箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の助け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられたメッセージ


2006年7月17日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona DriveCambewarra, N.S.W. 2540AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年7月17日AM3:19〜4:17
聖母マリア様からの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)


聖母マリア様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あなたを祝福します。カルメル山の聖母があなたにお話しします。
 煉獄の事が無視され、語られなくなった今、リトル・ペブルのミッションは彼らに対する愛徳に燃えてください。リトル・ペブルの彼らに対する愛は他の誰もが持っていないものを神から与えられ、絶えずリンボウと煉獄の事を忘れないで祈っています。マリー・マドレーヌに、また、マリー・レベッカに苦しみを与えるのは、全世界の罪のつぐのいだけではなくて、リンボウと煉獄をもっと認識してほしいために、あえて人が負わないような苦しみに合わせ、もっとその苦しみを喜んで捧げて貰いたいからです。
 あなたがたの魂の弱さのゆえに重いと感じるあちこちの体の不調に対して、聖母はよく知っています。よく判っています。多くの人がこれから泉が湧くことによって癒されます。でも、十字架を進んで担う人を天は求めています。ベルナデッタに「幸せは後の世で約束します」と聖母は言いました。あなたがたも同じく、ベルナデッタと一緒に十字架を担います。
 周りが癒されるのを見て、どうかねたまないでください。特にマリー・マドレーヌは、聖痕を受けるので、全てをイエズスの聖心に、そして、聖母の汚れなき御心にあずけてください。マリー・レベッカは子供を産む奇跡をその身に受け、自分の眼ではっきり見ます。でも、あなたの肉体の痛みに関しては、一つの重荷としてイエズスに一致させるために、そのままにします。もう一度言います。周りが癒されるのを見て、どうかねたまないでください。あえてそのようにするのは、イエズスの十字架を愛する人がいないために、自ら進んで十字架を担わせるために聖母が選んだからです。男性が癒されるのを見ても、ねたまないでください。
 今は苦しみを軽くして健康な生活を願う時代で、昔は苦しむという事に非常に大きな価値を置いていました。カトリックの本来の教えは「イエズスが苦しまれた苦しみに私も一緒にあずかりたい」という願いを信者が持つようにしています。でも、リトル・ペブルを中心としたミッション以外はこの苦しみに対する熱望がなくなってきています。修道院では意識されて捧げる人もいますが、それでも昔のようではありません。
 子供たち、痛みが来たときに、本当にイエズスに自分の身を生贄として捧げてください。あなたがたは長上が話す言葉を『宝物』として大切にしてほしいのです。外に出てしまったらこの事を言う司祭に会えません。全てを神の望みに従って捧げてください。これからもリンボウと煉獄の霊魂に捧げてください。愛しています。
 マリー・マドレーヌ、あなたの身に起こる事で、恐れないでください。耳の事も、聖痕の事についても、そして神の計画によって死に、イエズスに合間見える時に至るまで、全部を委ねてください。あなたはちっちゃな子です。「いっぱい転んで何度も同じ失敗をしているから」と言って自分の弱さを恥じようとしています。なにもできない。それでいいのです。へりくだらせるためにそうしています。祝福をします。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

主イエズス様:
 愛する子供たち、イエズスがあなたがたを祝福する。男性の柱に選ばれた愛する子らよ、今、悪魔は躍起になってあなたがたを苦しめ、多く痛めている。イエズスのもとに来なさい。前、話したようにイエズスの聖心が避難所である。なにも言えず、全てにおいて力がなくなったと感じているときでも、イエズスは愛し、すぐそばにいる。そのままを捧げてほしい。全て愛している。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 16日の第2ミサを夜中にしていました。ミサでは煉獄の霊魂に対する愛を燃え上がらせ、彼らの救いのために祈り、マリア様にお願いしていました。ロザリオの祈りのとき、第3玉目で私は下に降りるような感覚を受けたので、しるしがあるかを求めるために祈りをとめさせてもらいました。印があるか求めましたが、在りません。すぐにサタンにイエズスのみ名によって出ていくよう私は厳命しました。続いて4玉目のとき、右手に風を感じました。印を求めたら、『識別のための印』が在ったので、司祭に話しました。私は「しもべは聞きます。お話ください」と言って待ちました。その間、司祭は聖水を撒いて、ベネディクトの十字架を持って『大天使聖ミカエルに向かう祈り』をして、十字のしるしをしてくれました。そうして待っていたら、はっきりとした美しい声で聖母マリア様が話をされました。
 今回、苦しみを喜んで捧げていないことをミサ前、司祭に指摘されたばかりでした。マリア様もまったく同じことを言われ、私は本当に悔い改める必要を感じました。ここ何日か共同体の中で、私は笑顔で過ごすことが少なくなっていました。それと、紛らわしい悪魔のアタックが多く、夢も、なにもかも全く下からのものでした。15日には「おまえは落ちた」とローキューションがないことをあざ笑うかのように悪魔に言われるほどでした。11日以来、天からのローキューションは何も在りませんでした。久々にマリア様のメッセージを受け、私は初心に帰ることを痛感させられました。
 メッセージが終わって、確認をしました。「このメッセージは本当ですか? 印は在りますか?」と尋ねました。そうしたら『識別のための印』をいただきました。続いて「他にローキューションはありますか?」と尋ねるよう司祭に言われて、私は尋ねました。しばらく沈黙していたら『男性に』と言われる声がしました。『印は在りますか?」と私は尋ねました。そうしたら『識別のための印』が在りました。司祭にこのことを話しました。「しもべは聞きます。お話ください」と私は祈って待ちました。そうしたら男性の声がしました。イエズス様でした。
 今回私が感じたのはチームで支えあうんだということです。互いに担い合うことで、神様のご計画にあずかるんだなと改めて知らされた時でした。最後に「このメッセージは本当ですか? 印は在りますか?」と尋ねて確認をしました。そうしたところ『識別のための印』が在りました。続いて司祭から「他にローキューションはありますか?」と尋ねるよう言われて印を求めて待ちましたが、何も在りません。「リトル・ペブルさんに伝言はありますか?」と尋ねましたが、なにも在りません。
 共同体全員が病気持ちで、悪魔によるアタックが多くなってきています。ジャン・マリー司祭から「苦しい時にこそ、にこにこしなさい」と言う助言を受けているけれども、このことに関して全員シロートなので全く従えていません。





皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 
聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】