報道機関への公式声明 


2000年6月9日、火星と彗星76P
衝突の件(
ミレニアム・グループのウェブサイト
(注:オーストラリア・ナウラ 6月10日発表)


 彗星76Pが、火星または火星の衛星を直撃したということは、非常に明らかです。合衆国のミレニアム・グループは、皆さんの助力を願っています。

 合衆国政府は、この生命に関わる情報を、公衆から隠しつづけています。皆さんは、この真実を、「ウォーターゲート事件」がそうだったように、あばくことができるのです。

 私は、地球がきわめて重大な危機に瀕していると確信しています。イエズス様は、次のことを明かして下さいました。火星と彗星のこの衝突によって、こわれた3つの部分ですが、3つの大きな部分は地球に向かいつつあるのです。ひとつはフランスを直撃するでしょう。もうひとつは合衆国を、そしてもうひとつは太平洋地域をです。

人々には、真実が語られ、警告が与えられるべきです。

敬具

リトル・ペブル


参照:ミレニアム・グループ
http://www.millenngroup.com/repository/cometary/marshit2.html
(注:6月14日現在、非常につながりにくい状態が続いています)



[HOME]