全世界の報道機関への公式声明 2007年4月2日 New !!
愛と謙遜の欠如!!

マザー・シャーリー、シスター・ルース、
聖シャーベル修道会への天からの警告

レムナントチャーチは「隠れること」を選んだため、
天のお望みとは正反対の方向へ暴走している!


聖母マリア様:(2006年4月1日PM12:41)
……本当に男性の柱で立てられる共同体があちこちに起されていく必要があります。男性の力強さと女性の愛と合わさった共同体がこの世に証しされなければなりません。リトル・ペブルはこのことを望んでいました。けれども、(ナウラの母院では)人間の弱さのゆえに権力争いに落ちて序列がされています。男女は互いに助け合うべきなのに、男性は男性のなかで、女性は女性の中で争い、愛が欠けた共同体になってしまいました。聖母は愛を求めています。けれども、模範を示さなければならない共同体(ナウラの母院)が混乱してしまいました。あなた方、日本においてはそうで在ってはなりません。





イエズス様:(2007年3月23日 PM8:40 抜粋)
 子供たち、特別な意向をここでお願いする。ナウラでビッグネームとされているマザー・シャーリーとシスター・ルースに関して祈りに加えるよう心からお願いする。子供たちの役割はリトル・ペブルにより与えられる神の恩寵のラインにそってくるものであることを本当に多くの子供たちは忘れてしまっているのである。世界でも各個撃破が行なわれ、幻視者は幻視者に対しいがみあい、神秘家も同様に、またいけにえの霊魂も非常に痛めつけられている。ナウラには愛が冷えてしまった。共同体というのは名ばかりになるような状態で、経済的にも大変な危機を迎えている。リトル・ペブルを助けようとするのは愛するブロサード司教だけである。

 
多くの子供たちは祈りをしているけれども、隠れることを選んだために、一歩も前に進まない。子供たち、同宿会はリトル・ペブルを本当に花嫁の愛で愛し、彼をまったく神からつかわされたまことの預言者、最後の教皇であると強く断言するよう、心からお願いする。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


【 リトル・ペブルさんへのメッセージ 】

イエズス様:
 愛するリトル・ペブルにイエズスが話しをする。今、世界ではあなたのことを公けにしようとするグループはなくなってきている。経済的な事柄や、外からくる圧力、また共同体内の問題が原因である。しかし、堂々と勇敢にあなたを表明し、あなたの十字架の道を一緒に歩こうとする子供たちが、この日本からおこされようとしている。

 以前、神秘的な教会の分裂をいちはやくもたらした日本、そしてローマのバチカンの教皇から分離したのも日本が早くおこなった。絶えずカトリックの教会は悪い方向を選んできた。けれども、悔い改めをしようと一人の司祭(ジャン・マリー神父)が立ち上がり、強い意志をもって仲間を引き連れ、アッシジのフランシスコがフランシスコ会を創立したように、情熱に燃える「リトル・ペブル同宿会」を形成した。

 子供よ、あなたはその実りを必ず見ることになるので、愛する息子(ジャン・マリー神父)に対するまわりからの讒言(ざんげん)を遠ざけ、あなた自らがそれを見、知って、その讒言を封じることになる。祝福をおくる。司祭の祝福をリトル・ペブルにお願いする。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペブルに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。





イエズス様:(2007年3月26日 AM3:56 抜粋)
 愛する子供たち、イエズスがお願いする。いつも3人の教皇のために祈っているが、「すべての恵みの仲介者、贖いの共贖者のマリア」のドグマの発表をリトル・ペブルは強く望んでいる。ベネディクト16世はたいへん苦しみ、発表をまだ先延ばししているので、いち早く発表されるよう祈ってほしい。そしてリトル・ペブルの無実が一日も早く公けにされ、リトル・ペブルはまことの預言者で、神からつかわされ、世界を愛している人であることが全世界に知られるよう、みなが一致団結して祈りをささげてほしい。あまりにも自己愛に落ちてしまったために、リトル・ペブルに対する不満と、預言の成就がないことへの全くの不信頼により、リトル・ペブルをあざけり、ののしっている多くの兄弟姉妹たちがいるからである。シスターたちにそれがおきてしまっているので、どうかここで償いをしてほしい。司祭の祝福をリトル・ペブルに、そしてベネディクト16世教皇にお願いする。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペブルに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
(ベネディクト16世教皇に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

