報道機関への公式声明 


 ファチマ第3の秘密
- リトル・ペブルより光の子らへ - 
(注:オーストラリア・ナウラ 6月29日発表)


 今日、カトリック世界は、地球を粉々にするようなニュースを待っていました。それは、ファチマ第3の秘密に関してです。彼らが受け取ったものは何だったのでしょう? 世界を呆然とさせるはずの一級品の代物です。それで、秘密とはいったいなんだったのですか? 何の秘密ですか? 一息も出ない風の袋です! 

 教会当局によって明らかにされたものは、2000年5月13日に、ファチマで読み上げられたものだけでした。はずれくじです。まるで世界のために、それが重要でないかのように、私的啓示の必要性を水で薄める、43ページの神学的専門語があり、こうして、全ての私的啓示と同一のカテゴリーに入れてしまったのです。

それで、それがどうしたというのですか? 自分でメッセージを読んで御覧なさい。

「私が既に説明した二つの部分の後に、聖母の左手ちょっと上に、私達は一位の天使が、左手に炎の剣を持っているのを見ました。剣は、稲光を放っていて、世界に火をつけるかのように見える炎を発していました。しかし、その炎は、聖母の右の手から、その天使に放射した輝きに触れると消えてしまい、天使は、地球を右手で指差し、『つぐのい(償い)! つぐのい! つぐのい!』と大声で叫びました。

 そして、神である膨大な光の中に、私達は、人々が鏡の前を通り過ぎるとき、彼らが鏡の中にうつるのと同様なものを見ました。白い服の司教(私達は、それはパパ様だという印象を持ちました)、他の司教達、司祭達、男女の修道者達が、けわしい山を登っていました。その山の頂上には、大きな十字架があって、樹皮のついたコルクの木のような荒削りの幹の十字架でした。そこにたどり着く前に、パパ様は、半ば崩れ落ちたある大きな都市を通り過ぎたのですが、苦痛と悲しみで苦しめられて、歩みも進まず、半ば震えています。彼は道の途中で見る死体のために祈りました。

 山の頂上につくと、その大きな十字架の下に跪きました。ある軍人の一隊が、パパ様に銃弾を打ち込み、矢を射込み、パパ様を殺しました。そして同じ方法で、そこで次々と他の司教達、司祭達、男女の修道者達、様様な階級と身分の平信徒たちが殺されました。十字架の左右の横木の下に、二位の天使がいて、各々クリスタルの灌水器(聖水を撒くための聖具)を手に持っていて、それでもってその殉教者達の血をすべて集め、その灌水器で、神への道をたどっている霊魂たちに、血を振り掛けました」


 なぜこれが40年間も秘密のままであったのでしょうか? 地球を粉々にするようなニュースではありませんでしたし、パパ様が傷つけられていたニュースでもありませんでした。パパ様が傷つけられていたニュースは古いもので、秘密でもありません。なぜなら150年前に、聖ヨハネ・ボスコが、夢の中でパパ様が傷つけられるのを見たからです。それでは、なぜ、これが秘密にされてきたのでしょうか。40年間という、1960年からの年月だけでなく、パパ様が撃たれた後でさえも?

 しかしながら、全ての教会のリーダー達と、世界のメディアが、事実と真実をつかみそこなったのです。ファチマの秘密は、公表されたものよりずっと多いのです。そして有名なラッツィンガー枢機卿様に率いられる教理聖省は、この秘密を非常にはっきりと誤釈しました。

 それが言うには、パパ様は撃たれ傷つけられ、枢機卿達、司教達、修道者達の死体をまたいでいきます……そして死にます。彼らはこれが1981年5月13日の暗殺未遂のことを言っていると主張しています。これはそうではありません! この預言は、いまだに実現していないのです。けれどもこの預言は、非常にまもなく起こります。その時、第3次世界大戦が勃発し、ローマは侵略され、そしてパパ様は傷を負わされ、枢機卿達を含むたくさんの修道者達が、バチカンの中で死体となって見出され、その間、パパ様はローマを脱出し、身を隠します。このことは、私達の地球への、彗星の飛来を促します。


 ラッツィンガー枢機卿様の言うには、今公表されたこれらの文書は、20世紀に既に起こってしまったことを言っていて、人類はそこから学ぶそうです。これは全く理解できません。人類がファチマの教えから、いったい何を学びましたか? 全然何も学んではいません。聖母が、第二次世界大戦が始まることを啓示しても、それが第一次世界大戦が終わろうとしていた期間ですらあったのに、そしてさらに多くの戦争があったにもかかわらず、何も学んでいないのです。

