報道機関への公式声明 


一般大衆、報道機関への公式声明
緊急事態の計画 ― ちりの雲 ―
76Pコホーテク彗星のフォボスと火星への衝突の結果
(注:オーストラリア・ナウラ 7月22日発表)

(注:ただし、リリースは、「印」が現れる時点に限ります)

 すべての善意の子らへ。

 時の始まり以来、誰も経験したことのない出来事を、まもなく私達は経験することになります。神の聖なる御言葉である聖書、そしてあらゆる世紀の幾千人もの聖人と、現代のカトリックの世界からだけではなく、他のキリスト教と、キリスト教以外からの預言者を通して、神はこのことを明らかになさってきました。

 まもなく世界の人々を苦しめる出来事は、「アルマゲドン」「ディープインパクト」および「Meteorites」という、近年の映画において描かれたものに比較可能な出来事です。この直撃は、「ワームウッド(にがよもぎ)」として知られている彗星の、予期されている直撃ではありません。このことは数年先に起こります。しかしこの地球への直撃は、今年の9月から12月の間でしょう。この直撃は3つの段階で来ます。つまり、もし、このコホーテクと火星の接近通過が私達の信じるとおりであればこうなり、しかも遠い未来の問題ではないということです。

 3つの段階は明瞭です。

1. 8月下旬―9月初旬から9月中旬: 泡のようなエネルギーのエアポケットが、それは火星とその衛星フォボスへの直撃に起因する「ちりの雲」によって引き起こされたのですが、大気圏外から地球に向かってきます。これは地球の大気中に巨大なハリケーン、サイクロン、竜巻と雷雨を生み出す、全世界規模の電気的な放電する嵐を生み出します。

2. そして、ことによると9月半ばから10月の末頃に、「ちりの雲」は小さな小石のような隕石を含んでいて、それが地球を爆撃し、多くの火災を生じさせます。

3. そして最後に、3つのかなり大きい石が(おそらくは0.5キロメートルか、それより小さい)、この惑星を打ちます。ひとつは合衆国の陸上に、もうひとつはフランスの陸上に、そしてもうひとつがクリスマス島に近い太平洋上にです。陸上の直撃は、太平洋上の直撃よりも深刻ではありません。


 しかしながら、以下は現在考慮されるべき緊急事態計画です。特にオーストラリアの東海岸線、アメリカ大陸の西海岸、中国・アジア・日本・ニュージーランドの海岸線、そして、すべての島に住んでいる人々のためです。

 いったん皆さんが、前もっての警告のニュースを聞いたなら、パニックにおちいらないで下さい。私は今、皆さんに個人的に勧めます。水、缶詰の食料、乾燥食品、暖かい衣類、暖を取るための手段をストックしてください。しかしながら、どの沿岸地域に住む人も休暇を取って、海から離れた内陸に行ってください。津波が約200フィートか60メートルの高さなので、小さな島に住む人は、できれば大きな島に移動するか、とても高い場所に移動してください。陸にいる人々は、非常事態のための全ての手続きに単純に従うべきです。

 どうぞ注意してください。政府は緊急事態手続きか、ことによると戒厳令をしきます。非常事態の場合に忘れないで下さい。
 これらの直撃の影響は、火山の噴火と大地震も引き起こします。巨大な断層の線近くに住んでいる人々は、そこから転居すべきです。いったんこのすべてが終わったら、多くの死者がいるでしょうから、衛生に大変留意してよく実践してください。そうすれば水不足や、他の要因で、あなたが病気になることはないでしょう。すべての家庭が包括的な医薬のキットと、役に立つ応急手当のキットを常備し、応急手当の技術を磨いておくべきです。銀コロイドが自然の抗生物質なので、それをストックする必要があります。

 信仰を持っている人は、恐れる必要はありません。なぜなら神様は、すべてを見守っていらっしゃるのですから。

 これらの出来事がいったん過ぎれば、約3〜4ヶ月で生活は正常に戻るでしょう。しかし、もしあなたがキリスト教徒であれば、覚えておいてください。これはダニエル書に書かれている苦難の、ほんの始まりに過ぎないということを。これに続いて起こる出来事は、これもまた聖書に書かれていますが、その後、第7の封印が解かれるのです。

 どうぞ、この出来事に先駆けて、すべての民族、政府、統治体、教会の指導者、メディアに、この情報を転送してください。しかし、火星が見えるようになる時までは(そのことは8月下旬〜9月上旬に起こります)、この情報を転送してはいけません。

 すべてが知られた後、私は皆さんに、2000年10月から2004年12月までに起こる、次の出来事をお知らせします。

 起きる全ての出来事にもかかわらず、神様はいつもそれを支配しておられ、私達の救い主だということを、いつも覚えておいてください。

 皆様全ての上に、神様の祝福をお祈ります。


2000年7月22日

リトル・ペブル

----------------------------------------------------------------
 リトル・ペブルからの追加の情報New !!

 私は、2000年7月22日の私のプレスリリース(上記)に付け加えたいと思います。

 以前の私のすべてのプレスリリースにおいて、次のことをはっきり述べてきました。つまりコホーテク彗星の火星への接近通過が、衛星フォボスと火星に、バウンドする様式での直撃のシナリオだった可能性があります、と。 また、フォボスが、その軌道からはじき出されて、地球に向かう可能性もあります、と。 私は、フォボスが太陽に引かれる新しい軌道に入っていると考えます。しかし、後日、地球への衝突進路に入るでしょう。その進路に入るのは、おそらくは2000年のクリスマスか、近い将来のいつかです。

 私がこれを言う理由は、私の以前のプレスリリースのこの問題を混同しないためです。フォボスが地球に向かってくるより先に、コホーテク彗星が崩壊してしまったことによる、その埃と小片がまず第一に地球に向かっていると信じています

 フォボス現象は、「大警告」を引き起こすでしょう。「大警告」は、私が言及した他の出来事に、さらに続いて起こるのです。フォボスは、地球の大気圏をバウンドしていくだけなのですが、それは巨大な爆発を引き起こします。このようにして、地球を、太陽をめぐる新しい軌道に約6ヶ月間投入して、そして、地球の地軸の傾きに大変化を生じさせるのです。

2000年7月24日

リトル・ペブル



参照:
メッセージNo.601
(英語)   http://www.shoal.net.au/~mwoa/the_messages/m601.html
(日本語) http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/lpm601.htm

先のプレスリリース「教会の牧者たちへ - 76Pコホーテク彗星」:2000年7月15日
(英語) http://www.shoal.net.au/~mwoa/press_releases/press_release_15_july_2000.html
(日本語) http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/pr_000715.htm



[HOME]