箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
に与えられたヴィジョン


2005年8月16日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】



新しいヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ 奥田 力 に与えられたヴィジョン


--------------------------------
北海道滞在中に観たヴィジョンについて
2005年8月16日AM11:20〜1145

--------------------------------
下記のヴィジョンを観ました。

 2005年8月15日、夕方、山形県から仙台経由で札幌に、飛行機で向かいました。その当日は非常に肉体的に疲労がたまっていたので、すぐに、とあるホテルにチェックインしました(北海道への旅は、私の職業ソーシャルワーカーに関すること、私の家の家系をたどる旅でもありました)。翌朝、2005年8月16日、ホテルの居室内で、このミッションの知人と40分ほど電話で話しました。ヴィジョンは、その電話の後に観ました。

【 ヴィジョンの内容について 】

 円錐形の山と、その下に湖がありました。空は晴れ、青く、大変美しい風景でした。しかし突然、山の頂上より右下付近から大きな爆発が起こり、溶岩が流れ、噴煙と水蒸気がたちこめ、溶岩が山の麓の湖に流れ込んでいく様子が観えました。これは2回、同じ様子を観ました。他にもヴィジョンがありました。

 そのため、ジャン・マリー神父の指導を想いおこし、すぐに手元のノートにヴィジョンの内容を記録しました。また、まだ識別のための秘密の印をいただいていませんので、印を求めることはしませんでした。今回のヴィジョンの確認を求めるため、その日のうちにリトル・ペブル氏宛てに手紙を書き、オーストラリアに送りました。その後、10月上旬に返信があり、ヴィジョンは天からのものであると確認がとれました。

(注: 地名や、山の名前、時期などは示されていません。また、私たちに恐怖を与えるためのものでもありません。神様からの知らせ、シグナル、警告であり、噴火がいつ起こるかなどは一切示されていません。むしろ神からのものである以上、安心して、信頼を持ち、実直に受けとめて、災害が起こらないよう、聖母マリア、大天使聖ミカエルに保護と取次ぎを願い、いつも自分の分際にあった祈り、償い、犠牲をイエズス様の聖心にお捧げすることが好ましいと思います。)

 このヴィジョンの後、私はホテルをチェックアウトし、札幌駅に向かいました。それから函館方面行きの特急に乗りました。発車の前に、宮城県地方で発生した大きな地震のニュースを、ラジオや車内のアナウンスで聞きました。

十M 皆様の上に神様の祝福がありますように、心からお祈りいたします。

2005年10月23日
ミシェル・マリー・フランソワ 奥田 力





 皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」



 上記の公的メッセージは、リトル・ペブルさんによって確認されました。しかしながら、100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】