箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の助け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられたメッセージ


2006年8月14日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona DriveCambewarra, N.S.W. 2540AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年8月14日PM17:11〜17:31
聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)


聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌに聖母がお話しします。自叙伝の事で、あなたは最後の段階になりました。昔、あなたが手紙を聖母にくれました。一番弱く、どんぞこに落ちたあなたは、聖母が支えていたので、落ちっぱなしになることはありませんでした。あなたの人生のなかで、本当の母親に出会います。話しかけている聖母、それがあなたの母で、なにもかもを癒す母です。
 司祭の口に偽りはありません。聴こえなくなるのを恐れないでください。子どもよ、リトル・ペブルのために大切な一人なのです。小さな子は、親に連れていかれます。祝福をおくります。何もかも、お母さんに書いてください。愛しています。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 私は今日のミサではもう何も言えず、ただ、オルガンをひくだけでした。私の求めてきたこと、人生で探していたものが全部違っていて、悲しみ、寂しさを埋め合わせるためにしていた音楽も実は幸せにはならないことを知らされました。今日司祭が私に「耳が聴こえなくなると言うのは、情報量の多いこの世界からあなたは神様によって救われ、ほんとうの幸せに出会わせるためなんだ。最低なきずものであるあなたは自分で断ち切れないので、力づくであなたがよいと思っていたものを神様は取り上げるんだ。だから、喜ぶんだよ」といわれました。マリア様が本当の幸せだと言う事を教えるために、人生の最後に本物に出会わせるためにこの試練にあわせた。一番最低最悪な材料がどのようにマリア様に会って、天国に上れるかあかしをする意味で書き物をするように言われたのです。
 ミサ中、私は神様の前で顔も見せられないというほど自分は愚かだという思いでいっぱいでした。どのときだったかわかりませんが、私はもしかして書き物が最終段階に来ているのかな。生きているうちに書くことができる日まで、書き残すことをするんだな」というインスピレーションがありました。司祭とミサのあと、話をしていて、このインスピレーションをおもいだしたので、司祭にわたしは話しました。そうしたら「インスピレーションが天からのもので在るか、識別のための印があるか、聖櫃のところに行って求めよう」といわれました。私はそこで、印を求めました。そうしたら『識別のための印』が在ったので、司祭に話ました。もしかして、ローキューションが在るかもしれないから、祈ろうといわれました。司祭が十字の印をして、聖水を撒いて祈ってくれました。私はこのとき「しもべは聴きます。おはなしください」と言い、ローキューションに備えました。
 マリア様が話をしてくださいました。『本当の母親』と言われたとき、私は泣きそうでした。優しく語り掛けてくださるマリア様、本当に嬉しくてたまらなかったです。昨年も同じように信仰の落ち込みを経験した私だっただけに、今回ほど苦しんで大きな誘惑を受けたのは初めてです。
 ジャン・マリー司祭が、何日か前からマリア様が最終的にイエズスのところにつれていってくれるというはなしをしてくれていました。今日の第2ミサで、コルベ神父様がマリア様の像の上にイエズス様のみこころの絵がかけられていたことを話してくれました。マリア様によって、イエズス様のところにいくことを兄弟たちに話をしていたコルベ神父様の事をジャン・マリー司祭が説教のとき、話をしてくれたのです。それと、アッシジの聖フランシスコが見た夢の事も話をしてくれました。赤いはしごが地上から天井に伸びていて、ブラザーたちが赤いはしごを上っていった。最初はうまく上っていた兄弟たちが途中からどんどん落ちてしまった。赤いはしごの上にはイエズスさまがいた。あるとき、天井から白いはしごが下りてきた。はしごの上にはマリア様がいた。アッシジの聖フランシスコは落ちてしまった兄弟たちに「あそこに上れ。あの白いはしごに」と言った。有名なフランシスコの夢を話してくれて、救いはマリア様から来ることを教えてくれたのです。
 最後にメッセージは本当ですか?印は在りますか?」と尋ねました。そうしたら『識別のための印』をいただきました。
 他にローキューションが在るか、尋ねたけれど、印は在りません。「リトル・ペブルさんに伝言はありますか?」と尋ねてみました。けれど、印は在りません。





皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 
聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】