報道機関への公式声明 


2000年5月5日の惑星直列
起こりうることへの警告

(注:オーストラリア・ナウラ 3月7日発表)


メッセージNo.514(リトル・ペブル:抜粋)
1996年4月13日

「惑星直列の時、あなたたちが待っていた大きなしるしが来るでしょう。皆の目に見えます。そして大懲罰がやってくるのだとわかるでしょう。」

メッセージNo.37(抜粋)
1985年9月29日

「コホーテクという名の彗星によって、大警告は引き起こされるでしょう」


神の民へ

 今まで何年もの間、私達はコホーテクという名の彗星があらわれるかどうかを知るために、ニュースを見続けてきました。というのは、1970年からこのかた、多くの預言が、コホーテクと名付けられた彗星によってもたらされる、神からのしるしに関係しているからです。イエズス様とマリア様は、しばしば警告のしるしについて、話して下さっています。それは、太陽系の9つの惑星とコホーテク彗星の直列するときに世界に与えられるものです。
 最近、天文学に焦点をあてている、世界的に有名な「ミレニアム・グループ」が、ウェスト・コホーテク・イケムラ彗星について公式声明をだしました。それは火星に向かっていて、衝突の起こりうる進路をとっています。この彗星について、もっと研究したい方は、彼らのホームページにアクセスして下さい。

http://www.millenngroup.com/repository/cometary/marshit.html

 イエズス様とマリア様は、惑星の直列についても話して下さいました。それは今年の5月に起きます。そしてその彗星が、火星に最も近づくのは2000年の5月28日です。すべての神の子らは、何をすべきか、何を待ち受けるべきかを知っています。
 信じていない人々へ、もし彗星が、火星か、または火星の衛星にぶつかれば、全人類にとっての災いとなります。それで、用心として、食料と水をためることを考えて下さい。
 以下にあげるのは、これについて私に与えられたメッセージ(抜粋)のいくつかです。神様の祝福を皆さんの上に祈ります。

リトル・ペブル

------------------------------

メッセージNo.437(抜粋)
1986年5月18日

「聖母は、今、空を指さします。すべての星が見えます。星は、空を移動していて、文字を形成しています。『警告』と『コホーテク』という言葉が見えます。たくさんの星雲が見えます。そのうちの一つに大きな彗星が見えます。その上に白い十字架が あります。聖母がおっしゃいます。『これがコホーテクですよ』 聖母は指を動かしていて、それにしたがって、彼女の力によって彗星も動きます。それが星雲から星雲へと動いていくのが見えます。彗星が、とてもとても地球に近づくのが見えます。彗星が、月がまわるように、地球のまわりをまわっているのが見えます。けれども、とても速くです。」

メッセージNo.361(抜粋)
1992年5月13日

「太陽が、大気圏で、非常に速くうずまき運動をしつつ自転しています。説明することは、ほとんど無理です。太陽はもっと大きいので、地球のように小さいはずがないと言いたいのです。それなのに、聖母のうしろにそれが来ると、月のようなのです。けれども太陽のように明るいのです。それが大気圏内にうずまき運動をしつつ戻るにつれ、たくさんの炎と火花を外に発します。しかし、それが外にたくさんの炎と火花を発している時、太陽系の惑星が見え、太陽が惑星を飛び越していくようで、それが大部分の惑星の通常のパターンを非常に不規則にする原因となっているようです。聖母が話して下さいます。
 私のいとしい子、あなたが見ているのは、将来の出来事です。それは太陽系の惑星が、軌道と動きにおいて不規則になるということです。世界はすぐに、天に多くの不思議を見るでしょう。そしてこれらの天体の変化は、地球上の出来事の多くの混乱を引き起こすでしょう。これは終わりの日々のしるしの一つで、人類を私の神なる御子イエズス・キリストへの信仰に改心させるためのものです。」

