報道機関への公式声明 


New !!
「イラクにおける大量破壊兵器の隠し場所の地図 − 2004年2月24日」
(注:オーストラリア・ナウラ 2004年2月24日発表)


 ジョージ・ブッシュ大統領閣下
 トニー・ブレア首相閣下
 ジョン・ハワード首相閣下



 親愛なる大統領、ならびに首相の皆さま、私たちの主イエズスの御名によって、皆さまに挨拶いたします。

 数ヶ月前、私は皆さまに、一般大衆や政治組織、特にメディアが皆さまと大衆に「大量破壊兵器」はなかったのだと信じこませ、イラクを侵略した、また戦争をしかけたと非難することさえして、皆さまにかけている圧力に屈服しないようにという助言を書き送りました。

 今一度、皆さまに私は助言しようと思います。大量破壊兵器はまだそこに隠されてあるのです。そして時々、イラクのいろいろな場所に、そしてまた、クウェート、シリア、そしてサウジアラビアといった近隣諸国に移動させています。私はこれらの大量破壊兵器がある場所を皆さまに示す地図をさしあげます。

 ティクリットのその場所は、ある学校、そしてまた小さなモスクの近くです。以下は皆さまが捜索しなければならない町々です。

 アルアマラフ − アンナシリヤフ − アスサルマン − カルバラ

 全てのモスクと学校を調べてください。地図上に私がうった「×」印を見てください。そこが皆さまが捜索すべき場所です。誰もが捜そうと思いもしない小さなモスクにそれらは隠されています。




 皆さまは、ご自分の政府内と諜報部内とにたくさんの敵をもっていますので、非常に注意深くあってください。証拠を見つけることができないでいるのは、それがためなのです。

 次に Dhul Hya として知られている月の時期に警戒してください。

 第3に、サダム・フセインをしっかりと見張ってください。なぜなら、彼の逃亡を助ける計画が存在します。

 第4に、どうかよく用心してください。なぜなら、皆さまのうちの一人は命に危険がせまっています。それで、その国に暴動が起き、戦争の淵に立たされるでしょう。皆さまのうちの一人は、強力な対立候補があらわれ、そして選挙に敗れるでしょう。その国は倒れてしまうでしょう。悲しいことですが、皆さまのうちの一人は病気になります。ですから、皆さまの健康に留意し、注意深くあってください。

 ではもう一度、自由主義世界の愛する指導者の皆さま、人類が守られるために、そしてあなたたちが民衆からの攻撃に対して嫌疑を晴らすために、どうか天の指示に従ってください。

 皆さまの上に神の祝福を祈ります。

 [ サイン ]

ウィリアム・カム
「リトル・ペブル」として知られています



http://www.shoal.net.au/~mwoa/pdf/lp_letter_iraq_24february2004.pdf




[HOME]