報道機関への公式声明 


教会の牧者たちへ - 76Pコホーテク彗星
聖職位階、および各報道機関への公式声明
(注:オーストラリア・ナウラ 7月15日発表)


 皆様に、愛する救い主イエズス・キリストの御名において挨拶します。私は、皆様に神の預言者 ― 神の僕として書き送ります。

 私はカトリックの幻視者で、現在、ウォロンゴング教区のフィリップ・ウィルソン司教様の調査のもとにあります。私がこの召命を受けて以来、ずっと私の人生で受けつづけてきた嘲笑いと軽蔑をたとえ受けようとも、下記のことをお知らせすることは、私の義務です。この情報をどう扱うかは、あなたと神様の間の問題です。私は、ただ伝える役にすぎません。

 1980年代、1990年代、そして現在、今年の3月、4月、5月にも、76Pコホーテクと呼ばれる彗星が、今後数ヶ月間のある時点で、この地球に巨大な問題を引き起こすという幻視を、私は与えられてきています。火星または、火星の衛星へのこの彗星の衝突は、衛星フォボスを徐々に地球に向かわせるということが示されました。NASAは、今年初め、この彗星の火星への接近通過は、切迫した危険を伴わない、と発表しました。しかし天は、衝突が起きると、幻視をもって示してくださいました。もし、これが事実なら、この地球は、9月中のいつか、大きな危険にさらされます。

 今日流行の分析でもって、オーストラリアでも世界中でも、大部分の聖職位階は、全ての幻視者を変人と信じ込んでいるので、このため幻視者はひどく迫害されてきています。もし、このシナリオが正確に実現すれば、預言者たちは正しいと示されますが、いったんこの地球に破砕物が直撃してしまったら、それが何になりますか? シナリオにそって正確に実現しても、うれしくなんかありません。そしてその時、何百万という人々が死ぬのです。なぜならば、人類、特に教会の聖職位階が、神の言葉を聞こうとしなかったからなのです。耳を傾けていれば、このことが回避できたのですから、この出来事に対して、皆様が責任を負っているのです。

 どうぞ、下に掲げたホームページで、最新のニュースをチェックしてください。そして人々を準備させてください。それは祈りと、世の終わりは差し迫ってはおらず、これらの厳しい試練の最中にも希望が存在するということを再保証することをもってしてです。すべての人は、自分自身の霊魂を準備しなければなりません。そしておそらく、この出来事の後で、皆様は、私と他の多くの幻視者に、天が与えつづけてきている天のメッセージを信じることでしょう。

 皆様の上に、神の祝福を祈ります。

2000年7月15日
ウィリアム・カム  「リトル・ペブル」


参照:
THE LITTLE PEBBLE WEBSITE    http://www.shoal.net.au/~mwoa/index.html
YOUR WORLD NEWS          http://yowusa.com
THE MILLENNIUM GROUP      http://www.millenngroup.com
「彗星・太陽系に関するメッセージ集」http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/lpm_index.htm



[HOME]