天皇皇后両陛下への直訴状 New !!


オーストラリアのウィリアム・カム氏(リトル・ペブル)の
釈放にご尽力ください!



 私たちは、オーストラリアで不正に投獄されているウィリアム・カム氏(リトル・ペブル)の早期釈放のお力添えを願うため、天皇皇后両陛下をはじめ皇室の方々へ昨年12月から様々なルートでアプローチしてきました。今回は3月26日から3月29日にかけて、神奈川県の葉山御用邸でご静養されている天皇皇后両陛下に直接お会いしてこのことをお伝えしようと努力しましたが、かないませんでした。そこで、今回、両陛下にお渡ししようとした「直訴状」をホームページ上で公開することにしました。これらの「直訴状」はコピーしたものを別途、3月27日夕方に逗子郵便局より速達にて「葉山御用邸」宛てに発送しております。
(2006年4月3日追加更新)

「直訴状の表紙」(PDFファイル 437KB)
「復活された神の子のジャン・マリー神父の直訴状」(PDFファイル 806KB)
「コルベ・マリー阿部哲朗の直訴状」(PDFファイル 1634KB)
「ミシェル・マリー・フランソワ奥田力の直訴状」(PDFファイル 884KB)
「ロンジン・マリー馬場勝吉の直訴状」(PDFファイル 625KB)
「マリー・マドレーヌ杉浦律子の直訴状」(PDFファイル 1081KB)
「マリー・レベッカの直訴状」(PDFファイル 783KB)



十M アヴェ・マリア

敬愛する天皇陛下、皇后陛下、


 私は秋田県湯沢市に住むコルベ・マリー阿部哲朗と申します。今日は、日本国の未来を左右する重大なことについて、両陛下に直接訴えたいことがあり、この手紙を書きました。

◆ オーストラリアのウィリアム・カム氏(リトル・ペブル)の釈放にご尽力ください!

 すでに両陛下もお耳にしているかもしれませんが、オーストラリアのウィリアム・カム氏の一刻も早い釈放にご尽力ください。彼は神の預言者『リトル・ペブル』として全世界に知られています。そして、ローマ・カトリック使徒教会の現教皇ベネディクト16世のあと、『最後の教皇ペトロ2世』になる方です。また私たちの修道会、聖シャーベル修道会の創立者でもあります。

 彼は今、不正な訴え、不正な裁判、そして限りなく不正な判決によって、オーストラリア、ニューサウス・ウェールズ州のシルバーウォーター刑務所に服役しています。しかし、彼は全く無実です! 様々な誹謗中傷がメディア、インターネットをとおしてなされていますが、どうぞ彼の自伝「最後の教皇 − 第一巻」、そして以下のホームページをお読みください。

「聖シャーベル修道会公式ホームページ」(日本語)
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm

「リトル・ペブル−最後の教皇 第一巻」(日本語)
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/hakobune_index.htm

「日本の幻視者・神秘家に与えられたメッセージ」(日本語)
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/japanease_seer_index.htm

「 Official Website of the Little Pebble 」(英語)
http://www.shoal.net.au/~mwoa/index.html

 これらを読めばわかっていただけると思いますが、彼は、彼を陥れた者たちの救いを神にこいねがって、この受難を受けているのです。彼は、私たちの愛する救い主イエズス・キリストの福音、「汝の敵を愛せよ!」を身をもって模範を示している偉大な、聖なる人物です。

 このことがなぜ両陛下と日本国の未来に関係あるのかと不審に思われるかもしれません。このことについて簡単にご説明いたします。

 三位一体の神による天地創造以来、神は預言者をとおして神の御旨(神のお望み)を伝え、世界を導いてこられました。そして近年、特にこの数十年、世界中で多くの預言者・幻視者たちがたてられ、この「時の終わり」について多くの啓示が与えられました。三位一体の、唯一のまことの神が、日本について啓示されていることは、次のとおりです。

(1) 世界は「大警告」「大奇跡」「大天罰」をとおり、新しく清められた時代、イエズス様とマリア様の「平和の統治」の時代に入る。

(2) 聖書の黙示録にある「終わりの時」、リトル・ペブル(ウィリアム・カム氏)は最後の教皇ペトロ2世となり、神の民を導き、反キリスト、反教皇と戦い、神の民を「平和の統治」に導きいれる。

(3) 日本はこのままでは、中国の侵略、あらゆる大災害におそわれ、「大警告」のとき、国土の大部分が海の下に沈み、歴史から消え去る。

(4) 日本の起源は約2700年前、アッシリア帝国の捕囚となって歴史から消滅したイスラエルの十部族の末裔で、そのうちベニヤミン族が中心である。つまり皇室の起源はイスラエルの直系の、由緒ある王家の血筋である。

(5) 神は、終わりのとき、この失われた十部族を呼び戻し、歴史に再登場させる。世界中で王室の復興が行われる。

(6) 日本はこの神の壮大なご計画の重要な部分をになう。日本は誰も否定できない神の力によって、世界にさきがけてローマ・カトリックに大改心する。全世界はカトリック公国になった日本を見て驚愕する。それはリトル・ペブルをとおして行われる。このことは彼の教皇職に関係する。



 敬愛する天皇陛下、皇后陛下。 両陛下がこのような偉大な権威をもっておられるのは決して偶然ではありません。全ての権威は、神から与えられたものです。全ての人間には、善と悪を判断し選ぶ「自由意志」が与えられています。今、私は両陛下に、上記の「神のお望み」(私が知っている範囲での)をお伝えしました。神は「神のお望み」を示すと同時に、「神のお望み」に従い実行するための恩寵を豊かに与えてくださいます。

 今の日本では「象徴天皇」として、昔のような実権を与えられていないのは重々承知しております。人間的に見たら、「神のお望み」は実行不可能なように思えるかもしれません。しかし、どうぞ恐れないでください。神に不可能なことはありません。全能の神にどうぞ信頼してください。「神の国」はこの世でまかりとおっている暴力や詐欺によってたてられるものではありません。「神の国」は、今、リトル・ペブルが身をもって示している「まことの愛」によってたてられるものです。どうぞ恐れず、心配せず、勇気をだして神に信頼してください。今はまず、リトル・ペブルとはどういう人物なのかを知り、彼の一刻も早い解放のためにご尽力ください。

 私たちの連絡先は下記のとおりです。

マリア様の祝福が両陛下と皇室の皆様の上に豊かにありますように!


2006年3月17日
Kolbe-Marie 阿部哲朗


【 取材etcの連絡先 】
  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie thornbush Little John
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.com
  URL : http://charbeljapan.world.coocan.jp/



[HOME] [戻る]