箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の助け

第1回「寺沢の殉教者たち」をたたえる荘厳ミサにて
ジャン・マリー神父の「説教」と、マリー・マドレーヌ
杉浦律子、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
に与えられたメッセージ


2006年9月4日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona DriveCambewarra, N.S.W. 2540AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年9月4日PM15:00〜17:50
第1回「寺沢の殉教者たち」をたたえる荘厳ミサにて、
ジャン・マリー神父の「説教」と、マリー・マドレーヌ
杉浦律子、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
に与えられたメッセージ
(秋田県湯沢市雄勝地区「寺沢」の殉教公園)


ジャン・マリー神父:(ミサ中の説教)
 みなさん、傲慢にものを頼んで聞いてくれる人はいないでしょう? 神様に頼むこと、謙遜に頼むんですよ。ですから、一番いいのは「おかあさん、一緒に頼んでね」って言うことです。「ぼくこれがほしい!」って言うんじゃなくて、「お母さん、ぼくこれがほしいんだけど、お母さんいっしょに頼んでね」って言うんですよ。今日の今の時点で、みんなそうなんです。
 いつもマリア様といっしょに、マリア様によって、マリア様の中で。これは本当に神様の御旨なんです。神様はね、それを決めたんです。神様が決めたんです。人間が発明したんじゃなくて。それほど人間って、絶対的に完全で清らかな存在の神様とは遠い存在です。
 それで、「すべての恵みの仲介者」っていうことはね、どんな恵みもマリア様がいなければ私たちに届かないんです。あんまりにも私たちは悪い人間だから。私たちは恵みを受け付けないんです。ちょうど、衰弱した病人が滋養のある食べ物ものどを通らないように。マリア様は「お母さん」「看護婦さん」、そいうものをはるかに超える方です。神様の恵みを、衰弱しきって昏睡状態にあるのに近いような、罪で、罪深くて、恵みにたいして何も受け付けられないような私たちの喉を通すことができる唯一のお方なんです。全ての恵みは、そうやってマリア様の手を経て、私たちの霊魂に入ることができるんです。
 これは実は聖霊の働きで、聖霊とマリア様はいつもこうやって完璧に共同作業をしているんです。どんな恵みも聖霊とマリア様、例外なしに、私たちの最低最悪の霊魂に、やっとこさ入ることができるんです。
 では、マリア様がいなかったらどうなるでしょうか? マリア様がいなかったら? そこで、贖(あがな)いすら、マリア様がいなかったら私たちにはもう無益になるんです。イエズス様が亡くなってくださったその贖いの恵みですら、マリア様がいなかったら私たちには届かないんです。無益になるんです。それでマリア様はイエズス様とともに、完全に一致して、むしろイエズス様よりも多く苦しんで、特に女性のエバの罪のために、男のイエズス様よりも女のマリア様が払うべきものは、はるかに大きかったんです。マリア様は払って下さいました。イエズス様とマリア様は一緒に、永遠の御父から私たちに天国へ行くにための「養子としての権利」を勝ち取ってくださいました。そしてその恵みはマリア様と聖霊によって、私たちの霊魂に生かされて、そして私たちにとってマリア様が梯子のように、架け橋のようにね、荒れ狂う大海を、こうグーッと水に濡れずにこえる、高くかけられた長い安全な橋のようにわたっていくんですよ。
 では、もう一度言いますね。「へりくだって」ください! マリア様がいなければどうなりましたか? 考えただけで、「へりくだる」必要がわかるでしょう。人間は神様の前に堂々と立っていられる存在じゃないんです。

それでは、ミサを続けましょう……。

(ミサが続けられる……)

(……ミサ後、マリア様が立たれ、「リトル・ペブルの泉」
 が湧くとおっしゃられた場所の前で、皆でロザリオを
 一連唱えた後……)


ミシェル・マリー・フランソワ:(与えられたビジョンの説明)
 今、夕方の5時11分です。「識別のためのしるし」があったビジョンは、まず、ジャン・マリー神父がミサの入祭唱を唱えている時なんですが、ちょうどここ、マリア様が立たれ、「リトル・ペブルの泉」が湧くとおっしゃられた、この場所の両脇に小さな石像があるんですが、向かって右側の像の左側に「識別のためのしるし」がありました。
 次に、今日は「シストとカタリナ夫妻」と「寺沢の殉教者たち」の殉教の記念の日ですので、ジャン・マリー神父は赤い祭服を着ているんですが、ミサの説教中に、ジャン・マリー神父の赤い祭服の左下に「識別のためのしるし」がありました。
 もうひとつ説教中にビジョンがありまして、それは板の間にひざをついて謝っている女性です。誰に謝っているかは、影になってわからない状態で、だいたい年齢は30代後半から40代前くらいの女性です。何度も頭をさげて、顔は赤くよごれていて、ベージュ色のかすりで、緑の井桁の模様のついたかすりの上着を着て、モンペをはいているんですが、髪はぼさぼさでゆわえている状態で、両手をついて土下座するような感じで、すごく貧しい顔で……。何回も同じビジョンがあるんですけど。本当に何か謝っているような感じでした。今の時代では考えられない、おそらく江戸時代の人だろうと思いました。
 あとは、ミサ中の聖変化の時に、ホスチアのうえに3回「識別のためのしるし」がありました。
 その後のロザリオのときは、何回もビジョンがありましたが、「識別のためのしるし」はありませんでした。

マリー・マドレーヌ:(ロザリオ後の状況説明)
 今、5時40分です。さきほど5時15分くらいに、マリア様が「リトル・ペブルの泉」が湧くとおっしゃられた場所、この前、穴を掘ったところにきました。じきに掘った場所の下から水がちょろちょろと湧くような感じの音が聞こえましたので、ジャン・マリー神父にそのことを伝えて、「しるしはありますか? 何か語られることはありますか?」と、ひざまずいて祈りました。そうしたら一声、「あなたがた一人一人を祝福します」と女性の声を聞きました。その声が聖母マリア様であることがわかりまして、しるしを求めました。そうしたら「識別のためのしるし」がありました。「ミシェル・マリー・フランソワにビジョンを見せます」とローキューションがあり、「識別のための印」がありました。ミシェル・マリー・フランソワがビジョンは見たんですけど「識別のためのしるし」はないとのことでした。
 この後、「マリア様、どうか助けてください」と祈って、「何か語られることはありますか?」と尋ねました。そうしたら、聖母マリア様から「司祭の祝福をお願いします」と一声あって、「識別のためのしるし」がありました。ジャン・マリー神父が祝福してくださったあと、やはり水の音が、この下にですね、まだ表面には見えてませんが、私の耳には聞こえてきました。「しるしはありますか?」と聞きましたら、「識別のためのしるし」をいただいています。「リトル・ペブルさんに伝言はありますか?」と聞きましたが、しるしはありませんでした。





皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 
聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】