報道機関への公式声明 


「アメリカ同時多発テロ事件」について
− リトル・ペブルからブッシュ大統領へのEメール (3)−
(注:オーストラリア・ナウラ 2001年10月15日発表)


親愛なるブッシュ大統領閣下

 あなたに挨拶を送り、祝福を祈ります。あなたと連絡をとり、さらなる指示を与えなさいと、聖母マリアがもう一度私にアドヴァイスなさっています。− あなたは、重大な危険にさらされているあなたの同朋の民間人と、世界の他の人々を守る必要があります。

 テロリストたちは、遠洋定期船をハイジャックしようとしています。また、水路とダムが破壊と汚染の重大な危機にあります。

 テロリストたちは、バッキンガム宮殿(英国)への攻撃を企てています。そして王室の誘拐とハイジャックをです。

 彼らは、ブリュッセルにあるNATO本部をもまたターゲットにしています。

 その上さらに、次の場所もまたターゲットです。すなわちエルサレム市内、ドイツ、イタリア、オーストラリア国内です。

 聖母は用心のため、全ての輸送機関が合衆国によって守られることを望んでいらっしゃいます。

 これが大統領閣下の役に立つことを願っています。あなたが前の天の指示に従って下さっていることがわかっています。そしてマリア様は、あなたのことをたいへんお喜びです。

 あなたに神の祝福を祈りつつ

ウィリアム・カム
リトル・ペブル


--------------------------------
 上記の2001年10月15日にリトル・ペブルからブッシュ大統領に送られたEメールは、ホワイトハウス、FBI、そしてこれらに関わる数ヶ国の首相にも送られました。また、いくつものニュースメディアにも同様に送られました。神の母は子らと、耳を傾ける全ての人々へのアドヴァイスを続けて下さっており、この悲しい時の間、警戒と祈りの必要性が重大であることに注意するようにとおっしゃっています。

キリストにおける皆様の誠実な友
マルコム・ブロサード神父



[HOME]