箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の助け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられた公的メッセージ


2006年7月18日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona DriveCambewarra, N.S.W. 2540AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年7月18日AM1:51〜2:28
主イエズス様からマリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
(秋田県湯沢にて)


主イエズス様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あなたを祝福する。イエズスがあなたに話をする。
 リトル・ペブルのために、あなたは何もかもを捧げてほしい。苦しむ3人のために、もっと喜んで支えていくように、私はあなたに言う。何が足りないのかを知って、司祭に耳を傾けて、従順する意志を新たにして、全部をイエズスに任せてほしい。「大きな事は言えない」と言ったあなたを励ますために私はここに来た。全部を委ねてほしい。しっかり長についていくように。あなたを祝福する。
 苦しみを担わせるために、材料が過去どんな人よりも悪く、また、これから先にもないほど良くないあなたにもやれることをあなたに教える。男性が全国各地で勇敢にリトル・ペブルのために働くことができるように、どうか支えてほしい。
 心をあずけて、喜びに喜びなさい。何があっても、一人にはしない。理解者がそばにいる。ここが、あなたの過去にあったことと違う。勇敢でありなさい。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

【 主イエズス様からマリー・マドレーヌに与えられたリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

主イエズス様:

 愛するリトル・ペブル、あなたを祝福する。あなたのために苦しみを負う人を起し、ベッティーナとローズ・オブ・ホーリー・イノセンツのために、身を捧げる人を送る。あなたがたのために犠牲を喜んで捧げる人が少ない。天は3人を助けるために、苦しみの援助者を起す。もうまもなく、あなたがたに対する誹謗中傷はなくなるので、信頼してほしい。いつも豊かに祝福を注ぐ。愛している。恐れないで歩みなさい。司祭の祝福を3人にお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 17日の第2ミサを捧げていました。第2ミサでは、ここ数日間に亡くなった全世界の霊魂のための葬儀ミサをしています。避雷針の機能が果たされていないことを指摘された後、本当に私はショックを受けました。自分では苦しんでいると思ってもまだ1割にも満たないことを知らされたからです。女性は持続する苦しみに耐えられる体を持っていて、何日でも耐えられるのだという話を司祭が説教のときに言いました。「具合が悪いの。苦しい」と弱音を吐くのが女性で、苦しいと言ってはいるけれど、余力がまだ残っているんだと言われて、私は体の具合の悪さに負けていたなと思いました。男性は苦しいというときには本当に限界を感じているのだということも知ったのです。女性とまったく違うことをジャン・マリー司祭が説明してくれました。それに「苦しいときにこそニコニコしなさい」って何度も司祭から言われているのに、ぜんぜん従っていなかったこともここで教えられました。昨日司祭から「苦しみがきたときに喜んで受けていない事で、避雷針としての機能が果たされていない」とはっきり言われたので、本当になにも言うことができなくなってしまいました。
 私は恐れていたことがあります。それは何度か発作を起し、命の危険にあったのに、まだ苦しみが来る。耳も聴こえなくなるし、苦しみが増すのは判っているけど、自分で追っていけるのか不安でなりませんでした。そのことが引っかかっていて、しんそこ、苦しみを喜ぶことができないで過ごしていたのです。これを指摘されて、もう1度自分の意志を奮い起こして苦しみが来たときにやったぁ!と言って、喜んで受けることを捧げようと思い、イエズスに「もう1度初心に帰りたい」と言いました。ジャン・マリー司祭が『苦しみが来たときに「やったぁ!」と言って捧げて、具合が悪い時に悶え苦しんでいても「ニコニコニコ」とするのは簡単だけど、ひっしにならないとやれないよ』と説教で言われました。苦しみを抱えていても何も悩みがないかのように顔は微笑みでいっぱいにして、人が「本当に幸せなんですね」と勘違いするほど苦しみを表に出さない。このようにならないと魅力はない。』という事をジャン・マリー司祭から言われました。『苦しみが嫌なら、十字架を愛していることにはならない』と言われたので、私は「十字架を下ろさないで、イエズスと一緒に一致したい」と思いました。
 私はリトル・ペブルさんのために、ベッティーナさんと、ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツ(マルーさん)のために、そして愛する仲間が苦しんでいるから、苦しみから逃げてはいけないなと思って、「イエズス、捧げたいです」と祈りました。ミサの途中、「こんな私でもできるよね」という思いが起こりました。希望がわいてきました。私の悪いところは一人で負わなきゃいけないんだという考えに陥ってしまうところにあります。そして「できない」って言ってしまうのです。その考えをとっぱらってマリア様とヨゼフ様に『助けてね』とお願いしました。
 ロザリオの祈りのとき、ジャン・マリー司祭が『この1連はリトル・ペブルさんと、ベッティーナと、マルーの3人のために捧げましょう』と言って祈りました。『めでたしの祈り』に入って、7玉目に来たときに男性の声で「リトル・ペブルのために苦しみを捧げて」と言われたのが聴こえました。私は印が在るかを尋ねるため、祈りをとめさせてもらいました。そうしたら『識別のための秘密の印』が在ったので、司祭に伝えました。ジャン・マリー司祭はベネディクトの十字架で十字の印をして、聖水を撒いて『大天使聖ミカエルに向かう祈り』をしてくれました。わたしはこのときに『しもべはききます。お話しください』と祈って待ちました。「どうかへりくだらせてください」と祈りをしたら男性の声で呼びかけられました。イエズス様が話をしてくださいました。
 最初のメッセージは本当に感謝でなりません。「どこまでイエズスさま、優しいの?」という思いでいまはいっぱいです。このメッセージが終わって私は確認をしました。「このメッセージは本当ですか?印は在りますか?」と私は尋ねました。そうしたら『識別のための印』をいただきました。続いて『他にローキューションは在りますか?』と尋ねるよう、ジャン・マリー司祭から言われました。私は尋ねました。けれど、印は在りません。
 「リトル・ペブルさんに伝言はありますか?」と尋ねて待ちました。そうしたら『識別のための印』が在ったので、ジャン・マリー司祭に伝えました。引き続き、イエズス様がリトル・ペブルさんと、ベッティーナさん、そして、マルーさんの3にんにメッセージを話されました。メッセージが終わって、私は「このメッセージは本当ですか?印は在りますか?」と尋ねました。そうしたら『識別のための印』が在りました。





皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 
聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】