報道機関への公式声明 


全てのニュースメディア、世界中の報道機関へ
火星の2つの衛星は軌道を去ってしまった?
(注:オーストラリア・ナウラ 2001年8月29日発表)


フォボスとダイモス

 昨年、つまり2000年の6月10日に、私は報道機関へ公式声明を出し、同月の76Pコホーテク彗星の接近飛行により、この彗星が火星の衛星か、あるいは火星自体に衝突してしまったと知らせました。

 私はまた、この衝突のせいでできた彗星の3つの破片が今、私達の方へ向かいつつあること、地球へ衝突の可能性があること、その3つの破片の衝突よりも先に、76P彗星と火星または火星の衛星との衝突で発生した「ちりの雲」が地球に向かいつつある、ということもお知らせしました。

 皆にこの警告が与えられましたが、今までのところNASAおよび他のメジャーな科学者・天文学者から何の返答もなく、各国政府の官僚からも反応がありません。しかしながら、アマチュア天文学者・科学者らは、この可能性について、私にすでに同意しました。


この数週間

 これらの天文学者の一人、グレン・W・ディーン氏は、火星の天文写真を撮り、火星の2つの衛星が軌道上から姿を消しているのを発見しました。以下をご覧ください。

June 28, 2001 (YOWUSA.COM) - First article by Glen W. Deen
http://www.yowusa.com/Archive/June2001/28JUN01a/28jun01a.html

August 9, 2001 (YOWUSA.COM) - Follow-up article by Glen W. Deen
http://www.yowusa.com/Archive/August2001/The_Phobos_Mystery_Continues/the_phobos_mystery_continues.htm

August 22, 2001 (YOWUSA.COM) - Article by Marshall Masters
http://www.yowusa.com/Archive/August2001/MPML_Glen1/mpml_glen1.htm

 これらの発見はまた、有名なマーシャル・マスター氏からも支持されています。(参照:上記の2001年8月22日 YOWUSA.COMの記事)

 今、彼らとNASAの間で論争が噴出しています。NASAは、そんな事実はないと主張しているのです。しかしながら、彼らは公表したデータを研究し、それに対して賛成または反対の公式声明を出すようにと、全ての科学者と天文学者に向けたアピールをすでに出しました。

 私が昨年お知らせしたように……神様から描写されて私がこの出来事の将来を幻視したように、ほぼこの出来事はなっていくと、イエズス様はおあかしになりました。

 したがって私も、グレン・W・ディーン氏とマーシャル・マスター氏が、フォボスとダイモスが火星の周回軌道からすでにはずれてしまっているという、彼らの主張を論じ合うために出したアピールに、この公式声明を加えるものです。

 私は、全ての報道機関と政府に、この呼びかけを真剣に緊急に受け入れてくださるよう願います。なぜなら、私達に危険が差し迫っているにちがいないのですから。NASAとその他の世界的機構は、この情報を隠蔽し続けるにちがいありません。

皆様に神様の祝福を。

神の預言者

リトル・ペブル


予防手段

 この公式声明を読んでいる方々へ。困難な状況のかなり偶発的な事態にそなえ、前もって計画を練ることは良いことです。可能性として、地球の環境に甚だしい影響がでることは当然予測されます。どうか、下記の物品を、常識というものが重要な原則であることを心に留めつつ考慮してください。強風、極端な気象と同様に、あちらこちらで起こる火事のことも覚えておいてください。これらのシナリオが現実となった場合、いくつかの物品を持ち合わせていることが良いと思われます。

ストックすべき物品
  水、缶詰、乾燥食品、あたたかい服と暖をとる手段、あなたに必要な医薬品


 あなたの国、地域、県、市町村の利用可能な公的緊急救援活動を調べてください。非常事態への備えと、災害救助の文献はたくさんあります。

 さらに多くの情報を得たい方は、初期の2000年7月22日の公式声明をご覧ください。



[HOME]