報道機関への公式声明 


New !!
「最近のイラク情勢に関する公式声明 − 2003年8月2日」
(注:オーストラリア・ナウラ 2003年8月2日発表)


 ジョージ・ブッシュ大統領閣下
 トニー・ブレア首相閣下
 ジョン・ハワード首相閣下



 私たちの愛する主イエズスの御名によって挨拶いたします。

 今年の初め、私は皆様に、テロリズムに対する戦争を遂行し、さらになお、特に大量破壊兵器の脅威でもってサダム・フセインによって支配されたイラクの体制に対して、戦争に乗り出す皆様の勇敢な姿勢に満足の意を表す手紙を書きました。皆様は、大衆の大多数が皆様の行動に反対の意を表した時でさえ、自国民の保護と全世界の安全保障のために、自身の善意のうちに進み続けました。

 全ての戦争は悪です。しかし時として戦争は、人間の尊厳を守るため、また、平和と調和と人類愛の真の理想の擁護のために必要なのです。皆様の偉大な賭けは、数ヵ月のち、その戦争が結局のところそれほど多くの死傷者を出すことなしに、すみやかに終わった時、世界中の歓呼を勝ち取りました。

 しかし、今また、人々は再び、大量破壊兵器が何ひとつ発見されないことへの彼らの関心を表明しています。

 世界的に強力な組織のグループが、自分たち自身が決めた予定に道を開こうと、皆様3人のリーダー打倒したいと望んでいます。皆様がやり始めたことの道からはずれさせられたり、その目的を見失わせられてはなりません。落胆させられてはなりません。

 大量破壊兵器は、私が皆様に教えたとおり、− イエズスがご自身でお示しになったとおり、そこに存在します。それらは、指導者たちによって守られている、いくつものモスクの地下の防護空間の中に深く隠されています。− そして、もうすぐ、ある出来事が引き金となり、これを爆発させ、この点を証明するでしょう。

 サダム・フセインは死んではいません − 彼は自国民と連合軍に対しての地下での抵抗を指導しています。

 警戒していてください。用心し、イスラム圏にもっと多くのスパイ諜報部員を深く送り込んでください。そこではキリスト教自由主義の国々をいまだに破壊しようと強く望んでいます。

 皆様の3ヶ国 − 連合軍は、私たちが全く予期しない時に、テロリストによる大規模な攻撃を受けるでしょう。

 皆様に神の祝福がありますように、そしてイエズスが皆様に述べたように、そのイスラム寺院を発見することができるように祈ります。

神の祝福を。

 [ サイン ]

ウィリアム・カム
「リトル・ペブル」として知られている神の預言者





【 参考資料 】
ハワード首相からリトル・ペブルへの手紙
2003年4月10日


親愛なるカム氏

 イラクに関してのあなたの最近のお手紙、ありがとうございます。政府はイラクの武装解除の為の行動にオーストラリア軍を派遣することに決定しました。なぜなら、私たちはそれが正しく、合法的で、オーストラリアの国益にかなっていると信じるからです。サダム・フセイン政権下のイラクは、侵略の歴史を持ち、大量破壊兵器を隣国にだけではなく、自国民に対してさえも使用することをためらいません。もしイラクがこれらの兵器の保有を許されるなら、再びそれらを使うだけではなく、他のならずもの国家も、世界が彼らを阻止するために何もできないとわかり、同様の兵器を開発する権限が与えられたかのように受け取めるにちがいありません。化学・生物・核兵器をより多くの国々が持てば、それだけこれらの兵器がテロリストの手中に落ちる可能性が増大します。

 多くのならずもの国家と同様に、イラクは長年、国際テロリズムを支援してきました。そして私たちは、テロリストグループが大量破壊兵器を欲しがっているという事を、否定しがたい事実として知っています。彼らはそれらを、彼らの潜在力のために、そして彼らが生じさせたい恐怖のために非常に欲しがっています。そのような兵器が彼らの意のままになるなら、全ての都市もしくは地域がテロリストのターゲットになります。それらの犠牲者の数は数百、数千ではなく、数百万になりえます。

