箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の助け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられたメッセージ


2006年7月25日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona DriveCambewarra, N.S.W. 2540AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年7月25日PM23:41〜26日AM0:47
聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)


聖母マリア様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あなたを恵みでみたします。聖母があなたにお話しします。長上が言っている言葉は、彼に神が賜物を与えています。司祭の口から出る言葉を聴いてください。今まで私たちが与えたメッセージをただその時限りにして、新しい事を期待するのではなくて、司祭が言うように、読み返してください。愛しているからこそ言うのです。司祭の心の奥からの願いは、だれ一ひとり、失われずに、全てにおいて従順して、最後まで使命に生きることです。
 愛する子供たち、リトル・ペブルは、神が最後の教皇として、預言者として選びました。「このことは何度も聴いているし、判っている」と言いたいでしょうが、あえて言うのは、本当にたくさんの子供たちが天が語りかける言葉を聴き、恵みを受けたのに、リトル・ペブルを裏切り、敵に回ったからです。
 慰めを必要とする人には、神は深くあわれみ、傷の治療をします。生きてきた土台が子の中で違っているために、男性であっても女性であっても、傷を受けた人については、それぞれにふさわしい方法で導いています。指導者が神の霊に忠実である限り、ずうっと一人ひとりの羊の世話をして導きます。「自分の事が自分でよく判る」などと思わないでください。絶えず、揺れているのです。
 マリー・マドレーヌは謙遜の道を愛して、「これからもこの旅は謙遜の旅でありたい」とお話ししてくれました。あなたは、司祭が言ったように、辱められていきます。もうそのことは気づいています。聖痕は、辱められれば辱められるほど、イエズスのところに行けます。それで、あなたの十字架を理解でき、苦しみを共にすることはどういうことなのかを知るようになります。
 今、コルベ・マリーの心は、本当に苦しみと、怒りでいっぱいなために、周りに心がひらけなくなっています。彼の叫びが伝わったとおもいます。多くの貧しい人が福音に照らされるなら、神の愛に触れるならかわるということは、マザー・テレサの働きによって、証明されています。でも、今は、司祭のなす事に、眼を注いでほしいと願っています。直接司祭と話をしているので、あなたは判っていると思います。恐れないでください。聖母は、誰一人として見捨てるようなことはしません。日本はカトリックの国ではないので、外国のような天の求め方とは違います。たくさんの人が神を探して求めてくれることを願っています。
 いま、全員が試練の中にあります。多くの霊魂を得ようとしたら大きな試練に合うのは当然です。いま、ここで何がされているかと言うと、一人ひとりの心を神が砕き、火で精錬するようにしています。良い形の器を作っているのです。
 一人ひとりに求められる道はみな違います。でも、プライドを持たないこと、従順に従うことなど、司祭の口を通して言われる徳の積み重ねについては同じです。男性は男性なりの誇りがあります。女性は女性の誇りがあります。人間は、原罪を持っているので、神の恩寵がなければ決して生きて行けません。自殺は罪です。子供たち、一人ひとりを愛し、失いたくないということを判ってください。
 お願いですから、情報を得るためにメッセージを読むのではなくて、助けを願って読んでください。絶えず司祭の指導に従ってください。愛するがゆえに、厳しいことを言うのです。そして、絶えず恵みを注いでいます。イエズスの十字架を愛してください。
 司祭の祝福を特に、マリー・レベッカにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。





皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 
聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】