箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の助け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられたメッセージ


2006年7月21日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona DriveCambewarra, N.S.W. 2540AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年7月21日AM2:46〜3:44
聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)


聖母マリア様:
 愛するちっちゃい子(マリー・マドレーヌ)、あなたを祝福します。聖母がお話しします。
 いっぱい傷があって、不完全なあなたたちに対して、天が痛みを一緒に担います。愛しています。弱さを素直に言い表すことは、全て良いことです。
 今、ミシェル・マリー・フランソワも、コルベ・マリーも、ぎりぎりの状態で、一番苦しんでいます。男性の柱を全国に打ち立て、過去20年の失敗をした苦い事柄を忘れるほどに神の計画を進ませるので、彼らの苦しみは大きなものになっています。悪魔はリトル・ペブルのもとで全く愛に満ちた共同体が立ち上がって、互いに手を結び、一致するのを恐れているので、一番弱い部分につけこんで、倒そうと働いています。一人ひとりの弱点を利用して、攻撃し、存在までも絶やそうとしています。でも、神が手をあげれば、悪魔はそこから身をひかなくてはなりません。周りの人に、愛する心を神は与えます。
 子供たち、深く愛し、どれほどにあなたがたの行いを喜んでいるかしれません。今、霊戦のただなかであって、孤独が蝕もうとしています。「愛」と「喜び」、これを悪魔は一番嫌います。「苦しむことをどうして喜ぶことができるか」という思いを吹き込み、「苦しんだから何かを得ることを期待するのはおかしい」といって絶望へと落とそうとしています。あなたがたはたくさんの信仰の先輩がいます。激しい苦しみを彼らはくぐりました。でも、「希望の徳」を彼らは与えられて、力強く勇気に満ち溢れて、最後まで使命をまっとうしました。一人ひとりに送られている保護の聖人と、守護の天使にいっぱいお話ししてください。あなたがたが互いに手を取り合って会話をしているように、眼には見えないけれど、一緒にいる隣の人に話すように、どうか友情を持ってください。何でも話すのです。「こんなこと話すとおかしいかな」と思ってはいけません。あなたがたが気がつかないところでも彼らは守っています。話しかけられない時があっても、彼らは決して見捨てないで愛して支えています。神に全部任せてください。ジャン・マリー司祭も苦悩の中にあります。大きな慰めを男性は得ます。
 女子修道院に関して、マリー・レベッカは、大きな責任を負っています。司祭のもとで、歩み続けてください。愛しています。天が苦しんでいる男性の柱に介入します。
 マリー・マドレーヌは、ベルナデッタを愛して、ちっちゃな子の路線をひいていくのです。なにもできない、人を愛することも、赦すことも全くできずに苦しんで憎しみに陥りそうになる。このことを司祭に話しました。あなたの悪さは前面に出ています。ねたみぶかいことも、なにもかもです。全部がさらけ出されて、それでイエズスによって変えられていきます。何度も同じ戦いの中を行かねばならないことに関して、恐れないで下さい。指導者が絶えず助言をすることに耳を傾けてください。
 一人ひとりを祝福します。気落ちしないでください。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 いま、7月21日の夜中3時40分です。20日の第2ミサをしていました。私はミサの始めはオルガンを少し弾くことができましたが、途中睡眠に陥ってしまいました。ちょっと休憩があってようやくオルガンを弾くことができました。死者のための葬儀ミサで、彼らに対して愛をまた深めました。
 私はミサ中、なにか自分の心の中に人の事が赦せないで、憎しみのような感情があるのに気がつきました。そして、天の皆さんに助けてほしいと祈って、ロザリオの祈りのときにジャン・マリー司祭に話をしました。本当によくないことだから、赦してほしいという願いでいっぱいでした。ミサもそうですが、ロザリオの祈りのときにはリトル・ペブルさん、ベッティーナ、マルーのために祈りをしました。
 ロザリオを1連唱えてから「なにかローキューションは在りますか?」と尋ねるように司祭から言われました。私は尋ねて待っていました。そうしたら「希望の徳」と言われる声がしました。女性の声でした。私はすぐに「印は在りますか?」と尋ねたら『識別のための印』をいただきました。この出来事を司祭に話ました。司祭が『大天使聖ミカエルに向かう祈り』を祈ってくれました。このときに私は「しもべは聞きます。お話ください。」と祈ってローキューションに備えました。そうしたら聖母マリア様が話をしてくださいました。話し方は本当に小さな子に言い含めるような感じで始まったので、私はだんだん気持ちがほぐれてきました。
 避雷針の役割の事をまた一段階深く教えられました。はっきりと私には『小さな子の路線』を行くと言われて、苦しい中でも「ニコニコニコ」を絶やさないで生きたい、そう思いました。最後にこのメッセージに関して確認をしました。「このメッセージは本当ですか?印は在りますか?」と私は尋ねました。そうしたら『識別のための印』をいただきました。
 続いて「他にローキューションは在りますか?」と尋ねるように司祭から言われたので、私は尋ねてしるしを求めました。けれど、なにもありません。「リトル・ペブルさんへの伝言はありますか?」と尋ねてみましたが、しるしは在りませんでした。





皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 
聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】