一粒の麦が地に落ちて死ななければ、実を結ぶことができないように、あなたのあとを追う勇敢な愛する息子(ジャン・マリー神父)を立てています。これだけあなたに伝えます。司祭の祝福をリトル・ペトロ・アブラハム2世教皇にお願いします。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペトロ・アブラハム2世教皇に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。





イエズス様:(2007年3月29日 AM5:41 抜粋)
 愛する子供(マリー・マドレーヌ)にイエズスが話しをする。リトル・ペブルとベッティーナの結婚にさいし、多くの者がつまずき、「こんな人が最後の教皇になるのか? カトリックの聖なる規則を破り、まったく自分の肉欲でやった」という批判をして、彼から離れ去っていった。ベッティーナは純粋にリトル・ペブルを愛し、妻として承諾し、自分の傷と戦いながら、いまもこの性的問題に関する批判をあびながら共同体の中で後ろ指をさされるように非常に冷たい目線をあびている。ブロサード司教とマチソン夫妻、そしてリトル・ペブルの真実を今でもつらぬき皆に訴えている少数の理解者だけがベッティーナを支え、彼女を励ましている。……

……マリー・マドレーヌ、あなたはベッティーナを愛するように。そして同じ傷をもっている彼女のために祈り、支えるように。イエズスがあなたに言う。愛する息子(ジャン・マリー神父)と一緒に、ベッティーナとリトル・ペブルを花嫁の愛でますます燃え上がらせ、彼らと一致するよう命じる。

 これを見てそれぞれの人は判断する。何があっても信頼する人だけが、愛する息子と一緒に、愛の同宿会をつくりあげていく。心に純粋なものをもつ人だけが、そのようについていく。恐れないで歩み続けなさい。……

……愛する子供たち、イエズスが話しをする。リトル・ペブルとベッティーナを支えるために、預言的使命の失敗の償いのためにマリー・マドレーヌと愛する息子(ジャン・マリー神父)はセックスを行なう。ヴァギナに入れないセックスである。なぜなら、リトル・ペブルによりマリー・マドレーヌは子供は産まないと言われており、ベッティーナの愛を運命をともにするために、愛する息子と裸になって一緒に添い寝し、彼女の百合に彼がペニスをつける。そしてリトル・ペブルが受けた苦しみを、その運命を彼がともにするために、このことをおこなう。しかし、彼は誓願を守る。司祭として、父親と娘の関係であるが、リトル・ペブルとベッティーナの花嫁の愛を二人に実践させるために、苦しみを負わせた。

 これからおこされる新しい国に入る時の、ひとつの象徴で、アダムとエバが裸ではずかしいと思わなかったように、彼ら二人はそのはしりとして行なう。リトル・ペブルとベッティーナは本当にアダムとエバの象徴になる。この二人(ジャン・マリー神父とマリー・マドレーヌ)については、生け贄である。


 子供たち、聞く耳のある者は聞きなさい。これからたくさんの性的に汚れてしまった人たちが、福音を聞いて同宿になる。まず、ミシェル・マリー・フランソワもその一人で、あざけるものはあざけるがよい。

 イエズスは娼婦と言われた人たちのところに行き、彼女たちの罪を洗い、一緒に食事をした。いま性的に堕落した人たちを、すべて別世界におき、私たちは性的に罪を犯していないと自慢している人々が信者の中に多い。リトル・ペブルの教団はセックス・カルト教団と平気で上の司教から言っているが、聖書をよく読みなさい。イエズスが何をしたか、どのように彼らと付き合ったのか、どのように彼らを愛したかわかるはずである。

 リトル・ペブルはいま牢屋に入れられている。イエズスの十字架をまさに身に負った人で、寛大な霊魂であるために、かぎりない愛をもって全世界のための生け贄になった。愛する息子(ジャン・マリー神父)も同じカリスマを持ち、これからどんなに罪にまみれている人でも受け入れると宣言している。彼(ジャン・マリー神父)の真実性が明らかにされる。そしてリトル・ペブルが濡れ衣を着ているように、愛する息子も本当に何も仕返しをせず、もくもくと従い、彼らの愛のために救霊を願いながら、濡れ衣を着ているのである。すべての子供たちに祝福をおくる。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(すべての子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


【リトル・ペブルさんへのメッセージ】

マリア様:
 愛するリトル・ペブルに聖母が話します。天が愛する息子(ジャン・マリー神父)にインスピレーションを与え、預言的使命があなたは果たせなかったことを、愛する息子が愛の行為で二人の女性にすべて命を与えて、その預言的使命の実現をと願い行動しました。マリー・マドレーヌはアン役として、マリー・レベッカはベッティーナと同じ運命にあずからせるために子供をあなたの聖なる輝く棒により妊娠する奇跡を、天がこの寺沢の地においておこそうとしました。マリー・レベッカはもう子供が産めない状態でいました。奇跡にあずかる身をもつはずでしたが、彼女の心の弱さのゆえに、彼女がそれをできなくしてしまいました。

 そのため、マリー・マドレーヌと愛する息子は償いをします。あなたのすべてにおいて、これから天がそれを知らせます。公けにされるために、いつしかあなたの耳に届くはずです。

 子供よ、ベッティーナとあなたを慰めるために、はずかしめの道を同じく行こうとする全盲の女性(マリー・マドレーヌ)と誓願を守る愛する息子(ジャン・マリー神父)の正しいセックスが行なわれます。イエズスが命じました。償いをさせるためです。すべてあなたに愛を送っている行動になります。あなたの浄配がすべて直接あなた自身に知らせます。祝福を送ります。司祭の祝福をリトル・ペブルにお願いします。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペブルに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。





【 参 照 】

クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美のブログ
http://lphakobune.blog66.fc2.com/

クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美の告白録
http://charbeljapan.world.coocan.jp/pr_070814_clara.html#clara

奇跡の妊娠! 「ダビド王家」の再興!
http://charbeljapan.world.coocan.jp/pr_070814_clara.html
http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/cat20840307/

マリー・マドレーヌの自叙伝
http://lphakobune.web.fc2.com/mm_jijoden_index.html

マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ集
http://lphakobune.web.fc2.com/mm_message_index.html



【 取材etcの連絡先 】
  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie thornbush Little John
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.com
  URL : http://charbeljapan.world.coocan.jp/



[HOME] [戻る]