報道機関への公式声明 


火星と彗星76P衝突 緊急最新情報 
(注:オーストラリア・ナウラ 6月24日発表)


世界の友人たちへ

 5月5日から5月28日にかけて、太陽系の惑星は直列していました。そしてコホーテクと呼ばれる彗星もまた、火星に接近しました。この彗星の火星接近は、世界中の天文学者によって、注意深く観測されました。そして特にNASAによってでした。 この出来事の数ヶ月も前に、NASAは公衆に、これは異常事態になりそうだ、と助言したのです。それにもかかわらず、その日が過ぎ去って以来、それについて、ほとんど何もNASAが言及しないのは、いったいなぜでしょうか?
 他の多くの人が確信しているように、私もNASAが、起きている事実をひた隠しに隠している、と確信しています。数週間前、私はメディアに、職務を果たしてほしい、と頼みました。なぜなら、私は、世界中の政府が、公衆から、この事実を隠している、と確信しているからです。
 大きな出来事は、すでに起こってしまったのです。火星、または火星の衛星に、彗星の直撃があったのです。破片、または大きな彗星、衛星、または火星のはぎとられた部分が、今地球に向かっています。それはだいたい9月か10月あたりに、地球を直撃するはずです。公衆は、これを知り、差し迫っている危険を意識するようになるべきです。
 なぜ、合衆国政府は、東および西海岸沿いの住人に、近く起こるだろう津波に対する警告をしているのでしょうか? 政府は、それはプレートがずれるからだと言っていますが…。なぜ、まったく突然に、巨大な護岸壁が建てられているのでしょうか? 何か、緊急事態なのでしょうか?  私は、報道関係者に、今、人々に気づかせるようにと頼んでいます。オーストラリアの東海岸沿いと、島に住む人々のためにもです。
 なぜ、人々が、火星の最新の詳しい情報の公表を、ちっとも期待していない時に、火星の水のニュースなど発表するのでしょうか?

 人々と、地方自治体がしなければならないことは、これです。

私は、報道関係者が今まで応えていないのに、驚いています。
皆さんの協力に感謝します。

敬具 

「リトル・ペブル」、神の預言者

2000年6月24日


参照:ミレニアム・グループ
http://www.millenngroup.com/repository/cometary/marshit5.html



[HOME]