箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の助け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられたメッセージ


2006年8月21日
 New !! (追加 2006年12月31日)

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona DriveCambewarra, N.S.W. 2540AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年8月21日AM0:35〜0:59
聖母マリア様からマリー・マドレーヌに与えられた公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)


マリー・マドレーヌ:
 いま、一言、ローキューションが在りました。私は印を求めました。そうしたら『識別のための印』をいただきました。「まず、ミシェル・マリー・フランソワに」と聴こえて「シャーベルに取り次ぎをお願いしなさい」といわれる声が聴こえました。司祭がどなたか尋ねるよう言われました。私は「どなたですか? 印は在りますか?」と尋ねました。そうしたら「聖母マリア」と言われ、印をいただきました。

聖母マリア様:
 愛する子ども達、聖母がお話します。まもなく恵みが与えられます。恵みが近いので、聖体に一致してください。
 『全ての恵みの仲介者、贖いの共贖者の聖母』があなたがたの罪をゆるしてもらうように、とりなしています。恐れないで近づいてください。あなたがたを深く愛しています。
 ■■■■さんの事も恵みを与え、決して見捨てません。聖母のところに来る人を誰ひとり、拒むことはありません。愛しています。
 シャーベルに祈ってください。一人ひとりを祝福します。聖母の涙を拭いてください。あなたがたを祝福します。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
「他にローキューションは在りますか?」と尋ねてしるしを求めたところマリア様から一言ローキューションがありました。「リトル・ペブルのゆえに泉が与えられます」といわれました。印を求めたら『識別のための印』がありました。


【 聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

聖母マリア様:

 愛するリトル・ペブルに聖母が話ます。あなたは慰めを与えられます。神は共にいて、あなたが天から使わされた預言者であるということが証明されます。あなたを豊かに祝福します。司祭の祝福をベッティーナと共にお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



New !! (追加 2006年12月31日)

2006年8月21日PM18:05
(寺沢の殉教公園殉教碑のそばにて)


マリー・マドレーヌ:
 私は昨日と同じように、ジャン・マリー司祭と一緒に殉教公園の殉教碑のところに行きました。そして、北向き観音が在る場所に行きました。マリア様が立たれた場所のそばまで来て、祈りをしたときに私のたっている前のほうで、下から水の音が聴こえました。この日、雨が降っていたけれど、この雨の音とは違う川のように流れる音が聴こえました。印を求めたら『識別のための印』が在りました。司祭に話をして、ミシェル・マリー・フランソワが写真を取ってくれました。その場所を説明していたら、今度は細い水の流れる音が聴こえました。ちょろちょろという音です。ジャン・マリー司祭に私は話しました。印があるか尋ねたら『識別のための印』をいただきました。
 私は車に戻って、「なにかローキューションは在りますか?」と尋ねて印を求めました。『大天使聖ミカエルに向かう祈り』を祈りました。印を求めて待っていましたが、このときには在りませんでした。
 そのあとです。女性の細く美しい声で「あそこを掘ってください」といわれました。印があるか尋ねました。そうしたら『識別のための印』が在りました。私は水が流れる音を聞いた場所に行って穴を掘りました。この日スコップを持っていなくて、素手で掘りました。少し掘ったけれど、根っこがたくさん在ってなかなか掘れませんでした。ジャン・マリー司祭が根っこを取り除いてくれたらまたどんどん掘れるようになりました。穴を掘れば掘るほど土が乾いていました。私は自分の体力がつきるまで掘り進めました。私は「マリア様、どのくらい掘ればいいの?」と聞きました。ベルナデッタに助けを求めながら、これからここに来る人々を救ってくださいと心の中で祈りながら真剣に掘りました。私は穴を掘っていたけれど、体が疲れたので、掘るのをやめました。マリア様はこれ以上掘るようにとは言いませんでした。
 ジャン・マリー司祭から車に戻ってローキューションがあるだろうから、しるしを求めるようにと言われました。私は車に戻ってローキューションに備えて準備をしました。「なにか語られることありますか?」と尋ねてしるしを求めました。そうしたら『識別のための印』が在りました。


聖母マリア様:(PM18:33)
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あなたを祝福します。あなたの願いは聞き入れられました。ミシェル・マリー・フランソワにビジョンを見せます。祝福を送ります。司祭の祝福をお願いします。


ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


マリー・マドレーヌ:
「他にローキューションは在りますか?」と尋ねました。そうしたら印と共に『私は無原罪の聖母です』と言われました。「リトル・ペブルさんに伝言は在りますか?」と尋ねました。けれど、印は在りませんでした。





皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 
聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】