箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の助け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられたメッセージ


2006年8月13日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona DriveCambewarra, N.S.W. 2540AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年8月13日PM14:14〜14:52(償いの日)
聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)


聖母マリア様:
 愛する子、あなたの母である聖母がお話しします。
 男性の捧げ物は天に喜ばれています。愛する息子(ジャン・マリー神父)、あなたを祝福しています。聖母を慕って、避難所である聖母の懐に飛び込んで全てを預けてください。
 マリー・レベッカは、今、長の言われる事に留まってください。愛しています。
 マリー・マドレーヌは、弱さのなかで戦って、解決は優しい母、あなたを最初から知っている聖母にあることを知りはじめています。愛着形成ができていない傷から、人を愛することができず、不安を抱えて、気にしているのを、聖母は知っています。女性の問題が解決できないまま過ごしています。同じように、聖母は知っています。苦しいこと、不安なことを全部話して「お母さん」と言ってよりすがってください。すぐそばに愛する息子(ジャン・マリー神父)がいます。一人でやろうとして、神経がすりへっています。耳が聴こえなくなる事の不安も、全部愛する息子(ジャン・マリー神父)に天が教えますから、大丈夫です。彼(ジャン・マリー神父)に身を任せてください。
 愛する子供たち、リトル・ペブルと、いま現在の教皇であるベネディクト16世のために祈ってください。寺沢の事も、全部天に任せてください。いつも一緒にいます。弱さを感じたとき、「私はこんなに悪いの。これが本当の私なんだ」と言って、聖母に話すのです。話さなければ前に進めません。子供たちの呼ぶ声を待っています。話しかけてくれた時はとっても喜んで聞いているのです。「お母さん、助けて!」この一言を言うか言わないかで、全く心の状態が決まってしまいます。愛しています。
 天は男性の子らを慰め、力を注ぎます。これからも神に信頼して歩んでいってください。司祭の祝福を特にマリー・レベッカにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 今日は償いの日です。第2ミサをしました。ロザリオのときです。10玉目のとき「聖母を慕って」と言われる声が聴こえました。私はしるしを求めるためジャン・マリー司祭に祈りをとめてほしいとあいずしました。印があるか尋ねたら『識別のための印』が久々に在りました。やく十日ほどローキューションが在りませんでしたから、『私はけんそんになりたいです。しもべは聞きます。お話しください」と祈り、ローキューションに備えました。
 マリア様が話してくださったのですが、本当に優しく語りかけてくださいました。私自身、いっぱい迷って罪を犯してしまいます。本当は天の方の声を聴くほどの器ではありません。「なのに、どうしてこんなに話してくださるんでしょう?ただ感謝しかありません」。メッセージを聞いていたときそう思いました。
 今日は録音に少しトラブルがありました。最初、録音機にマイクが入っていなくて、1度ローキューションが中断しました。けれど、司祭が「しるしをもう1度求めて再開して」という指示をくれました。指示通りに私は印を求めたらもう1度印をくださいました。けれど、最後の数分でようやく録音機とマイクの接触が良くなりました。
 リトル・ペブルさんとパパ様のために祈るよう聖母マリア様が言われて、私は本当に『こころから祈ります』と心の中で言いました。
 ローキューションがあっても、なくても、マリア様の望みに関して謙遜に従っていくのは変わりありません。メッセージを下さるとき、私は本当に自分は価値のないもので、ただ道具に過ぎないと心に言い聞かせながらこの時を過ごしました。マリア様に感謝して最後にメッセージの確認をしました。印を求めたら『識別のための印』をくださいました。 「他にローキューションは在りますか?」と尋ねて待っていました。けれど、印は在りません。「リトル・ペブルさんに語られることありますか?」と尋ねましたが、印は在りませんでした。





皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 
聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】