箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の助け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられたメッセージ


2006年8月4日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona DriveCambewarra, N.S.W. 2540AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年8月4日PM16:42〜17:24
聖ベルナデッタからのメッセージ
(秋田県湯沢にて)


聖ベルナデッタ:
 愛する子、あなたに挨拶します。ベルナデッタがお話しします。 みんなは、これからちっちゃい子たちを心にとめてください。私は何にも知識がなく、ただ、起こる事そのままを受けいれて、大好きな天使と一緒に遊ぶようにしていたし、全く教会で教えてもらう勉強は覚えられないでいました。大好きな貴婦人の姿で私に話しかけてくれたマリア様はいつもどのように喜んで試練に耐えることができるか教えてくれました。「大人になって、結婚して、子どもを生む」と言われていたけれど、なんにも心に残るものはなかったです。計算して動くなんてひとかけらもしなかったし、働ける事が喜びだったから、働いていました。
 みんなは私にたくさん御出現の事を質問して、いっぱい同じことを答えなければならなかった。これが私の一番の苦しみだったし、悲しみでした。みんなは、知識を誇らないようにしてほしいんです。何にも判らないのが安全だし、天の方が望まれる事に「判りました」と言って、なんにも疑わないで従うのが小さい子の行動です。泣いてしまう事があっても、そのまま祈って「良き主は、この試練に対して、良くしてくれる」と希望を持つのが一番天の方が喜んでくれることです。
 私は15日間マリア様に会うことしかできなくて、本当に無理解の中を生きなければなりませんでした。激しい喘息と、最後には結核になって、苦しい毎日を過ごさなければなりませんでした。でも「苦しいと思ったことはないです」と話したように、人には、その姿を見せないように、たくさん心の中で、お話しをしていました。
 小さい子のように振舞ってほしいんです。なんにも知識はいりません。「イエズス、大すき」「マリア様、この事をしたいけど、やれるよね」といったことをお話ししてください。聖人のみんなが仲良くなりたいといつも呼びかけています。友達になってください。
 大人の人は、自分の生き方が誇りになって、考え方がしっかりとしているので、単純で馬鹿みたいなことを言う人が目の前に来た時に、「その幼さが合わない」と言って毛嫌いします。私はそうされても、なんにも気にしなかったし、ぜんぜん悪く思うこともしなかった。天の助けによって、喜びしか心に起きなかった。そんな時を過ごしました。
 みんなが聖人のように私を見る。これが一番嫌だったし、そんなふうに見られるような人格はぜんぜん持っていませんでした。「いつもお話ししたい。ただ、マリア様と一緒にいたい」 それが私の願いで、心の支えになっていたんです。
 いつもみんなの事を愛しています。いつも取り次いでいます。マリア様の望みに耳を傾けて従ってください。祝福を送ります。神父様の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 今日は第2ミサをして、説教の中で『自分ばかり見つめないで、もう他の国の救いが近いんだから、兄弟が望む事を聞いたらすぐに従うんだ』とジャン・マリー司祭がまたはっきり言いました。自分を奴隷のようにみるんだとも言われました。そして、ハンディキャッパーと職員の関係を話してくれたんです。一生件名、彼らの望みにどう答え続けるか、磨いているのが職員なんだという話も聞いたんです。私はこのとき、心が解れる感じでした。まさにジャン・マリー司祭が私に接してくれている事がそのとおりだからです。ミサ中、私は世界の救いのために祈り続けました。このミサ中に、そういえば寺沢に行った日はマグダラのマリアの祝日だったなと思い出しました。「天の方々がたくさん私に恵みを下さっているのに、従えていなくてごめんなさい」と私は祈りをしていました。
 ロザリオが始まって、『めでたしの祈り』の第1玉目で『ちっちゃい子のようにふるまって』と言われる元気のいい女の子の声が聴こえました。なんだかはじけるような、軽やかな調子で話をしたので、一瞬『イメルダちゃんかな』、そう思ったけれど、声の高さが違ったし、今まで聴いたことのない声でした。私は印を求めるため、祈りをとめさせてもらいました。「印は在りますか?」と尋ねたら『識別のための印』がありました。ジャン・マリー司祭に私は印が在ったことを伝えました。私は「しもべは聞きます。お話しください』と祈って待ちました。
 ローキューションが始まって「ベルナデッタが」と言われたとき、一瞬びっくりして声を上げてしまいました。感動して嬉しくなりました。ベルナデッタは本当に小さな子が好きだったんだな、そうメッセージを聞きながらわたしは思いました。そして、ベルナデッタの生き方が知らされて、とってもベルナデッタが好きになりました。私自身、ここ何日か心の中で「またしっかりしなきゃ」といった考えを持ってしまって、どこかで『大人になる』ことに意識をむけてしまったので、ベルナデッタが「ちっちゃい子のようにふるまって」と言われて、またも天の方々が私を治してくれたんだと思いました。「小さい子のためにこれから書き物をしないといけないから、どうか助けて」と私は心のなかで祈りをしました。
 最後にこのメッセージの確認をしました。「メッセージは本当ですか?印は在りますか?」と私は尋ねたら『識別のための印』を貰いました。「ほかにローキューションは在りますか?」と尋ねて印を求めて待ちました。けれど、なにもありません。続いて「リトル・ペブルさんに伝言はありますか?」と尋ねました。でも、印は在りませんでした。私は心の中で「ベルナデッタ、どうもありがとう」と感謝しました。





皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 
聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】