箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の助け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられたメッセージ


2006年10月21日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona DriveCambewarra, N.S.W. 2540AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年10月21日PM9:50-10:20
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)


聖母マリア様:
 愛する子供たち、あなたがたを祝福します。聖母があなたがたにお話しします。
 今、新たな転換期にきています。天を信頼して歩んでください。今、「ふるいわけ」をしています。愛する息子(ジャン・マリー神父)のことで讒言(ざんげん)がされています。神は愛する息子にすべてこれからの仕事、なすべきことがらを託しました。福音に基づいて行動することはどういうことなのかを、この日本で知らされ、照らされることになります。
 混乱をいだいている人々は、前の考えを変えようとしません。(ジャン・マリー神父を)悪魔だと言って批判します。子供たち、神が今まで何をしてきたか、思い出してください。実務にあたっているコルベ・マリーに、多くの慰め手を送り、支えます。
 まことにメッセージだけに興味をいだいた人は、愛する息子(ジャン・マリー神父)が、聖母の浄配であるリトル・ペブルをどれほどに愛し、忠実に従っているかを悟ることができないまま、うわべだけで批判をしています。聖母は涙をもって彼らも愛していると、今はっきり伝えます。
 あなたがたはよく考えて第3世代の子供たちを愛し、彼らをやさしく保護してあげなければなりません。「幼な子路線」の道に対して、いっときの間、批判をあびて、そしてイエズスの教えがどういうものであるか、自ら知るようになります。リトル・ペブルの孤独な状態をあなたがた、ここに集められたかわいい子供達は身をもって知らされ、彼に対する花嫁の愛を燃やす準備として、この試練に立ち向かっていくのです。
 愛する子供たちに祝福を送ります。どうか守護の天使と保護の聖人に深く話しをして、これからの仕事に対して助けを求めてください。いっときも離れず知恵を与え続けます。司祭の祝福をコルベ・マリーと、マリー・レベッカ、そしてミシェル・マリー・フランソワにお願いします。


ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 ローキューションをいただく前、今までの状況を2階でお話しを聞いていました。新しいことがおきていること、インターネットのアクセスとか、話しを聞いていましたが、途中で携帯電話の話をしていまして、これからいろいろ新しいことをこころみようと話しをしていたときにインスピレーションがありました。これは2回あったんですが、最初は「識別のためのしるし」を求めませんでした。2回目も同じインスピレーションがありましたので、「識別のためのしるし」を求めました。それは私の思いの中に「中学生とか高校生、子供たちがこれからアクセスするんじゃないか」という何か強い思いで、頭からはなれなかったんです。それをジャン・マリー司祭に話しをしまして、「識別のためのしるし」を求めました。そうしたら「識別のためのしるし」がありました。そこで、何かローキューションがあるかもしれないということで、みんなで私の部屋にきて、ローキューションを待ちました。「しもべは聞きます。お話しください」といって祈っていると、もう一度しるしをくださいましたので、ジャン・マリー司祭に伝えました。そしてもういちど「しもべは聞きます。お話しください」と話しました。そうしましたら聖母マリア様からローキューションがありました。
 最後に「このローキューションは本当でしょうか?」とたずねるとすぐ「識別のためのしるし」をいただきました。このことをジャン・マリー司祭にお話ししまして、「他にローキューションはありますか」とたずねましたが、しるしはありませんでした。「リトル・ペブルさんに伝言はありますか?」とたずねましたが、しるしはありませんでした。





皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 
聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】