メッセージNo.466(抜粋)
1995年1月13日

「そうです。あなたたちは天に、地上に、地球内部に、大洋に、空中に、惑星たちに、そして見ること感じること、全てにしるしを見るでしょう。私の甘美なる子らよ、大変な無秩序が、世界に起こってしまったからです。闇の堕天使ルシフェルが、世界に不一致、混乱、誤解をもたらしてしまったからです。私達の子らの心から、罪の意識がなくなってしまいました。」

メッセージNo.479(抜粋)
1995年7月1日

「白い十字架の右側に地球が見えます。すべての大洋と陸地が。月も見えます。今、この星か彗星が見えます。それは方向を変えたようで、地球に向かって、とてもとても速く進みます。それが地球に近づくにつれ、月も見えます。月はもう白くありません。とても赤くなってしまいました。月はふるえています。地球をまわる軌道からずれて進んでいます。それまでより地球に近いところを進んでいるようです。彗星は、まだ地球に来ていませんが、とても速く進んでいるようです。彗星が地球に向かってやってきたのが見えます。しかしたいへん近くをかすめ、地球を過ぎ去り、地球と月の間を行きます。地球もふるえています。彗星はぐるっとまわって、反対側をかすめていったようです。白い十字架には、今はその中心部から出た血のような赤いしみがあり、それは横木にひろがっていきます。それはとても大きいのです。この血は、この聖堂に向かう道上を流れています。
 地球がもっと近くに見えます。大洋は盛り上がり、いろんな国の海岸線で、岸めがけて押し寄せるようです。地球上にはたくさんの混乱があるようです。彗星は、地球の反対側から戻ってきました。空に戻ってしまい、再び十字架の上方にあります。ちょうどそこに止まっています。
 十字架の頂上が、とてもとても広く開いていきます。別の世界を見せようとするかのようです。なぜなら、そこを通して見えるのですから、そしてそこには他の次元があります。」

メッセージNo.515(抜粋)
1996年5月2日

「私は最初に彗星を見ます。その尾部は、地球の大気圏にとても近いようです。というのは、それが大気圏で火花を発していますから。そして塵が地上の人々の上に落下しています。」

メッセージNo.514(抜粋)
1996年4月13日

「あなたたちの世界は、まもなく多くの試練に見舞われるでしょう。日常の試練という点においてさえもです。私の愛する子らよ、毎日のように災害が国から国へと続きます。見なさい、聞きなさい、そして祈りなさい。そうすればあなたたちはわかるでしょう。私が何年にもわたって、あなたたちに告げてきたことの全てが起きようとしていることが。
 あなたたちが待っていた大きなしるしがやって来るでしょう。それは惑星の直列が皆に見えるようになる時です。そしてあなたたちは大懲罰が地球に来るのだということがわかるでしょう。だから、あなたたちの心を開ききって、神の御計画とあなたたちに対する神のまことの御意志に従いなさい。それは地球の終わりまでも、神に従っていくためです。」

メッセージNo.37(抜粋)
1985年9月29日

「多くの人が、ハレー彗星が大警告に関係していると信じています。そうではないということを、私達の子らにはっきりさせておきたいと思います。その警告を引き起こすのは、コホーテクと呼ばれる彗星でしょう。ハレー彗星ではありません。愛する子らよ。そして大懲罰は、その彗星は地球に激突するのですが、ワームウッド(ニガヨモギ)と呼ばれます。」

メッセージNo.587(抜粋)
1999年7月13日

「何か彗星のようなものが東から北西へ進み、遠くに行くのが見えます。太陽は、まるで火事のように明るく燃えています。赤い光線が太陽から地球へと差し輝いています。それらの光線はとても熱く、燃える火のようで、人の肉に達する時、肌を貫通し、骨の内部まで達します。」

(注):本文中に引用されているメッセージの全文(英語)は、下記を参照して下さい。
       The Website of the Little Pebble



[HOME]