箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の助け

マリー・マドレーヌ杉浦律子に
与えられたメッセージ


2006年7月11日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona DriveCambewarra, N.S.W. 2540AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。


2006年7月11日AM4:39〜5:16
主イエズス様からマリー・マドレーヌに与えられた公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)


主イエズス様:
 愛する子供たち、イエズスがあなた方を祝福する。
 愛されている息子(ジャン・マリー神父)、あなたを大きな恵みで満たす。あなたのそばをいっときも離れず、あなたの過去受けた多くの苦しみを癒す。豊かに祝福する。
 マリー・レベッカにお話しする。全面的に司祭を信頼して、全ての悩み、不安なことをいっさい天に任せるように、私は言う。子供を宿すことにおいても、神は生まれ出る子供を祝福しているので、どうかその子を愛し、慈しんでほしい。
 リトル・ペブルの事は、公にされるので、そのしるしを神はリトル・ペブル自身に与える。引き続き、彼の事を愛し、もっともっと情熱を燃やしてほしい。『花嫁の愛』で、支えてほしい。マリー・ダニエルと同じ道に歩む第2のソーン・ブッシュのためにも祈ってほしい。リトル・ペブルを天は愛している。愛する子供たち、彼の事を愛し、時の人になる彼の名を旗印として、高々と掲げ、勇敢に進んでほしい。
 マリー・マドレーヌの傷については、よく知っているし、この苦しみを捧げてくれたので、いつも許しと愛を注ぎ、愛する息子のそばに置いた。決して見放したのではないから、あなたがそのまま何もかもを捧げていってほしい。子どもよ、勇敢でありなさい。祝福を送る。愛し続けてほしい。司祭の祝福をお願いする。


ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 10日の第2ミサを捧げたあと、私はジャン・マリー司祭と『ロード・オブ・ザ・リング』を見ていました。 途中、妖精エルフのアルウェンがアラゴルンと深く愛し合う場面があります。不老不死の身であるエルフアルウェンは、自分の命を捨ててまでも人間アラゴルンを愛します。けれど、「妖精と人間の運命はあまりにも違う」ということで、アラゴルンはアルウェンを仲間のエルフのところに行かせようとして彼女を説得します。そして、貰っていたペンダントを返します。彼女は「贈り物としてあげたのだから、持ってて」と言います。そして「あなたの言葉を信じません」とアラゴルンの愛を決して疑いません。
 人間は愛している人が今までと違う行動をしたとき、裏切りだといって相手を非難しますが、エバの罪をエルフの女性はない事をジャン・マリーが説明してくれていました。このときに私の左目に久々に光が入りました。と思ったら発作を起し、そのあとは記憶がなくなってしまいました。私が気がついて時計を見た時間は2時50分ごろで、30分以上何もわからないで過ごしていました。私は意識が混濁したまま、司祭に連れられて、2階のマリー・レベッカの個人の寝室で、ベッドに寝かされました。気がついたときにはそこにいました。また、睡眠中に発作が起きるといけないので、二人が見張ってくれました。横になっていた私は先ほど突然に発作があったことを思い出し「なにか罪が在るのでこのことがあったのかな」と思ってしまって泣いてしまいました。言葉にならない心からの叫びのようで、悲しみを感じていました。しばらく私は休みました。眼が覚めてしばらく横になっていました。その時に私は「この苦しみをイエズス、捧げます」と祈りました。今までは発作が起きたときには罪責感がよみがえっていて、「この苦しみを捧げる」という思いになれませんでした。でも「心を入れ替えて苦しいだけに終わらないで、捧げることに気持ちを切り替えてみよう」と思い、祈りをした私です。この後、私の手に風を感じたので、司祭に話ました。印が在るか尋ねました。そうしたら『識別のための印』が在ったので、司祭に話ました。ロザリオを祈っていないときに御出現が在ったのは本当に久々です。イエズス様の優しい語りかけには本当に慰められました。今回重要な言葉をたくさん言われて、ただ感謝しかありません。最後にメッセージの確認をしました。「このメッセージは本当ですか? 印は在りますか?」と尋ねたら『識別のための印』が在りました。
 「他にローキューションはありますか?」と尋ねて待っていたら『ベネディクト』という名前が聴こえてきました。印を尋ねたけれど、在りません。サタンを追い出しました。「リトル・ペブルさんに伝言がありますか?」と尋ねてしるしを求めましたが、在りませんでした。再度『ベネディクト』と言われた一言のローキューションについて、確かめました。印があるか尋ねましたが、在りませんでした。





皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ彼ら、彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えてあげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性のゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタがいつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの信者には全しょく有も与えられます。

 
聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。



 聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈りを祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」




[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】