箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の助け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられたメッセージ


2006年8月24日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona DriveCambewarra, N.S.W. 2540AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年8月24日PM14:51〜15:30
聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)


聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌに聖母がお話しします。心の中であなたは決断をしました。聖母と愛する息子(ジャン・マリー神父)が一緒にいて、あなたの全てをこれから守ります。ミシェル・マリー・フランソワの耳が開かれることを願って、あなたは司祭の言われたことを心にとめて、耳に入る楽しみを取り去って、聴くものを絞って捧げる決意をあなたはしてくれました。「扉を閉じる」 これを聖母と一緒にこれからもあなたは学んでいきます。絶えず、助けを求めてよりすがってください。自分の力は弱く転んでしまうのをあなたは知っているから、頼んで聖母に甘えてやれば必要な力を与えます。
 ミシェル・マリー・フランソワの耳は、悪魔が攻撃していろいろなものを聞かせて混乱させたりしてきました。でも、愛する子をいつまでも聖母は放っておきません。忍耐強く希望を持って待ってください。あなたは見ることと、聴くこと、両方を得ます。力強く証(あかし)するためにプレゼントとして与えます。恐れないで聖母のところに来てください。小さな子がお母さんを慕って離れないように、あなたも霊魂において、幼な子であってください。
 いつも「全ての恵みの仲介者、贖いの共贖者の聖母」があなたがた、ここにいる全てのメンバーに光を与え、照らして、何が真理であるかを教えます。祝福をします。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 今、午後3時15分になりました。 このメッセージをいただくまでの状況です。ミサ前にあった出来事です。私自身、執着がなかなか取れず、最近は耳の事でここ何日か苦しみました。音楽を聴くとか、DVDの観賞など音に関する事でまたいろいろ不安が押し寄せていました。昨日ジャン・マリー司祭と私は話をしました。これから私は聴くものを限定することで、一つの犠牲を捧げる事を決断しました。耳の楽しみを自ら取る事です。私にとって、あと残されたわずかな期間なので、聴くものといったらメッセージとか、本を読むことなどに絞って生活することを心に決めたのです。私にとってはぴったりの犠牲だと思いました。今日のミサ前、今まで聴いていたMDの機械を箱にしまってもう手に触れないようにしました。メッセージを聴くとか、書き物をするなど、これから一点集中することに心を変えようと決めました。ベルナデッタや他の聖人の助けを心からお願いしました。
 ミサが始まってじきに、先ほど決断したばっかりなのに、また不安になりました。さびしさとか心の葛藤がまたおしよせたのです。なんだか無気力状態になってしまって、体がだるくなりました。自分の心の弱さをまた思わされたときでした。私はなにも言わないようにして自分と向き合ってマリア様に「自分の心の状態はこうなんです。助けてください」と祈りました。マリア様に頼んでやろう、そうしていけばできるという考えになったのは、だいぶたってからです。
 聖変化のときに私はアタックを受けました。右耳のほうで、耳鳴りがしました。そうして耳がふさがれる感じを覚えました。この時、なにがなんだかわからず、私はミサが終るまでそのままにしていました。ミサ中もこの耳鳴りのほか、ローキューションは在りませんでした。ロザリオの祈りが終って「何か語られること在りますか?」と祈ってローキューションに備えて準備しました。私は「謙遜になりたいです」という思いをこめて祈りました。そうしたら印とともに女性の声がしました。「ミシェル・マリー・フランソワの身代わりとして」と言われました。私は「マリア様かな」と思いましたが「印をください」と言ったら『識別のための印』があったので、司祭に伝えました。「何かローキューションは在りますか?」と尋ねて祈りをしたとき、ジャン・マリー司祭は聖水を撒いて、ベネディクトの十字架で十字のしるしをして『大天使聖ミカエルに向かう祈り』をしてくれました。私は「しもべは聞きます。お話しください」と祈って待ちました。そうしたらゆっくりと美しい声で聖母マリア様が話をしてくださいました。本当にお母さんらしい話し方でした。私は感謝でいっぱいです。
 メッセージが終って、確認をしました。「これは天からのものですか? 印は在りますか?」と私は尋ねました。そうしたところ、『識別のための印』をいただきました。私は「マリア様、ありがとうございます」と言ってジャン・マリー司祭に印が在ったことを話しました。「他にローキューションは在りますか?」と尋ねましたけれど、印は在りません。続いて「リトル・ペブルさんに伝言は在りますか?」と尋ねて印を求めましたが、印は在りませんでした。




2006年8月24日PM18:35〜19:00
聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢市「寺沢」にて)


マリー・マドレーヌ:
 今、寺沢の殉教公園に来ています。ロザリオを一連祈っていて、その8珠目、ちょうどマリア様が立たれた、「泉」の湧く場所の前にきているんですが、ちょうどこの上の方に、十字架が立っているのが見えました。しるしを求めました。そうしたら「識別のためのしるし」をいただきました。

聖母マリア様:
 リトル・ペブルのために祈りなさい。

 「泉」が湧くとき、ミシェル・マリー・フランソワに見せます。愛する息子(ジャン・マリー神父)にも、そのとき同じようにわかります。

 いつも、あなたがたのそばにいます。愛しています。子供たち、忘れないで、聖母を慕ってください。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。





皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 
聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】