箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられた
インスピレーションとローキューション


2006年7月28日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au

The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年7月28日PM16:57〜17:06
マリー・マドレーヌに与えられたインスピレーションとローキューション
(名古屋共同体にて)


マリー・マドレーヌ:
 私は「ベルナデッタの詩」と言う映画をみんなで見ていました。だいぶ最後の場面にきたときです。ベルナデッタが一番最後の御出現が終って帰り道にお母さんとおばさんから「名前を聴いたの?」って聴かれて彼女は「無原罪のおん宿りと言われた」と話をしていたときです。私はしばらくこの「無原罪のおん宿り」という名を思いめぐらしていました。そうしたら今まで私がマリア様の御出現を受けたとき、「悲しみの聖母」とか「無原罪の聖母」とか「カルメル山の聖母」と言う名で話されたことを思い出したんです。そうしたら「真実であることを、聖母の名前が証明する」というインスピレーションを受けたので、ジャン・マリー司祭に映画を止めてもらうようお願いしました。
 インスピレーションが天からのものであるか確認を取るために、ジャン・マリー司祭が聖堂に連れて行ってくれました。司祭がベネディクトの十字架で悪魔祓いの祈りをしてくれて、聖水を撒いて祈ってくれました。「聖ヨゼフのいと清きみこころ、われらのために祈りたまえ」と3回唱えました。
 ところで、何が真実である事を証明するかと言うとね、ちょうどベルナデッタのときにパパ様が世界に向けて発表した「無原罪のおん宿り」のドグマがマリア様のこの御出現のタイトルによって証明された、そして、パパ様のドグマの発表によってベルナデッタへのマリア様の御出現が真実であることが証明された。それと同じようなことがこれから起ころうとしてるんだ。今、ベネディクト16世が発表しようとしているあるドグマが真実であることが私に語られたマリア様のタイトルによって証明される、それと同時に私が受けているマリア様の御出現が真実であることがパパ様のドグマの発表によって証明されようとしている。このことをジャン・マリー司祭がその晩遅く説明してくれました。ベルナデッタが無知、無学、無能であったように、私も同じく、何にも知らないんです。
 先ほどの続きですが、聖堂に行って、印があるかを尋ねて待ちました。しばらく待っていたら「識別のための印」をいただきました。「何かローキューションは在りますか?」と尋ねるよう、司祭から言われました。私は尋ねて待ちましたが、印は在りませんでした。「リトル・ペブルさんに伝言はありますか?」と尋ねて待っていました。私は心の中で「リトル・ペブルさんを愛します」と祈りました。この時に一言「メッセージを読み返しなさい」と言われる女性の声がしました。私は印をこのときに求めました。そうしたら「識別のための印」をいただきました。このローキューションが在ったことを司祭に話したら「誰が話されたか聴いて」といわれました。私は「どなたですか? 印をください」とお願いしたら、「聖母マリアが」と言われて、「識別のための印」をくださいました。それから最後まで映画を見ました。
 メッセージを読み返すと、2005年7月15日と2006年4月13日にマリア様から「私はイエズスと一緒に人類を贖いました」と言われたことがあります。私は当時、なにも知らず、このメッセージの意味がぜんぜんわからないまま、マリア様の言われるままに受けていました。ジャン・マリー司祭がこのメッセージについて「贖いの共贖者のマリア様」と言われたけれど、私はなんにも知りませんでした。けれど、これがリトル・ペブルさんがパパ様に世界に発表してくれるよう、願っているマリア様のドグマの宣言に、おおきな影響を持つんだと後になってジャン・マリー司祭が教えてくれたんです。
 ヨハネ・パウロ2世がマリア様のドグマを伝えようとしていたけれど、発表するまでには行かないまま、今は神様のもとで眠っています。リトル・ペブルさんが今、神秘的に教皇職を行っていて、現在のパパ様であるベネディクト16世が「贖いの共贖者」と「恵みの仲介者」であるマリア様のドグマを世界に向けて発表してくれるように、リトル・ペブルさんが手紙を書いています。それで、パパ様がドグマを発表されるのを私たちは待っています。
 昔、ベルナデッタの時代の教皇様が「無原罪のおん宿りのマリア様」のドグマを宣言したあと、天が確認するように何も知らないベルナデッタにドグマが真実であるとマリア様が啓示してくれたように、私自身、全く無知無能なので、ベルナデッタが負った同じ役割を受けたと思います。この映画をみている最中に「ドグマが真実であり、御出現が真実であることをマリア様の名前が証明する」と示されたので、私は本当にびっくりしています。
 ベルナデッタの映画の中でベルナデッタが、「無原罪のおん宿り」と言われたけれど、その名前の意味をぜんぜん彼女は知らなかったし、自分に現れたのはマリア様だということもわからなかったんです。ただみんなに「貴婦人」と彼女は言っていました。ベルナデッタは、「無原罪のおん宿り」という言葉を神父様に伝えるまで忘れてはいけないと一生懸命口のなかで何度もつぶやいていました。このとき、マリア様は「無原罪のおん宿り」と言う言葉を彼女のなじみのある方言で言われたそうです。






 皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】