箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の助け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられたメッセージ


2006年7月19日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona DriveCambewarra, N.S.W. 2540AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年7月19日AM2:25〜2:54
マグダラのマリアからのメッセージ
(秋田県湯沢にて)



マグダラのマリア:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あなたを愛しています。マグダラのマリアがあなたにお話しします。
 痛悔の恵みを注いでいる今、自分の弱点を率直に言い表して全てを認める勇気、これを与えました。自分が一番の罪びとであると、自覚して神に謝って許しを願う人こそ、イエズスが赦しを与えることができる良い状態です。謙遜こそ、どんな宝石にも勝る宝物で、贈り物です。苦しんで、試練に合って、激しく試されて、いままで気付かなかったことが見えてきて、弱さを知らされたときに、自分の愚かさに驚いてしまう経験をあなたはしてきました。一番罪深く、自分を低く見るなら、後はそれを謙遜のよすがとして、全部をイエズスに委ねてください。マリア様に罪を痛悔する恵みをこれからも願ってください。
 愛しています。私はあなたが弱いからといって、見放すようなことはしません。あなたの足りない勇敢さを持っているので、あなたを助けます。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 18日の第2ミサをしていました。ミサ中「英雄性」についてジャン・マリー司祭が話をしてくれました。このときにマグダラのマリアの話もしました。司祭は10年前マグダラのマリアから大きな恵みを受けたことを私に話してくれました。女性の中で一番大好きな聖人だということも話をしました。そして、彼女の誉れのために、洗礼を授ける第1号にマグダラのマリアの名前を付けることを決めたと言いました。そして、私に名前をつけてくれたことを話してくれました。
 私は最近自分の心の状態が非常に悪く、人の善意に対して良く見ることができないということに気づかされていました。相手が良いと思ってやっていることにたいして、私は意味合いを考えて悪く取ったことをジャン・マリー司祭が指摘してくれました。偏ったものの見方しかできない事をジャン・マリー司祭に話をしたのです。自分があまりにも汚い存在だとまたも目の当たりにして、ただ泣くだけでした。メッセージでも、「ねたまないでください」と最近も言われたけれど、私が一番ねたむから、そういうふうに言われるんだろうなと思ったらやりきれない思いになってしまったのです。自分の醜さしか見えなくなりました。
 ミサが終って、ロザリオの祈りをしようとしましたが、私は話さないと心が落ち着かない、そう思って今の私の心の状態をジャン・マリー司祭に打ち明けました。そうしたら「世界で一番傲慢なんだ」と思ったら「へりくだればいいよ」とジャン・マリー司祭が言ってくれました。
 少し休憩をして、パンを食べていたときに私の右手に風を感じました。ジャン・マリー司祭にこのことを話しました。私はお聖堂に行って印があるかを尋ねました。そうしたら『識別のための印』が在ったので、ジャン・マリー司祭に私は伝えました。私は『しもべは聞きます。お話ください』と祈り、待ちました。このときにジャン・マリー司祭は祈ってくれました。私は待っていたら本当に透明で、清んだ女性の声を聴きました。昨年5月27日に聴いたことがあるような声でした。ローキューションが始まって「マグダラのマリアが話をします」と言われたときに本当にびっくりしてしまいました。罪を痛悔するというのは大きな恵みなんだと改めて知らされました。本当にうれしかったです。メッセージが終って私は確認をしました。「このメッセージは本当ですか?印は在りますか?」と尋ねたら『識別のための印』をいただきました。「他にローキューションは在りますか?」と尋ねましたが、印は在りません。「リトル・ペブルさんに伝言はありますか?」と尋ねましたが、何も在りませんでした。
 7月22日は『マグダラのマリアの祝日』で、私の霊名日です。私が生まれてからずうっと守ってくれたかも知れないとジャン・マリー司祭が私に言ってくれています。「今年、あなたにとって人生で最後の霊名日になるから、寺沢に行って、癒しの泉のことをお願いしよう、そして聖痕の事も、何でもマグダラのマリアにお願いしよう」とジャン・マリー司祭と話をしています。





皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 
聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】