 1981年10月に、ドイツのフルダで、パパ様とカトリック教徒の集いで、あるインタビューが、「信者の声」という意味のプレス「Stimme des Glanbens」によって報道されました。パパ様は述べて、しかも断言して、ファチマの秘密の一部は、何百万人もの人々が、一瞬のうちに死ぬことに言及しているといいました。2000年5月13日にファチマでは、パパ様は、私達が啓示の書(ヨハネの黙示録)のど真ん中にいる、といわれました。例をあげれば、第12章3節「そして別の印が天に現れた。全ての人は、七つの頭と十の角を持った、巨大な竜が現れるのを見つめる」。では、今や危険は去って、私達は明るい未来を見ることができるなどというのですね……。いったい、夢の世界に住んでいるのは誰のことですか?

 また声明ではこうも言っています。パパ様の聖母への世界の奉献によって、ロシアの奉献は今や果たされた…… これは共産主義社会の崩壊によってわかる、と。
これは正しくありません。聖母は、こうおっしゃったのです。ロシアが(名指しで)聖母の汚れなき御心に奉献された時、短期間の平和な治世が与えられます、と。

 ベルリンの壁の崩壊以後、平和がありましたか? それどころか中東戦争とバルト諸国の多くの戦争があったではありませんか。聖母は、もしそれが必要でないなら「ロシア」という言葉を明確に使わなかったでしょう。1917年以来、歴代のパパ様のほとんどが、世界を聖母に奉献してきました。それで、今どうなっていますか? 天の単純な御要求に対して、神学的議論など必要ありません。

 ファチマの秘密の第二部では、いくつもの国が全滅し、消え去ると聖母はおっしゃいました。それは国境線の変更を意味しているとでも言うのですか?

 何万もの幻視者からの啓示に、教会位階はずっとあふれてきました。最近列福されたピオ神父ですら、このパパ様が、彼自身の血を殉教者として流して死ぬと預言しました。それでは、いったいどこに平和があるのですか? パパ様は、まだ死んでいません。したがってファチマ第3の秘密は、まだ実現していません。そして、これが実現するのには、多くの重要な出来事が起こらなければならないのです。

 ラッツィンガー枢機卿様が言い続けるには、私的啓示は、教会を助けるのに間に合うエピソードで与えられる、しかし人は信じる義務はないのだ、と。これは言葉において矛盾しています。まるでガンの診断をする医者が、その時、余命3ヶ月と言い、なのに私を信じる義務はないと言うようなものです。どんな結果が生じますか? 死です。しかし、その医者はまた、正しい治療によってあなたは助かるとも言います。その患者は、医者の話を無視することに決めます。そして、その結果は明らかです。

 教会の教えにおいて、それとは異なってはいますが、人は私的啓示がいったん教会権威から承認され、受け入れられたなら、人は実に、その全ての私的啓示を信じる義務があるのです。例をあげるなら、(第一バチカン)公会議、「神がご自身を啓示なさったら、信仰の従順を神にあたえなければなりません」(出典:Redemptoris Custos 記事4 - 使徒的勧告) 私的啓示もまた、神の信仰の対象でありえます。(出典:教義神学のマニュアル。A.D. Tanquereyの教え) 聖トマス・アクィナスの神学大全からの教義的文書もあります。それは、それが信仰に関することとして、福音におけるイエズスの、そして旧約聖書の文書の公的啓示に含まれる、神的真理を支持するものとして、いったん教会から、その私的啓示が認められたなら、人はそれを信じる義務がある、と言っています。

結 論

 教会位階から公表された、ファチマ第3の秘密は、事実と真実を水で薄めたものです。それは、ファチマの秘密の最終段階がまさに展開されようとしていて、そして神は決して永遠に嘲られはせず、人類を跪かせようとしているからだということを、教会位階はよく知っているからなのです。

 私は、私の声明に教会位階が反論するように挑戦します。目のあるものには見させ、耳のある人には、荒野で叫ぶ真理の声を聞かせなさい。私は、教会の忠実で従順な僕としてとどまりますが、まず神に対してそうであるのです。


2000年6月29日

「リトル・ペブル」として知られている、
ウィリアム・カム


参照:「聖シャーベル修道会」公式サイト(英語)
http://www.shoal.net.au/~mwoa/index.html



[HOME]