箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の助け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられたメッセージ


2006年7月29日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona DriveCambewarra, N.S.W. 2540AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年7月29日PM12:24〜13:04
主イエズス様からの公的メッセージ
(名古屋共同体にて)


主イエズス様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あなたを祝福する。イエズスがあなたに話をする。
 大きな試練の中にあるあなたがた一人ひとりを私は決して見捨てず、あなたがたの行くべき道を指し示している。これからもあなたがたは一致団結して、リトル・ペブルのもとで身を固めていくように、私は言う。愛する恵みの霊魂として選ばれた一人ひとりに対して、あなたがたは神の事を証(あかし)するために、それぞれに与えられたものでこれからも進んでいってほしい。一人ひとりの弱さを悪魔は突いて、滅ぼし絶やそうとするけれども、彼は神のゆるす範囲でしか動けない。全能の神の一声によって、悪魔は退散をするのである。
 子供たちよ、勇気を出しなさい。決して過去をふりかえらないように、前を見て、イエズスについてきてほしい。私はあなたがたを全て悪いものから守って、あなたがたに危害を加えないようにする。勇敢で在りなさい。
 司祭として、これから立てられる男性の仲間は、互いに深く愛し合って友情のもとで助け合い、励ましあっていくように、私はあなたがたにお願いする。男性は傷を持っていても、純粋さは女性よりもあるので、愛しやすく、互いの事を励ますことができる。エバが犯した罪は、女性にずうっと存続しているために、いつもねたみや争いを引き起こしている。男性は権力争いの罪を避け、憎しみを持つ事をしないならば、友情を結ぶのには非常に大きな影響を多くの人に及ぼす事ができる。自分を見つめることは、女性のほうが多くしてしまう。男性は自分よりも相手の事を優先にできる心を備えている。愛している。あなたがたは、いっときもイエズスから離れないで、身を捧げていってほしい。
 マリー・マドレーヌの耳は徐々に聴こえなくなっているので、ミシェル・マリー・フランソワの身代わりとして、彼女に与えていたものを剥ぎ取っていく。一番惨めでいつも揺れやすい彼女には、さっぱりした環境が必要である。傷のゆえに絶えず不信や反感を持つので、男性の支えが必要である。女性で在るけれども、虐待の傷とともに植えつけられてしまった悪徳なので、マリー・マドレーヌは、いつも女性の問題で苦しみ、心を痛めている。マグダラのマリアとマルタのように。マグダラのマリアの悪徳は、ある時をきっかけに劇的に変わっていったように、マリー・マドレーヌの心の弱さは大きな変化を伴って変えられる必要がある。これからも戦いは続くけれども、最後まで使命に生きる事ができるように支えてほしい。
 これから多くの病気を患った人たちが一つの印によって集められていく。子供たち、前にマリアが話したように、泉が寺沢で湧いて、多くの病を抱えた人が癒されていく。男性はもちろん、女性も子供も、年を取った人々も癒される。でも、マリー・レベッカと、マリー・マドレーヌは、神が十字架を負って歩ませるために、彼らとは違う道を歩くことになる。リトル・ペブルのために捧げられた二人は十字架を担う事でのみ、証(あかし)をしていく。
 子供たち、これからも互いに愛し合ってほしい。そして、喜びと笑顔を絶やさないようにしてほしい。自然に喜ぶ姿を見て、大きな改心を見ることになる。祝福を送る。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 今日は早めに第2ミサをしました。ミサ中の説教の時、司祭が「避雷針の役割としての機能を果たさなかった」と言われた時から私は「自分が原因で役割を果たすことをしなかったからかえってみんなに大きな苦しみを与えてしまったんだ」と思い、「どうか赦してください」とイエズスに祈っていました。そうして、マリー・レベッカの事も合わせて祈っていました。今日は『マルタの祝日』ということで、説教の時にマルタの欠点をジャン・マリー司祭が言っていたけれど、私にもその弱さを持っていることを心に思いながら過ごしていました。でも、涙が途中出てきてしまいました。つい先ほど『喜んで』と言われたばかりなのに、私はなんだか悲しみが心に押し寄せる感じで、「イエズス、こんな私なんだ」と言っていました。でも何とかして自分の心を押しとどめてミサに集中するように必死に戦っていました。私はどうしても自分を見つめてしまう悪い癖を持っています。そして、ここが悪いと指摘されたらそれだけを見て、良い方に考えられなくなるといういつものパターンで心を傾けてしまうのです。でも、今日は「こんな私を愛してくれるんだよね」とイエズスに話をしていました。
 聖体降福式を終えて、ロザリオの祈りを始めました。2玉目のとき、「耳が聴こえなくなる」と言う男性の声を聴きました。そのため、祈りをとめてしるしを求めました。そうしたら『識別のための印』をいただきました。イエズス様が話をしてくださいました。今回、はっきりメッセージのなかで、「自分の事に眼を向けるのは女性だ」といわれたのですが、まさに私のミサの中で起きた事を言われたんだと思いました。また、寺沢の事で、希望のメッセージを下さったので、感謝しています。
 最後に確認をしました。「このメッセージは本当ですか? 印は在りますか?」と尋ねました。そうしたら『識別のための印』をいただきました。続いて「他にローキューションは在りますか?」と尋ねるように、ジャン・マリー司祭が言ってくれました。私はそのように尋ねて印を求めて待ちました。けれど、何もありません。「リトル・ペブルさんに伝言はありますか?」と尋ねました。けれども、印は在りませんでした。私は「感謝します」とイエズスに話をしました。





皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 
聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】