イエズス様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)にイエズスが話しをする。以前、マザー・マリー・テレーズと少数の人があなたを支持していて、逆にあなたに対し「司祭でない」といわんばかりに讒言(ざんげん)をビッグネームと言われるマザーとシスターをはじめ、それを取り巻くグループが、あなたの処分についてブロサード司教に願って、意見を固めたことを話した。少数の人々は彼らの悪いやり方に屈服をせざるをえなくなり、あなたのことで祈りを静かにすることになったことを話したことがある。そして、このあいだ名前を出して、マザー・シャーリーとシスター・ルースに関するメッセージをマリー・マドレーヌに与えたが、これを公けにした時点で、あなたはひとつのしるしを見る。

 子供よ、リトル・ペブルはあなたを天皇にお願いして釈放を頼んできたことがあった、そのことを心にとめておいてほしい。取り巻きの人がよってたかってリトル・ペブルに詰め寄り、ジャン・マリー司祭の行動の悪さをあらいざらいに話す。けれども、その行動はまったく彼らが間違ったものなのである。彼らの間違った情報により、リトル・ペブルは判断をする。

 子供よ、あなたはいつもリトル・ペブルを支持し、言葉においても、行いにおいても、いつも真実で裏表は全くないのである。あなたは自分の弱さの体を駆使して、神の恩寵に支えられ、ここまで来た。あなたはブロサード司教とリトル・ペブルを最後まで愛し、従ってほしい。ブロサード司教も間違った讒言(ざんげん)により、日本から送られた間違った情報に基づいて判断をする。子供よ、愛している。泉がわき、実りが出たなら、あなたはすでに言語の賜物もバイロケーションにおいても多く約束された賜物を得ているので、愛のゆえに使うことを神は知っているから、恐れないで進みなさい。
 今まで祈っていることは、引き続き祈り続けてよい。祝福をおくる。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。





マリー・マドレーヌ:(2007年3月30日 AM5:50 抜粋)
 下に沈み落ちていくような感じがはじまり、熱いです。しるしを求めたら、識別のためのしるしをいただきました。熱い煉獄です。煉獄の熱いところは四角いかまどのようで火が燃え上がっています、深い感じで、今まで経験したことがない熱さです。……

……場所は同じで、しるしがあって、一人の修道士でチングルムが見えました。

「愛する兄弟たち、私はかつて修道会の中にいた。修練長をしていたものです。修道会ではたくさんの規則・会則があって、ひとつでも不従順になると、その償いをさせ、それでもまた聞かないと、荷物をまとめて帰すのです。私は誓願を立てて、修練長の役をもらって、徳の実践につとめていたんだ。だけど、怠りの罪を犯し、私の長上に対し会則を見過ごすように修練者に話したので、長上は私を修道会から追放した。修練者のわがままをひとつ認めてしまったから、会則を破らせて修練者も失格になってしまった。神との誓願を破ったし、煉獄のことを否定するように勧めたんだ。ところが、神は私を深い13段階のところに行くよう言われた。修道者たちに対する責任は重いので、どうか傲慢にならないでほしい。

 今、特にナウラで恵みを受けているマザーやシスターの二人、あなたがたはあぶない。神をあなどってはいけない。修道者は、信徒とは違うのだ。神に一生仕え、隣人愛につとめる誓願を立てたはずではないか。それを自分の地位や名誉を欲するために仕事をしてはいけない。最初に神に仕え、キリストの花嫁として愛することを誓いますと言ったのを、どうかもう一度思い出してほしい。

 神よ、私をゆるしてください。子供たちに注意をしたくて、お願いに来た。むしろ、信徒の方が純粋に何もわからないままだけど、神を愛している。これからシスターに、またブラザーになろうとする人は、キリストのしもべとして人に仕えるので、決して自分がその人々を名誉欲のために支配しないでほしい。償ってください」といわれました。





【 取材etcの連絡先 】
  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie thornbush Little John
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.com
  URL : http://charbeljapan.world.coocan.jp/



[HOME] [戻る]