 テロリストグループは、既に私たちの生き方に対する軽蔑を示しました。彼らが反対しているのは、私たち西側の文化と価値観、私たちの民主主義の哲学と制度です。国際テロリズムには国境はありません。オーストラリアとオーストラリア国民は、他の西側諸国とその国民と同様に、世界中のどこにおいても大きなターゲットになっています。9月11日の攻撃とバリ島での攻撃は、国際的テロリストたちは、人命にたいして何の敬意も持っておらず、彼らの犠牲者の国籍などどうでもよいことを証明しました。

 テロリストのネットワークが化学兵器、生物兵器、なお悪いことに核兵器を所有することは、オーストラリアとその国民にとって直接的な、否定しがたい、そして致命的な脅威となるにちがいありません。それが、とりわけ何にもまさって、なぜ政府はイラクの武装解除の為の行動が行われなければならないと強く信じるのか、ということの理由です。それは、中東地域に対するサダム・フセイン政権の脅威を無力化するだけでなく、他のならずもの国家やアルカイダのようなテロリストグループに、世界は断固とした対応をする準備ができているという明確なシグナルを送ることになるでしょう。

 私はあなたに、私たちが国家連合で行おうとしているイラク武装解除の為の行動は、国際法のもとに完全に合法的であることを保障します。イラク武装解除のために軍事力を使用する法律上の権限は、一連の国連安全保障理事会の決議に含まれており、承認されています。1991年の湾岸戦争を終結させた停戦命令は、イラクがその化学・生物兵器を破壊し、そして前記の核兵器への野望を放棄することが条件でした。イラクはこれらの兵器を所有したり開発したりすることを禁止されました。イラクはそのようにする機会が何度もあったにもかかわらず、この停戦協定を遵守してきませんでした。その結果、これらの初期の決議に基づいて軍事行動をとる権限というものが復活されたのです。

 連合軍の最善の努力にもかかわらず、イラクの体制に立ち向かう結果として、双方の戦闘員と一般市民の死傷者を出すことは悲惨にも避けることができません。私たちの戦いはかの政権に対するもので、サダム・フセインの独裁体制下で耐え難い圧迫と権利の剥奪を受けているイラク国民に対するものではありません。いったん戦闘が終結したなら、イラク国民の支持を受け、その意思を反映した政府を確立できることを保障し、私たちはそのためにできることすべてを行います。これが、イラクの石油資源から生まれる富を、彼らの幸福と繁栄を達成する方向に向けさせることを保障する、唯一の方法です。

 オーストラリアは人道的な救援活動と、この地域での難民キャンプをサポートすることに貢献しています。私たちは緊急の食糧援助をしてきましたし、復興の努力を支援する国際的計画の一部分として、人道的援助と専門技術を援助し続けるでしょう。これらの努力における成功は、近年非常に多くのイラク人が亡命するという要因を減少させるでしょう。1991年からこのかたオーストラリアは、私たちの人道的な計画のもとに4万9千人以上のイラク人を受け入れてきました。そしてイラクでの戦闘から生じるだろう難民の流出に向けた将来のあらゆる国際的な努力に参加する準備も整っています。政府は、多くの公衆がこの問題に対して厳しい見解を持っていると理解しています。私たちはあなたの懸念を理解し、あなたの意見を尊重します。

 その上で、私は全てのオーストラリア人に、彼らの見解が何であっても、今現在、湾岸で任務についている私たちの国防軍の勇敢な男女を支持するように、そして政府に対してどんな抗議、批評をも続けて提出してくださるように強く訴えます。

 今一度、この重要な問題について私に書き送ってくださったことに感謝します。 

敬具

ジョン・ハワード

http://www.shoal.net.au/~mwoa/pdf/letter_john_howard_to_lp_10april2003.pdf




[HOME]