報道機関への公式声明 New !!


緊急に差し迫った「東京」へのテロ攻撃について − 2005年8月4日


◆ マリー・マドレーヌ杉浦律子にイエズス様からの緊急のメッセージが与えられました。

--------------------------------
2005年8月4日(木曜日)
--------------------------------
 朝の第1ミサの中で、イエズス様のローキューションがありました。私はミサのなかで「日本の大改心」のために祈っていました。司祭が聖体を拝領する前に祈る祈りに心を合わせていました。そうしたら悲しみがこみ上げてきました。

 その時、「日本人はテロがないと思っている。けれども、テロが来るので気をつけなさい。多くの人がこのひとつの印を見る」と、真夜中に聴いたのと同じ主の御声が言われるのを聴きました。

 突然だったので、「主よこれはどういうことなのですか?」とたずねました。私は心が動揺しました。「確かな印をください」と言って、「いつごろなのですか?」とたずねました。

 そうしたら、「9月ごろ東京で」という答えがありました。

 印があったのですが、先ず悪魔の攻撃だと思い、「サタン、退け!」と命じました。ところがさらに強い印があったので、ものすごく心が悲しみでいっぱいになりました。「どうかお救いください。」と祈りました。


(注: このメッセージは2005年8月8日にリトル・ペブルさんによって確認されました。)



【 取材etcの連絡先 】
  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie thornbush Little John
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.com
  URL : http://charbeljapan.world.coocan.jp/



[HOME] [戻る]