報道機関への公式声明 


New !!
「報道機関への公式声明 − 2002年12月16日」
(注:オーストラリア・ナウラ 2002年12月16日発表)


--------------------------------
オーストラリア首相ジョン・ハワード氏
オーストラリアの安全保障の関係各官庁
ニューサウスウェールズ州の知事ボブ・カー氏
ニューサウスウェールズ州の警察隊
各位へ

--------------------------------

 今度のクリスマスの間に起こそうと、あるテロリスト組織によって計画されている、シドニー市民に対する破壊的攻撃を暴露するよう、祝されしおとめマリアから私は依頼されました。

 クリスマスイブとクリスマスの両日の間はずっと、防衛軍と非常時担当機関に全面的警戒態勢にどうかつかせてください。

 第一目標とされているのは国際空港とハーバーブリッジです。貿易・通商を停止させることを目的としています。ハーバーブリッジとトンネルを破壊するのに一機の航空機を用いるでしょう。この航空機はニュージーランド経由便であり、ハイジャックされ、目標は環状埠頭で、いくつかの爆発物が併用されます。そうすることで基幹施設・社会経済基盤が破壊され、輸送システムが止まり、シドニー市への食料・飲料の供給が断たれるからです。ニュージーランドからの航空路で飛来する全ての便をチェックする必要があります。

 これらの行為が幾千人もを危機におちいらせるので、どうか人々に警告を発してください。この災難をくいとめることができるのは多くの祈りだけです。

 多くの人々が、心中、私個人をたいへん疑っているということを私は理解しています。− しかしながら、神の預言者としてこれらの出来事をあなたがたに警告するのは、それでもなお私の義務なのです。

 つけ加えますが、もう間もなくさらにもっと火事が発生すること。これらの火事のあとには大洪水による広範囲にわたる水没がおこるということもまた、私は告げられています。

 私は神の従順なしもべ、そしてオーストラリアのまことの息子でありつづけます。

 クリスマスの聖なる季節に神の祝福を皆さんの上に祈ります。

[サイン]
ウィリアム・カム
「ザ・リトル・ペブル」




[HOME]